SeciossLink サービス紹介資料

SeciossLink
株式会社 セシオス
2014.08
SeciossLink 概要
◢ ID管理と認証基盤を一元管理することができる SaaS型のサービスです。
・ID管理
・認証管理
管理者
ID
ID
AD LDAP
認証
認証
利用者
SeciossLink
ID管理/認証基盤を一元管理!
ID
認証
管理画面
管理者
ID同期
認証
ID同期
ID
GoogleApps
GoogleApps
Office365
cybozu.com
Salesforce
AD LDAP
利用者
Office365
cybozu.com
Salesforce
2
アカウントのプロビジョニング
◢ SeciossLinkの管理画面からユーザ、グループなどを登録。サービス側へ自動的に
プロビジョニングを行います。
◢ ユーザ、グループはCSVファイルで一括登録が可能です。
GoogleApps
SeciossLink
Office365
Salesforce cybozu.com
管理者
管理画面
LDAP
3
Active Directory / LDAP連携
◢ お客様設置の AD/LDAP と連携することにより、ID管理を社内で行うことが可能です。
※ADと連携する場合には「連携モジュール」を導入する必要があります。
※AD/LDAPとSeciossLink間はLDAPS通信(ポートの解放必要)となります。
◢ SeciossLinkへ初期設定を行い、その後のID管理は既存と同じ方法で運用可能です。
ID同期
AD
SeciossLink
LDAP
GoogleApps
Office365
Salesforce cybozu.com
ID管理
初期設定(認証ルールなど)
管理者
管理画面
LDAP
4
パスワード管理
◢ SeciossLinkにてパスワードポリシーの設定が可能
最少文字数や使用可能文字の指定、パスワードの強度チェック
初期パスワード変更、パスワード世代管理、有効期限、アカウントロックの設定など
パスワード有効期限が近づくとユーザにメールで案内を出すこともできます。
【パスワードポリシー設定】
• 初回パスワード強制変更
• パスワード有効期間設定
• メール通知,強制変更
管理者
SeciossLink
管理画面
ユーザ
セルフサービス
パスワード変更
ユーザ
5
サービスへの同期内容
Office365
GoogleApps
Salesforce
ユーザ基本情報、セキュリティグループ、メールボックス、ライセンス、管理ロール、マルチドメイン対応
ユーザ基本情報、グループ情報、連絡先、組織情報、マルチドメイン対応
ユーザ基本情報、プロファイル
ユーザ基本情報、グループ、証明書発行依頼
cybozu.com
ユーザ基本情報、グループ、組織
6
認証
◢ 主要なSAML仕様サービスは予め SeciossLink に組み込まれているため、簡単な設定
のみでシングルサインオンが可能です。
◢ SeciossLinkに組み込まれていないサービスでもSAMLに対応していれば、汎用SAML
サービス用の設定画面が用意されていますので、複雑な設定なしに接続が可能です。
◢ SAMLに対応していないWebアプリでも、代理認証機能で対応可能です。
ユーザ
GoogleApps
cybozu.com
Office365
Salesforce
③ログイン画面送信
④ID/PW入力
SeciossLink
7
認証方式・アクセス制限
◢ 基本のID・パスワード認証以外に以下の方式を提供
○ 証明書認証/確認
•
•
証明書による認証
証明書はお客様用意
○端末アプリケーション認証
○統合Windows認証
•
•
Windows ログインによる認証
AD連携モジュールの導入が必須
○ワンタイムパスワード認証
•
•
専用アプリを利用した端末認証
専用アプリ「SeciossPass」
•
(Windows,MaxOS, iOS, Android対応)
•
¥900円 (1端末/年)
•
スマートフォンアプリで生成した一定
期間有効なパスワードによる認証
専用アプリ「SeciossOTP」
(iOS, Android)
○Cookie端末認証
•
•
端末のCookie情報を用いた認証
クライアント側の専用アプリ不要
○リスクベース認証機能
•
ログイン失敗や短時間での複数ログ
イン、いつもと違った場所からのログ
インなどを監視し、一定の条件でロ
グインをブロックします。※開発中
◢ 場所(IP)や時間、利用端末に応じて複数のアクセス制限を設定可能
○場所(IP)に対する制限
○アクセス時間に対する制限
○端末に対する制限
○認証方式に対する制限
○個別ユーザに対する制限
○グループに対する制限
8
シングルサインオン 利用例
◢ 社内からの社内システムを利用する場合、「ID・パスワード認証」のみで許可
◢ 社外からGoogleAppsを利用する場合、「証明書認証」と「AD/LDAP認証」で許可
SeciossLink
・ ID・パスワード認証 ○
・ 証明書認証・確認
社内
・ 統合Windows
・ AD/LDAP認証
・ クッキー端末認証
・ ワンタイムパスワード認証 ○
社外
・ 場所(IP)に対する制限
(設定値:社内IP) ○
社内システム
・ アクセス時間に対する制限
・ 端末に対する制限
・ 認証方式に対する制限
・ 個別ユーザに対する制限
(設定値:社員A) ○
GoogleApps
・ グループに対する制限
・ 端末アプリケーション認証
