学校便り16号を掲載しました。

感 動・感 謝
▼
▼
小城中学校
学校便りNO.16
TEL0952-73-2191 学校代表メルアド ogi-j@mail.saga-ed.jp
平成27年 1月 8日 文責 校 長 中園 素明
▼明けましておめでとうございます
平成27年がスタートしました。1月5日から部活動も本格的に始動して、どの部活動も元気いっぱいに活動し
ていました。グラウンドに出てみるといろいろな部活動の生徒から「おはようございます。明けましておめでと
うございます」と声をかけられました。大変すがすがしい気持ちになりました。また始業式では、全員が事故も
なく元気に登校できたことに安心し、嬉しくも思いました。
さて、3学期は年度末でもあり、まとめの学期でもあります。学習面では今までの学習内容の定着と苦手分野
の克服を必ずしておくことが大切ですね。生活面や部活動では次年度を見据えた行動をとるように心がけていき
ましょう。
また、インフルエンザが流行る季節でもあります。うがい・手洗い・マスクなど自己防衛に心がけて下さい。
3年生にとっては中学生活(義務教育)最後の学期になりますね。仲間や学び舎との思い出づくりもしっかり
していきましょう。そして何より、受験勉強に集中していく毎日が続くわけですが、
「受験対策はチームプレイ」
でもあります。クラス全員が心を一つにして本番に向けて雰囲気作りをしていきましょう。
なお、3年生の登校日数は45日(入試日含む)、1、2年生は52日です。短い学期ですので気持ちを引き
締めて過ごしたいものです。
▼ちょっといい話(善行の紹介)1 2 /2 5
・小城町(横町)のAさん(女性)から校長室に電話がありました。声の感じからご年配の方だろうと察します
が、「飼い犬(18歳と高齢で目が不自由な犬)がいなくなり、心配していろいろな場所を探しましたが見つけ
られず落胆していました。最後に警察署に尋ねたところ『小城中学校で保護していただいていますよ(テニスコ
ート横の溝に入り込んでいた)
』とのことでした。小城中へ行ったら、Y先生や生徒さん達から手厚くしていた
だき、温かい毛布や段ボール製の犬小屋まで準備してもらっていました。また、ペットフードまで買って頂いて
いました。私は小城中の先生方や生徒さんの温かい心に触れて感謝で涙が止まりませんでした。最近、テレビや
新聞でイジメなどのニュースを見聞きする限り、学校が事務的になってしまったのかしらと思っていました。
でも、そうではなく小城中学校には命を大切にされている教育があり慈愛の心があると確信しました。小城中は
素晴らしい。教育委員会にもこの感動をお伝えします」とのお礼の言葉を頂きました。
・日頃から全校生徒が優しい気持ちを持っていたり、小さき命への慈しみの心を持っていたからこそ、何気ない
行為も周りの人たちへ感動を伝える行為へと広がっていったと思います。
人として最も尊い行いのひとつは、どんな生き物にもその命を見いだし、自分のこととして接していくことがで
きるかではないでしょうか。
これからも優しい心温かい心がどんどん広がっていくといいですね。
◎表彰おめでとうございます。
○山田 一輝
太良町新春マラソン大会中学生男子5kmの部
優勝