close

Вход

Log in using OpenID

竹内憲司 - 神戸大学

embedDownload
竹内 憲司
神戸大学大学院経済学研究科 教授
〒 657-8501 神戸市灘区六甲台町 2-1
Tel 078-803-6809
Email takeuchi@econ.kobe-u.ac.jp
Web http://kenjitakeuchi.tumblr.com/
学歴
1992 年 3 月 広島大学総合科学部総合科学科卒業
1994 年 3 月 京都大学大学院経済学研究科修士課程修了
1997 年 3 月 京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了、博士(経済学)
職歴
1994 年 4 月–1997 年 3 月 日本学術振興会特別研究員(DC1)
1997 年 4 月–1998 年 3 月 明治大学短期大学経済科 助手
1998 年 4 月–2001 年 3 月 明治大学短期大学経済科 専任講師
2001 年 4 月–2007 年 3 月 神戸大学大学院経済学研究科 助教授
2007 年 4 月–2014 年 9 月 神戸大学大学院経済学研究科 准教授
2014 年 10 月–現在 神戸大学大学院経済学研究科 教授
2012 年 4 月–2013 年 3 月 ヨーテボリ大学経済学部 客員研究者
研究
専門分野
環境経済学
環境問題と意思決定
環境政策におけるインセンティブ設計
受賞
第 2 回三井住友海上福祉財団賞(2004 年)
環境科学会奨励賞(2009 年)
査読付き論文
Usui, T., and Takeuchi, K., 2014. "Evaluating Unit-Based Pricing of Residential Solid Waste: A Panel
Data Analysis," Environmental and Resource Economics, 58(2), 245-271.
Yamamoto, Y., Takeuchi, K., and Shinkuma, T., 2014. "Is There a Price Premium for Certified Wood?
Empirical Evidence from Log Auction Data in Japan," Forest Policy and Economics, 38, 168-172.
Mizobuchi, K., and Takeuchi, K., 2013. "The Influences of Financial and Non-financial Factors on
Energy-saving Behavior: A Field Experiment in Japan," Energy Policy, 63, 775-787.
2
Ito, N., Takeuchi, K., and Managi, S., 2013. "Willingness to Pay for Infrastructure Investments for
Alternative Fuel Vehicles," Transportation Research Part D: Transport and Environment, 18, 1-8.
Nakai, M., Yamaguchi, K., and Takeuchi, K., 2013. "Sustainability Membership and Stock Price: An
Empirical Study Using the Morningstar-SRI Index," Applied Financial Economics, 23(1), 71-77.
Ito, N., Takeuchi, K., Tsuge, T., and Kishimoto, A., 2012. "The Motivation behind Behavioral Thresholds:
A Latent Class Approach," Economics Bulletin, 32(3), 1831-1847.
Mizobuchi, K., and Takeuchi, K., 2012. "Using Economic Incentives to Reduce Electricity Consumption:
A Field Experiment in Matsuyama, Japan" International Journal of Energy Economics and Policy, 2(4), 318332.
Yamamoto, Y., and Takeuchi, K., 2012. "Estimating the Break-even Price for Forest Protection in Central
Kalimantan," Environmental Economics and Policy Studies, 14(3), 289-301.
Iida, T., and Takeuchi, K., 2011. "Does Free Trade Promote Environmental Technology Transfer?" Journal
of Economics, 104(2), 159-190.
Matsumoto, S., and Takeuchi, K., 2011. "The Effect of Community Characteristics on the Frequency of
Illegal Dumping," Environmental Economics and Policy Studies, 171-193, 2011.
酒井正治, 竹内憲司, 2010.「グリーン電力に対する潜在的需要と需要創出に向けた課題」『地球環境研究
論文集(第 18 回地球環境シンポジウム論文集)』, 18, 123-129.(英訳版:Sakai, M., and Takeuchi, K.,
2011. "Potential Demands and Marketing Policies for Green Electricity," Journal of Global Environment
Engineering, 16, 35-41.)
