無料の文献管理ツールMendeleyを使ってみよう www

Mendeley
|
1
Mendeley
|
2
無料の文献管理ツールMendeleyを使ってみよう
www.mendeley.com
エルゼビア・ジャパン株式会社
2015.4
本日の講習会
• Mendeleyとは?
• デスクトップ版
-
文献の追加
-
ライブラリの管理、PDFビューア、PDFの管理
• ウェブ版
-
Web Importer、文献の追加、My Library
• デスクトップ版とウェブ版の同期
• Wordへの参考文献の挿入
• オンラインカタログの検索
• グループの利用
• 研究者ネットワーク、個人プロファイル
Mendeley
|
3
|
4
卒業後もそのままの環境で
使い続けることができます。
Mendeleyとは?
① Mendeleyの特徴
論文の管理、閲覧、注釈、共有、引用を
可能にする無料の文献管理ツール …
(Windows、Mac、Linux、iOS、Web)
研究者間のコラボレーションを促進し、
トレンドを把握できる研究者ネットワーク …
… クラウドでオンラインカタログを構築し、
読者情報を提供
Mendeley
Mendeleyとは?
② 論文執筆ワークフローの各ステップを支援
文献の検索、
収集
文献の管理、
リーディング
文献の共有
論文の執筆
PDFインポート
PDFビューア、
注釈
プライベート
グループ
参考文献
作成支援
Web Importer
PDF管理
オープン
グループ
オンライン
カタログ検索
論文の発表
研究成果の発信、
ネットワーキング
研究者
ネットワーク
発表論文の
公開
Mendeley
|
5
Mendeley
|
6
Mendeleyとは?
③ デスクトップ版とウェブ版を組み合わせて使用
ウェブDBとの連携
ウェブにバックアップ
ウェブ版
同期
デスクトップ版
Windows
デスクトップ版
Mac
デスクトップ版 iPad / iPhone
iOS
Linux
PDFの管理、Wordとの連携
どこからでも利用可能
(オフラインでも利用可能)
Mendeleyとは?
④ ユーザー登録とデスクトップ版のインストール
• Mendeleyを利用するにはユーザー登録が必要です
ステップ1: http://www.mendeley.com
から [Get a free account]
ステップ2: First name、Last name、
E-mail、Passwordを入力し、[Get started]
ステップ3: 分野(Field of study)と肩書
(Academic Status)を選択し、[Finish]
ステップ4: デスクトップ版のプログラムが
ダウンロードされるのでインストール
ステップ5: Mendeleyを起動し、
E-mail、Passwordを入力して [Sign In]
ステップ6: Mendeleyとは?
Mendeley
|
7
Mendeley
|
8
本日の講習会
• Mendeleyとは?
• デスクトップ版
-
文献の追加
-
ライブラリの管理、PDFビューア、PDFの管理
• ウェブ版
-
Web Importer、文献の追加、My Library
• デスクトップ版とウェブ版の同期
• Wordへの参考文献の挿入
• オンラインカタログの検索
• グループの利用
• 研究者ネットワーク、個人プロファイル
デスクトップ版
① 文献の追加:PDFのインポート、書誌情報の自動抽出
• 個々のPDFやフォルダをドラッグ&ドロップするだけで書誌情報を自動抽出
書誌情報を自動的に抽出
個々のPDF
PDFの入ったフォルダ
Mendeley
|
9
デスクトップ版
② 文献の追加:Watched Folderの利用
• PDFの保存フォルダを指定することによって自動的にMendeleyにインポートすることが可能
・・・・・
Watched Folderの設定方法
[File] メニュー → [Watch Folder…]
[Options] メニュー → [Watched Folders]
Mendeley
デスクトップ版
③ 書誌情報の編集
• 書誌情報が不完全な場合はマニュアルで編集できます
書誌情報の編集
ArXiv ID、DOI、PMIDで検索可能
|
10
Mendeley
|
11
|
12
デスクトップ版
④ マニュアル入力とPDFファイルの添付
• 書誌情報をマニュアルで入力、編集してからファイルを添付
マニュアル入力
ArXiv ID、DOI、PMIDで検索可能
PDFファイルを添付
Mendeley
デスクトップ版
⑤ 他の文献管理ツールからの移行
• 他の文献管理ツールやデータベースからBibTex、XML、RIS形式でエクスポートしたファイルを
インポート可能
-
-
他の文献管理ツールからエクスポート
PDFは移行できません
o EndNoteの場合
o [File] メニューから [Export...] を選択
→ 別途、ファイル添付で
o ファイル形式として XML (*.xml) を選択
o RefWorksの場合
o [レコード] メニューから [エクスポート] を選択
o ファイル形式として (EndNote,Referece Manager,ProCite)] を選択
[File] メニューから [Import…] を選択する
他の文献管理ツールからエクスポートしたファイルを選択し、[Open] をクリック
最初にMendeleyを起動したときのガイド
[File] メニュー > [Import…]
Mendeley
|
13
Mendeley
|
14
本日の講習会
• Mendeleyとは?