9
SSOポータル機能
◢ ユーザは「SSOポータル画面」にログインすれば瞬時に連携先サービスにアクセスできます。
■管理者が入力したメッセージを「SSO
ポータル画面」に表示させることが
可能です。
■ユーザが利用できるサービスが
アイコンで一覧表示されます。
■既にSeciossLinkにログインしている
ため、 「ユーザID/パスワード」入力
をする必要がありません。
■アイコンをクリックすればすぐに
サービスの利用を開始できます。
10
ログについて
◢
◢
◢
◢
認証時刻,ユーザ,IPアドレス,端末情報,メッセージなどの認証ログを管理画
面から参照可能
ユーザ,グループなどの更新ログを管理画面から参照可能
サービス,エントリの種類,時間によるログ検索が可能
一年前までのログ参照可能
日時
ユーザ
IPアドレス
端末情報
メッセージ
2014-02-20 13:15:46
testuser01@demo.com
192.168.1.1
PC
ID/パスワード認証(認証ルール idpwd)の認証に成功しました。
2014-02-19 13:15:46
testuser02@demo.com
10.1.1.1
PC
ログアウトしました
2014-02-18 13:15:46
testuser03@demo.com
10.1.1.20
タブレット
urn:federation:MicrosoftOnline(アクセス権限 client)へSAMLによりログインしました。
2014-02-17 13:15:46
testuser04@demo.com
192.168.1.2
携帯電話
ワンタイムパスワード(認証ルール idpwd)の認証に失敗しました。
11
SeciossLinkを利用するメリット
統合ID管理
◢ ID情報の更新処理が1回で済むため、運用コスト削減可能です。
◢ 退職社員IDなどの未使用IDが悪用されることを防ぐことができます。
シングルサインオン
◢ 管理者がサービス連携設定を簡単に行うことができます。
◢ ユーザが各システムにログインする手間を省くことができます。
◢ システムに対するアクセスを制限し、重要情報を保護することができます。
◢ 社内システムのセキュリティポリシーを統一化することができます。
短時間・簡易導入
◢ SaaS型サービスのため、導入が容易で、短期間で利用開始できます。
◢ 初期費用、メンテナンス費用が大幅に削減できます。
12
価格
◢
基本パック:(50ユーザ~) 1ユーザ年間1800円
 文教向け 720円/年
 基本パックに1システムの連携が含まれています。
 複数システムを連携先とする場合:基本パック+システム毎に追加料金180円
(例: 3システムの場合,1800円+2システム x 180円=2160円/年)
◢
Active Directory/LDAP 連携
 SaaS型:1ユーザ年間180円
 オンプレミス型:無料(連携モジュール初期導入作業20万~)
13
事例
◢
音楽機器メーカー
・自社の認証基盤としてSeciossLinkを導入
・自社Active Directory、Office365と連携
・20,000ユーザが利用中
◢
ISP
・20以上のコンシューマ向けサービスの認証基盤として採用
・認証レベルに応じて利用可能なサービスを変えるなど、複雑なアクセス制御を実装(カスタマイズ)
・認証方式として、OTPアプリケーションも提供
◢
大学
・学内サービス+GoogleAppsのシングルサインオンを実現
・認証元として、学内Active DirectoryやLDAPを利用
・Shibboleth Idp(オンプレ)と連携し、学術認証フェデレーションを利用
・4,000ユーザが利用中
14
事例(OEM)
◢
キャリアメーカー
・SeciossLinkをOEM提供。自社のサービスとして販売
・自社でインフラ基盤を持ち、運用からサポートまで実施
・GoogleApps、Office365、自社クラウドストレージサービスと連携
・実績:30,000以上のユーザが利用中
◢
SIer
・SeciossLinkをOEM提供。自社のサービスとして販売
・弊社インフラを利用しサービス提供。販売、サポートのみ実施
・GoogleAppsに特化し、自社アプリケーションと組み合わせたソリューションを展開
・実績:25,000以上のユーザが利用中
15
株式会社 セシオス SECIOSS INC.
会社概要
• 代表者
関口 薫
• 資本金
1300万円
• 事業内容
ソフトウェア開発、販売および導入に関するコンサルティング
• 所在地
〒162-0801 東京都新宿区山吹町362 みどりビル4F
• Webサイト
https://www.secioss.co.jp
連絡先
主要取引先
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
株式会社インターネットイニシアティブ
株式会社グルージェント
キヤノンITソリューションズ株式会社
国立情報学研究所
サイオステクノロジー株式会社
株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ
株式会社システム計画研究所
ソフトバンクテレコム株式会社
日本電信電話株式会社
株式会社野村総合研究所
ヒューマンシステム株式会社
• TEL: 03-6265-0448
• FAX: 03-6265-0977
• Email: sales@secioss.co.jp
16