Iida, T., and Takeuchi, K., 2010. "Environmental Technology Transfer via Free Trade," Economics Bulletin,
30(2), 948-960.
Ito, N., Takeuchi, K., Tsuge, T., and Kishimoto, A., 2010. "Applying Threshold Models to Donations to
a Green Electricity Fund," Energy Policy, 38 (4), 1819-1825.
Yoshida, Y., Takeuchi, K., Ishikawa, M., and Kojima, R., 2009. "Too Cheap to Eat: The Signaling Effect
of Price on Food Safety," International Journal of Economic Policy Studies, 4, 174-184.
Ito, N., Takeuchi, K., Kuriyama, K., Shoji, Y., Tsuge, T., and Mitani, Y., 2009. "The Influence of Decisionmaking Rules on Individual Preferences for Ecological Restoration: Evidence from an Experimental
Survey," Ecological Economics, 68(8-9), 2426-2431.
大床太郎, 國部克彦, 竹内憲司, 2007.「大気汚染対策の便益移転と環境会計」『環境科学会誌』 第 20 巻第1
号, 7-20.
Tsuge, T., Kishimoto, A. and Takeuchi, K., 2005. "A Choice Experiment Approach to the Valuation of
Mortality," Journal of Risk and Uncertainty, 31(1), 73-95.
Asuka, J., and Takeuchi, K., 2004. "Additionality Reconsidered: Lax Criteria May not Benefit Developing Countries," Climate Policy, 4(2), 177-192.
Koyama, S., and Takeuchi, K., 2004. "Economic Valuation of Road Injuries in Japan by Standard
Gamble," Environmental Economics and Policy Studies, 6(2), 119-146.
Takeuchi, K., Kuriyama, K., and Washida, T., 2000. "Measuring the Benefit of Preserving Coastal
Ecosystem: Comparison between Contingent Valuation Method and Conjoint Analysis," Environmental
Sciences, 7(3), 119-128.
塚原康博, 竹内憲司, 2000.「WTP と WTA の環境政策への適用可能性:乖離原因の検討とスコープテスト」
『公共選択の研究』第 34 号, 60-71.
査読なし論文
宮本舞, 竹内憲司, 2013.「再生可能エネルギー普及のための経済的インセンティブ」『国民経済雑誌』, 第
207 巻第 5 号, 73-85.
3
加藤真也, 竹内憲司, 2012.「排出量取引における総量規制方式と原単位方式の比較」『国民経済雑誌』, 第
206 巻第3号, 23-34.
山本裕基, 竹内憲司, 2011.「気候変動緩和策としての REDD+の役割」『国民経済雑誌』 第 203 巻第4号,
77-101.
畠瀬和志, 竹内憲司, 2009.「割引率選択が気候変動政策の評価に与える含意について」『国民経済雑誌』 第
199 巻第6号, 65-75.
竹内憲司, 2007.「グローバル化と人口減少下の環境政策」
『国民経済雑誌』第 195 巻第1号, 57-66.(小塩隆
士 (編), 2007.『公平性と政策対応』勁草書房, 153-164. に改訂の上で所収)
竹内憲司, 2006.「経済学から見た環境評価」『日本評価研究』 第6巻第2号, 3-10.
竹内憲司, 柘植隆宏, 岸本充生, 2005.「世代間のリスク・トレードオフ」『国民経済雑誌』第 192 巻第2号,
43-58.
兒山真也, 竹内憲司, 2003.「スタンダード・ギャンブルによる交通事故傷害の経済評価」
『会計検査研究』第
27 号, 129-158.
竹内憲司, 2002.「生と死の経済学 ―死亡リスクの微少な変化に対して人々はどの程度の支払いをするつも
りがあるか―」『会計検査研究』第 26 号, 229-241.