• デスクトップ版
-
文献の追加
-
ライブラリの管理、PDFビューア、PDFの管理
• ウェブ版
-
Web Importer、文献の追加、My Library
• デスクトップ版とウェブ版の同期
• Wordへの参考文献の挿入
• オンラインカタログの検索
• グループの利用
• 研究者ネットワーク、個人プロファイル
デスクトップ版
⑥ ライブラリの管理:ライブラリの検索、フォルダ管理など
• 検索、並べ替え、フォルダを活用し、必要な文献を容易に探すことができます
ライブラリ内の検索
並べ替え
フォルダ管理
(著者名、タイトル、出版年、出版物、登録日)
お気に入り
未読
PDFあり
ウェブからPDFをダウンロード可能
文献のフィルタ
(著者キーワード、著者名、タグ、出版物)
タグの付与
Mendeley
|
15
|
16
デスクトップ版
⑦ PDFビューア
• PDFにハイライトや注釈を付けることができます
PDF内の検索
文献に対するノート
(ライブラリの検索対象)
ハイライト
PDF内の注釈
(ライブラリの検索対象外)
Wikipediaの
説明を表示
Mendeley
デスクトップ版
⑧ PDFの管理
「PDFをコピー」を設定しないで
元のPDFを削除すると、Mendeley
からも消えてしまいます
• Windows: [Tools] メニュー > [Options] -> [File Organizer] タブ
• Mac: [Mendeley Desktop] メニュー -> [Preferences…] -> [File Organizer] タブ
PDFをコピー
PDFをサブフォルダに分類
PDFを自動命名
自動命名で Author – Year – Title を指定した例
※ 初期設定はすべてOFF
Mendeley
|
17
Mendeley
|
18
本日の講習会
• Mendeleyとは?
• デスクトップ版
-
文献の追加
-
ライブラリの管理、PDFビューア、PDFの管理
• ウェブ版
-
Web Importer、文献の追加、My Library
• デスクトップ版とウェブ版の同期
• Wordへの参考文献の挿入
• オンラインカタログの検索
• グループの利用
• 研究者ネットワーク、個人プロファイル
ウェブ版
① Web Importerのインストール
• Web Importerを使うと、各種データベースから文献を取り込むことができます
http://www.mendeley.com/import
[Save to Mendeley] をツールバーに
ドラッグ&ドロップ、またはお気に入りに登録
Mendeley
|
19
Mendeley
|
20
ウェブ版
② Web Importerが対応しているデータベース
• 数多くの電子ジャーナル、文献データベースに対応しています。
ウェブ版
③ Web Importerによる文献のインポート
• 検索結果ページ、論文ページから利用できます(論文ページにのみ対応している場合あり)
PubMed(検索結果ページ)
PubMed(論文ページ)
☑ Download PDFs if available
オープンアクセス誌の場合は
PDFをダウンロードするオプショ
ンが表示されている場合あり
PLoS One(論文ページ)
Mendeley
|
21
|
22
ウェブ版
④ Mendeleyへのダイレクトエクスポート
• 製品内にMendeleyへのダイレクトエクスポートのリンクが用意されている場合があります。
ScienceDirect
Scopus
CiNii
医中誌Web
Mendeley
ウェブ版
⑤ My Library
• 追加した文献は [My Library] タブで確認できます
PDFのアップロードと閲覧、
サブフォルダの作成などが可能
今年後半のバージョンアップでは、
タグ、ノート/注釈、完全な
グループ機能もサポート予定
ウェブ版でもPDFのアップロード、
書誌情報の自動抽出が可能に
なりました
Mendeley
|
23
Mendeley
|
24
本日の講習会
• Mendeleyとは?
• デスクトップ版
-
文献の追加
-
ライブラリの管理、PDFビューア、PDFの管理
• ウェブ版
-
Web Importer、文献の追加、My Library
• デスクトップ版とウェブ版の同期
• Wordへの参考文献の挿入
• オンラインカタログの検索
• グループの利用
• 個人プロファイル(研究成果)の公開
デスクトップ版とウェブ版の同期
① 同期によってどこからでも同じ環境を利用可能に
• デスクトップ版の起動時に自動的に同期、または [Sync] ボタンで同期
ウェブ版
同期
デスクトップ版 デスクトップ版
Windows
Mac
デスクトップ版 iPad / iPhone
iOS
Linux
Mendeley
|
25
|
26
デスクトップ版とウェブ版の同期
② 同期するフォルダの指定
• 無料版ではウェブ版のディスク容量を2GBまで利用できます。
添付ファイルの同期方法
ウェブ版と同期をとるフォルダの指定
※ 初期設定では全フォルダ
ウェブ版の空きディスク容量の確認
Mendeley
本日の講習会
• Mendeleyとは?
