close

Вход

Log in using OpenID

sekaishi 04

embedDownload
テレビ学習メモ
第4回
世界史
講師:水 島 司
古代インド ~仏教とアショーカ王~
今回学ぶこと
2千数百年前のインドで、その後世界の三大宗教となり、日本人の信仰にも大き
な影響を与えることになった仏教が誕生した。仏教は、どのような社会背景の下で
生まれ、何を唱え、どのような人々に、なぜ支持されたのか。なぜアショーカ王は、
その教えをインド各地に広げようとしたのか。仏教はなぜインドから消えてしまっ
たのか。その後仏教はどうなってしまったのか。これらの謎に挑戦してみよう。
学習前チェック
自分の回りに、古代インドとつながるものがあるか探してみよう。
仏教徒の多い国を調べて順に並べ、インドが何番目にあるか見てみよう。
仏教は、日本にいつごろどのようなルートを経て伝わったのか調べてみよう。
▼
上げたが、その過程で多くの犠牲者を出したことを
1st stage
悔やみ、熱心な仏教徒となった。それ以降は、武力
紀元前6世紀、ガンジス川流域では幾つもの都市
ではなく、仏教の考えを基礎とする「ダルマ」(法)
や王国が生まれた。そこで最も高い身分だと主張し
の政治を目指し、その教えを刻んだ石碑を各地に作
たのがバラモンと呼ばれる司祭階層であった。彼ら
り、仏教を広めた。
は、厳格な祭式と苦行が救いを得る道だと唱えた。
2nd stage
こうした考え方に対し、ブッダは苦悩からの救いの
道を説き、都市の商工業者を中心に、身分制の下で
仏教は、インドだけではなく、アジア各地に広
苦しむ人々の共感を得た。ブッダの教えをインド各
がっていった。アショーカ王の息子の代にスリラン
地に広げたのは、マウリア国のアショーカ王だった。 カに伝えられ、そこから東南アジア各地に広まった。
王は、諸国を征服してインド史上初の大帝国を築き
また、中国や朝鮮半島を経て、6 世紀にはついに日
−8−
高校講座・学習メモ
世界史
古代インド
本にまで伝えられた。また、ブッダの教えを究めに、
出家主義をとっていたが、これらの修行僧を支えた
玄 奘 や義 浄 など中国から僧がインドを訪れた。現
階層は、バラモンの身分意識に反発し、平等を求
在、
仏教徒の数は数億を数え、キリスト教やイスラー
めた都市の商人達であった。しかし、3 世紀ごろか
ム教に並んで、世界の三大宗教にまでなった。とこ
ら商工業が全体的に衰退したため、スポンサーと
ろが、インドでは、5 世紀ごろから仏教の衰退が目
なった都市の商人たちは仏教僧を支えられなくなっ
立ち始め、ついには 10 世紀ごろ、インドに中央ア
た。他方、外的な要因として、3 世紀ごろ、それま
ジアからイスラーム勢力が侵入して多くの仏像や寺
で祭祀と儀礼に重きを置いていたバラモン教の自己
を破壊し、僧侶たちがチベットやネパールへ逃げた
改革がある。民衆の土俗的な世界観を取り入れてヒ
ことから、インドで仏教は滅びてしまった。
ンドゥー教に変身して人々の支持を得、仏教徒を吸
げんじょう
ぎ じょう
収した。さらに王権とも結びつき、仏教を攻撃した。
3rd stage
このように、ヒンドゥー教の強大化と反比例した形
仏教がインドで滅んだ理由として、まず内的な要
で、仏教は滅んでいった。
因がある。仏教は世俗から離れた場所で修行を行う
▼
今回のまとめ
身分の上下を主張し、苦行や儀礼を重んずるバラモン教に対し、釈迦は精神的な悟
りによって苦悩から逃れることを説く仏教を生み出した。
武力によってインドの統一を果たしたマウリア帝国のアショーカ王は、暴力を悔い、
仏教の思想に基づくダルマ(法)を広めることによって統治しようとした。
仏教は、王権と結びついたバラモンの攻撃やイスラーム勢力による破壊によってイ
ンドで消滅したが、アジア各地へと伝えられ、世界の三大宗教となった。
−9−
高校講座・学習メモ
Document
Category
RELIGION
Views
48
File Size
322 Кб
Tags
1/--pages
Пожаловаться на содержимое документа