竹内憲司, 2001.「CO2 排出パフォーマンスの国際比較:1970-1996 年」『明治大学社会科学研究所紀要』第
39 巻第2号, 251-264.
竹内憲司, 2000. 「仮想行動法による環境評価:自然公園等事業を例に」
『明治大学短期大学創立七十周年記
念論文集』 501-526.
竹内憲司, 1998.「余暇と所得のトレードオフ:旅行費用法における時間の機会費用」『明治大学短期大学紀
要』第 63 号, 225-240.
竹内憲司, 1998.「土壌汚染浄化の費用負担と効率性」『明治大学短期大学紀要』第 62 号, 49-63.
竹内憲司, 1996.「国際的環境問題における協力と非協力」, 慶應義塾大学経済学部環境プロジェクト (編)『持
続可能性の経済学─循環型社会をめざして─』慶應義塾大学出版会, 121-140.
竹内憲司, 1995.「便益移転の可能性について」『財政学研究』第 20 号, 55-61.
松岡俊二, 竹内憲司, 1992.「環境の経済的価値」
『社会文化論集(広島大学大学院社会科学研究科)』第 2 号,
1-58.
著書・編著
Kinnaman, T., and Takeuchi, K., eds., 2014. Handbook of Waste Management. Edward Elgar.
竹内憲司, 1999.『環境評価の政策利用』勁草書房.
鷲田豊明, 栗山浩一, 竹内憲司 (編), 1999.『環境評価ワークショップ』築地書館.
翻訳
リチャード・C・ポーター, 2005.『入門 廃棄物の経済学』東洋経済新報社(石川雅紀・竹内憲司訳).
リチャード・B・ノーガード, 2003.『裏切られた発展』勁草書房.
その他
角松生史・島村健・竹内憲司, 2014.「環境を守るためのルールとは:環境法」柳川隆, 高橋裕, 大内伸哉 (編)
『エコノリーガル・スタディーズのすすめ – 社会を見通す法学と経済学の複眼思考』有斐閣.
竹内憲司, 2013.「節電の経済学」馬奈木俊介 (編)『災害の経済学』中央経済社, 127-140.
竹内憲司, 2011.「環境と経済」神戸大学環境管理センター環境教育専門部会 (編)『環境学入門』アドスリー,
174-191.
4
竹内憲司, 伊藤伸幸, 2011.「表明選好法の新展開」柘植隆宏, 栗山浩一, 三谷羊平 (編)『環境評価の最新テク
ニック:表明選好法・顕示選好法・実験経済学』勁草書房, 3-26.
伊藤伸幸, 竹内憲司, 2011.「表明選好法の最新テクニック 2:審議型貨幣評価」柘植隆宏・栗山浩一・三谷
羊平(編)『環境評価の最新テクニック:表明選好法・顕示選好法・実験経済学』勁草書房, 54-79.
溝淵健一, 竹内憲司, 2011.「家庭における節電をどう進めるか:東日本大震災後の節電政策」
『環境経済・政
策研究』, 106-109.
石川雅紀, 竹内憲司, 2011.「環境経済論」神戸大学経済経営学会編『ハンドブック経済学』ミネルヴァ書房,
147-159.
竹内憲司, 2010.「環境と健康リスクの経済的評価」『環境科学会誌』第 23 巻第 1 号, 51-53
竹内憲司, 2007.「生命の価値は測れるか」『経済セミナー』2・3 月合併号 (No.624), 26-29.
庄子康, 栗山浩一, 三谷羊平, 柘植隆宏, 宮原紀壽, 竹内憲司, 2006.「環境評価研究の動向と今後の課題:自然
公園管理への応用を中心に」『環境経済・政策学会年報』第 11 号, 148-162.
竹内憲司, 2006.「環境のための経済政策」山口三十四, 足立正樹, 丸谷冷史, 三谷直紀 (編)『経済政策基礎論』
有斐閣, 177-192.