• デスクトップ版
-
文献の追加
-
ライブラリの管理、PDFビューア、PDFの管理
• ウェブ版
-
Web Importer、文献の追加、My Library
• デスクトップ版とウェブ版の同期
• Wordへの参考文献の挿入
• オンラインカタログの検索
• グループの利用
• 研究者ネットワーク、個人プロファイル
Mendeley
|
27
Mendeley
|
28
Wordへの参考文献の挿入
① MS Word Pluginのインストール
Windows:
Mac:
Wordへの参考文献の挿入
② 文献符号の挿入
文献を挿入したい個所で
[Insert Citation] をクリック
ポップアップウィンドウで検索して [OK]
文献符号が挿入される
Mendeley本体で検索して [Cite]
Mendeley
|
29
Mendeley
|
30
Wordへの参考文献の挿入
③ 参考文献リストの作成
参考文献リストを作成したい個所で
[Insert Bibliography] をクリック
Wordへの参考文献の挿入
④ 参考文献スタイルの変更
スタイルを変更
SIST02に対応しました
スタイルはCSL Editorを
使用して編集可能
インストール済のスタイルを選択
ウェブページにのみURLを記載
新規スタイルをインストール
Mendeley
|
31
Wordへの参考文献の挿入
⑤ 参考文献スタイルで表示
参考文献スタイルで表示
スタイルを変更
右クリックで、個別文献を参考文献形式で
コピー&ペースト
Mendeley
本日の講習会
• Mendeleyとは?
• デスクトップ版
-
文献の追加、
-
ライブラリの管理、PDFビューア、PDFの管理
• ウェブ版
-
Web Importer、文献の追加、My Library
• デスクトップ版とウェブ版の同期
• Wordへの参考文献の挿入
• オンラインカタログの検索
• グループの利用
• 研究者ネットワーク、個人プロファイル
|
32
Mendeley
|
33
オンラインカタログの検索
① 世界のユーザーのライブラリ情報をクラウドに収集
• 登録した文献情報は「匿名」でオンラインカタログに索引付けされます
・・・・・
オンラインカタログに索引付けされたくない
場合は [Unpublished work] をチェック
Mendeley
オンラインカタログの検索
② デスクトップ版
• [Literature Search] で検索し、文献を保存または希望のフォルダにドラッグ&ドロップ
[Save Reference]
[Save PDF]
フォルダにドラッグ&ドロップ
|
34
Mendeley
|
35
オンラインカタログの検索
③ ウェブ版
• ウェブ版では読者情報も確認することができます。
[Save reference to library]
[Save PDF to library]
[Save reference to library]
[Save PDF to library]
読者数
読者数
読者層(分野、肩書、国)
Mendeley
グループの利用
① グループの種類と作成
デスクトップ版でもウェブ版でも
作成できます
グループの種類
投稿できるのは?
閲覧できるのは?
共有できる文献
適した用途
Private
Ownerに招待されたメンバー
無料版は3名
※ アップグレード可能
Ownerに招待された
メンバー
書誌情報+
フルテキスト (PDF)
プライベートな
研究プロジェクト
Invite-only
Ownerに招待されたメンバー
無料版は3名
※ アップグレード可能
誰でも
書誌情報
リーディングリストの
公開
Open
誰でも
誰でも
書誌情報
オープンなディス
カッショングループ
|
36
Mendeley
|
37
|
38
グループの利用
② Privateグループ(1)
• グループを作成したOwnerが他のメンバーを招待します
招待する側(Owner)
招待される側
招待された人は、[Accept] して
グループに参加
Mendeley
グループの利用
③ Privateグループ(2)
• Privateグループでは、PDFを共有することができます(注釈も共有可能)
共有したい文献をグループの
フォルダにコピー → 同期
無料版のグループは
3人まで
Mendeley
|
39
|
40
グループの利用
④ Invite-onlyグループ
• 研究室の研究成果、リーディングリストの公開に適しています。
グループをフォロー
Mendeley
グループの利用
⑤ Openグループ
• 同じ興味を持つユーザーと情報交換することができます
グループに参加
Mendeley
|
41
研究者ネットワーク、個人プロファイル
① 他の研究者を検索
• Mendeleyに登録している他の研究者をフォローし、その活動を見ることができます
フォローする
フォローしている研究者の
活動が表示されます
発表論文
Mendeley
研究者ネットワーク、個人プロファイル
② 個人プロファイルの編集および発表論文の公開
• 個人のホームページとして発表論文を公開することができます
自分の発表論文を
[My Publications]
フォルダに入れる
|
42
Mendeley
使い方ガイド、お問い合わせ
• エルゼビア・ジャパン株式会社(日本語)
-
クイックレファレンスガイド、参考文献スタイルについての情報など
http://www.elsevier.com/jp/mendeley/users
-
ヘルプデスク
E-mail: jpinfo@elsevier.com
• Mendeley Ltd.(英語)
-
使い方ガイド、ビデオ
http://community.mendeley.com/guides
-
FAQ、お問い合わせ
http://support.mendeley.com
|
43