竹内憲司, 2006.「費用便益分析」4-20, 176-177, 「確率的生命価値」4-23, 182-183, 環境経済・政策学会 (編),
佐和隆光 (監修)『環境経済・政策学の基礎知識』有斐閣ブックス.
竹内憲司, 2004.「書評:倉阪秀史著『エコロジカルな経済学』, 『環境政策論』」
『財政と公共政策』第 26 巻
第2号, 119-121.
竹内憲司, 2004.「環境問題と経済学」, 植松忠博・小川一夫編『日本経済論』ミネルヴァ書房, 185-203.
竹内憲司, 亀山康子, 2003.「書評:岩波講座『環境経済・政策学』第1巻∼第8巻, 岩波書店」『環境経済・
政策学会 年報第8号』259-263.
竹内憲司, 2003.「費用便益分析」9-3, 383-394, 「経済的インセンティブ」11-1, 466-477, 中西準子・蒲生昌
志・岸本充生・宮本健一編著 『環境リスクマネジメントハンドブック』朝倉書店.
竹内憲司, 2000.「書評:岡敏弘『環境政策論』岩波書店」『経済セミナー』6月号,110.
塚原康博, 竹内憲司, 2000.「WTP と WTA の環境政策への適用可能性」『日本経済政策学会年報』第 48 号,
223-226.
竹内憲司, 1999.「EPA オークションにおける SO2 排出許可証の購入」『明治大学短期大学紀要』第 64 号,
153-161.
竹内憲司, 1999.「税制グリーン化 欧州の現状」『水情報』第 19 巻第 10 号, 15-18.
鷲田豊明, 栗山浩一, 竹内憲司, 1998.「沿岸生態系の油濁汚染に関わる社会経済評価」
『海洋』10 月号, 654-660.
竹内憲司, 1997.「油流出による生態系損害の評価と補償─エクソン・バルディーズ号事故から何を学ぶか
─」『水情報』第 17 巻第 4 号, 7-9.
竹内憲司, 1996.「CVMは使えるか?」『公共選択の研究』第 27 号, 55-66.
S. バルムハーノフ, 竹内憲司, 塚谷恒雄, 1994.「セミパラチンスク核実験場とソ連の核開発」『放射線生物
研究』第 29 巻第 3 号, 213-283.
口頭発表
Yamamoto, Y., Takeuchi, K., and Shinkuma, T., 2012. "Are There Price Premiums for Certified Wood?
Empirical Evidence from Log Auction Data in Japan," the Fourth International Faustmann Symposium,
Saariselkä, Finland, September 9, 2012.
Takeuchi, K., and Mizobuchi, K., 2011. "Saving Energy without Economic Instruments: An Econometric Study on Electricity Demand after the 2011 Tohoku Earthquake and Tsunami," Environmental
Economics Seminar, University of Gothenburg, September 30, 2011.
竹内憲司, 溝渕健一, 2011.「東日本大震災後の電力需要に関する計量経済分析」環境経済学セミナー, 京都
5
大学, 2011 年 8 月 31 日.
Iida, T., and Takeuchi, K., 2011. "Does Free Trade Promote Environmental Technology Transfer?,"
Microeconomics Workshop, The University of Tokyo, July 8, 2011.
Yamaguchi, K., and Takeuchi, K., 2011. "Consumer Preferences for Reduced Packaging," 86th Annual
Conferences of Western Economic Association International, San Diego, United States, July 2, 2011.
竹内憲司, 2010.「環境規制の経済評価:現状と展望」日本経済学会 2010 年度秋季大会, 西宮, 2010 年 9 月
19 日. [招待講演]
竹内憲司, 2009.「環境と健康リスクの経済的評価」環境科学会, 札幌, 2009 年 9 月 10 日. [招待講演]
Takeuchi, K., Kishimoto, A., and Tsuge, T., 2008. "Altruistic Concern for Child Health in Developing
Countries," 10th Biennial Conference of the International Society for Ecological Economics, Nairobi,
Kenya, August 11, 2008.
Takeuchi, K., Kishimoto, A., and Tsuge, T., 2006. "Societal Perspectives on Valuing Risk Reductions for
Children," Third World Congress of Environmental and Resource Economists, Kyoto, July 4, 2006.
竹内憲司, 2005.「経済学から見た環境評価」日本評価学会第 6 回全国大会, 広島, 2005 年 12 月 10 日. [招
待講演]
竹内憲司, 2004.「鉛蓄電池リサイクルの経済分析」第 15 回廃棄物学会研究発表会, 高松, 2004 年 11 月 19 日.
竹内憲司, 碓井健寛, 2004.「一般廃棄物処理事業の費用効率性」環境経済・政策学会 2004 年大会, 広島, 2004
年 9 月 25 日.
竹内憲司, 國部克彦, 大床太郎, 2003.「大気汚染対策の環境評価:便益移転分析と企業環境会計への応用可
能性」環境経済・政策学会 2003 年大会, 東京, 2003 年 9 月 27 日.
竹内憲司, 岸本充生, 柘植隆宏, 2002. "A Choice Experiment Approach to Estimating the Benefit of Risk
Reduction," 環境科学会 2002 年会, 草津(滋賀県), 2002 年 9 月 20 日.
Takeuchi, K., Kishimoto, A., and Tsuge, T., 2002. "The Cancer Risk Premium," リスク評価ワークショッ
プ in 広島, 広島大学, 2002 年 3 月 22 日.
Takeuchi, K., and Kuriyama, K., 2001. "Value of Coastal Ecosystem: Why and How Citizen’s Preferene
Matter," The 5th International Conference on the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas,
神戸, 2001 年 11 月 19 日.
竹内憲司, 岸本充生, 柘植隆宏, 2001.「表明選好アプローチによる確率的生命価値の推計」環境経済・政策
学会 2001 年大会, 京都, 2001 年 9 月 29 日.
竹内憲司, 2000.「確率的生命価値のメタ分析」環境経済・政策学会 2000 年大会, つくば, 2000 年 10 月1日.
Takeuchi, K., Kuriyama, K., and Washida, T., 2000. "Environmental Valuation with or without Money:
A Conjoint Analysis of Oil-Spill Prevention in Tokyo Bay" , Kobe Conference on the Theory and Application of Environmental Valuation, Kobe University, 2000 年 1 月 23 日.
竹内憲司, 1999.「自然保護のための財政支出に関する経済分析」日本財政学会第 56 回大会, 松江, 1999 年
10 月 23 日.
竹内憲司, 栗山浩一, 鷲田豊明, 1999.「油濁被害に対する貨幣補償と実物補償:コンジョイント分析による
検討」環境経済・政策学会 1999 年大会, 京都, 1999 年 9 月 26 日.
竹内憲司, 栗山浩一, 鷲田豊明, 1998.「コンジョイント分析による油流出事故対策への支払意志額調査」環
境科学会 1998 年会, つくば, 1998 年 10 月 2 日.
竹内憲司, 1998.「契約論的アプローチによる環境政策の分析」環境経済・政策学会 1998 年大会, 東京, 1998
年 9 月 26 日.
竹内憲司・栗山浩一・鷲田豊明, 1998.「油流出事故の湾岸生態系への影響 ―コンジョイント分析による評
価―」環境評価神戸ワークショップ, 神戸大学, 1998 年 6 月 20 日.
竹内憲司, 1997.「土壌汚染浄化対策の費用負担」環境経済・政策学会 1997 年大会, 北九州, 1997 年 9 月 27 日.
6
Takeuchi, K,. and Ueta, K., 1997. "Contingent Valuation Study on Water Quality Improvement of
the Shimanto River," The Third Workshop on Environmental Economics and Policy, Keio University,
March 19, 1997.
Takeuchi, K., 1996. "Another Scope Experiment on Nonuse Value of the Shimanto River, Japan," International Conference on Water Resources & Environment Research: Towards the 21st Century, Kyoto,
December 30, 1996.
竹内憲司, 植田和弘, 海野みずえ, 1996.「仮想的市場評価法による四万十川の非利用価値計測」環境経済・政
策学会 1996 年大会, 東京, 1996 年 9 月 28 日.
竹内憲司, 1995.「CVMは使えるか?」環境科学会 1995 年会, 東京, 1995 年 10 月 2 日.
竹内憲司, 1995.「旅行費用法による浜辺レクリエーション需要の推計:労働市場不均衡モデルの適用」第9
回応用地域学会研究発表大会, 東京, 1995 年 8 月 26 日.
竹内憲司, 1995.「CVMは使えるか?」理論・計量経済学会西部部会, 福岡, 1995 年 6 月 3 日.
Takeuchi, K., 1994. "International Coordination of Environmental Policy" The 1st Workshop on Environmental Economics and Policy, 慶応大学, 1994 年 3 月 20 日.
学術的活動
学会
日本経済学会, 1995 年–.
環境経済・政策学会, 1996 年–.
環境経済・政策学会理事, 2004 年–2009 年, 2012 年–2015 年.
学会の年次大会
Program Committee, The Fifth World Congress of Environmental and Resource Economists, 2014
実行委員長, 環境経済・政策学会 2013 年大会
Program Committee, Annual Conference of the European Association of Environmental and Resource
Economists, 2013
Program Committee, Annual Conference of the European Association of Environmental and Resource
Economists, 2011
Program Committee, The Third World Congress of Environmental and Resource Economists, 2006
レフェリー
Applied Economics, Contemporary Economic Policy, Corporate Social Responsibility & Environmental Management, Economics Bulletin, Energy Economics, Energy Policy, Environmental Economics and
Policy Studies, Environmental and Resource Economics, Environmental Science and Policy, Far Eastern
Studies, Forest Policy and Economics, International Economic Journal, International Journal of Sustainable Transportation, Journal of Applied Economics, Journal of Coastal Research, Journal of Industrial
Ecology, Journal of International Development and Cooperation, Journal of Material Cycles and Waste
Management, Journal of Public Economics, Journal of Sustainable Development, Managerial Finance,
Natural Resources Forum, Risk Analysis, Sustainability Science
博士学位論文の主査
加藤真也 "Studies on Rate-based Emissions Trading," 2014 年.
山本裕基 "Economic Analysis of REDD+: Empirical Studies in Central Kalimantan, Indonesia," 2014 年.
7
伊藤伸幸 "A Behavioral Economic Approach to Environmental Valuation," 2011 年.
碓井健寛 "The Effect of Economic Incentives for Household Waste Management," 2011 年.
飯田健志 "Theoretical Studies on Environmental Policy under Imperfect Competition," 2010 年.
山口恵子 "Empirical Studies on the Impact of Corporate Environmental Performance on its Economic
Performance," 2009 年.
吉田友美『自発的環境貢献の可能性に関する経済学的研究』, 2009 年.
大床太郎『生活の質に関する個人選好の分析:環境・福祉・医療を事例として』, 2007 年.
沼田大輔『デポジット・リファンド制度の経済分析』, 2007 年.
笹尾俊明『廃棄物処理施設設置の社会経済的評価とその社会的費用の削減に関する研究』, 2004 年.
中野牧子『環境保全と経済発展を両立させる環境政策の可能性について』, 2004 年.
柘植隆宏『表明選好法による環境政策の経済評価に関する研究』, 2003 年.
最終更新日 October 1, 2014
Author
Document
Category
Без категории
Views
43
File Size
44 Кб
Tags
1/--pages
Пожаловаться на содержимое документа