MSE ソフトウェア リリース 7.2 ハイ アベイラビリティ設定お よび

MSE ソフトウェア リリース 7.2 ハイ アベイラビリティ設定お
よび導入ガイド
目次
概要
前提条件
要件
使用するコンポーネント
表記法
背景説明
ガイドラインと制限事項
MSE 仮想アプライアンス用の HA 設定シナリオ(ネットワーク接続)
直接接続の場合の HA 設定
MSE 物理アプライアンス用の HA 設定シナリオ
MSE HA の基本的なトラブルシューティング
関連情報
概要
Cisco Mobility Services Engine(MSE)ソフトウェア リリース 7.2 では、物理および仮想アプライアンスにハイ アベイラビリ
ティ(HA)サポートが追加されています。 このドキュメントでは、設定と導入に関するガイドライン、および MSE ハイ アベイ
ラビリティを Cisco Unified WLAN に追加し、Context Aware サービスまたは Adaptive wIPS、あるいはこれらの両方を実行する
ときのトラブルシューティング ティップスを提供します。 このドキュメントの目的は、MSE ハイ アベイラビリティについて説
明し、MSE の HA 導入シナリオを提供することです。
注:このドキュメントは、MSE HA に関係ない MSE および関連コンポーネントの設定の詳細については説明していません。 これ
らの情報は、他のドキュメントに含まれており、関連資料に示してあります。 Context Aware モビリティ サービスの設定および
設計に関するドキュメントのリストについては、「関連情報」セクションを参照してください。 適応型 wIPS の設定もこのドキ
ュメントでは扱いません。
前提条件
要件
このドキュメントに関する固有の要件はありません。
使用するコンポーネント
このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。
表記法
ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。
背景説明
MSE は、複数の関連サービスを実行できるプラットフォームです。 これらのサービスには、ハイレベル セキュリティ機能があり
ます。 そのため、最高レベルのサービスを保証するために HA を考慮することは重要です。
HA をイネーブルにすると、すべてのアクティブ MSE は、別の非アクティブ インスタンスでバックアップされます。 MSE HA
は、ハイ アベイラビリティ セットアップを設定、管理およびモニタするヘルス モニタを導入します。 プライマリ MSE とセカ
ンダリ MSE の間でハートビートが維持されます。 ヘルス モニタは、データベースのセットアップ、ファイルのレプリケーショ
ン、アプリケーションのモニタリングを行います。 プライマリ MSE で障害が発生し、セカンダリ MSE に切り替わると、プライ
マリ MSE の仮想アドレスがトランスペアレントに切り替わります。
このセットアップ(図 1 を参照)は、ハイ アベイラビリティ用に Cisco Mobility Services Engine(MSE)をイネーブルにした
一般的な Cisco WLAN 環境を示します。 HA サポートは、MSE-3310、MSE-3350/3355 および ESXi の仮想アプライアンスで使用で
きます。
図 1. ハイ アベイラビリティでの MSE の導入
ガイドラインと制限事項
次に、MSE HA アーキテクチャに関する情報を示します。
MSE 仮想アプライアンスは 1:1 HA のみをサポートします。
1 つのセカンダリ MSE では最大 2 つのプライマリ MSE をサポートできます。 HA ペア マトリクス(図 2 および 3 )を
参照してください。
HA は、ネットワーク接続および直接接続をサポートします。
MSE レイヤ 2 冗長性のみがサポートされます。 ヘルス モニタ IP および仮想 IP の両方が、同じサブネット上にあり、
Network Control System(NCS)からアクセスできる必要があります。 レイヤ 3 冗長性はサポートされません。
ヘルス モニタ IP および仮想 IP は異なる IP でなければなりません。
手動フェールオーバーと自動フェールオーバーのいずれかを使用できます。
手動フェールバックと自動フェールバックのいずれかを使用できます。
プライマリ MSE とセカンダリ MSE は、同じソフトウェア バージョンを実行する必要があります。
アクティブな各プライマリ MSE は別の非アクティブ インスタンスによりバックアップされます。 セカンダリ MSE は、フ
ェールオーバー手順の開始後にアクティブになります。
フェールオーバー手順は手動または自動です。
登録されているプライマリ MSE ごとに 1 つのソフトウェアおよびデータベース インスタンスが存在します。
図 2. MSE HA サポート ペア マトリクス
図 3. MSE HA N1:ペア マトリクス
MSE 仮想アプライアンス用の HA 設定シナリオ(ネットワーク接続)
次に、MSE 仮想アプライアンス(VA)の HA 設定の例を示します(図 4 を参照してください)。 この場合、これらは次のように
設定されます。
プライマリ MSE VA
仮想 IP:[10.10.10.11]
ヘルス モニタ インターフェイス(Eth0):[10.10.10.12]
セカンダリ MSE VA
仮想 IP:[None]
ヘルス モニタ インターフェイス(Eth0):[10.10.10.13]
注:アクティブ化ライセンス(L-MSE-7.0-K9)は各 VA に必要です。 これは、VA の HA 設定に必要です。
図 4. HA での MSE 仮想アプライアンス
詳細については、MSE 仮想アプライアンスの関する Cisco ドキュメントを参照してください。
次に一般的な手順を示します。
1. MSE の VA インストールを完了し、すべてのネットワーク設定が満たされていることを確認します。
2. 最初のログイン時に Setup Wizard を起動します。
3. 必要な項目(ホスト名やドメインなど)に入力します。 ハイ アベイラビリティの設定手順で YES と入力します。
4. 次の内容を入力します。
a. ロールの選択:[1 for Primary]
b. ヘルス モニタ インターフェイス:[eth0]*
*ネットワーク アダプタ 1 にマッピングされるネットワーク設定(サンプル スクリーンショットを参照してくださ
い)
5. 直接接続インターフェイスの選択:[none]。
6. 次の内容を入力します。
a. 仮想 IP アドレス:[10.10.10.11]
b. ネットワーク マスク:[255.255.255.0]
c. リカバリ モードでの MSE の起動:[No]
7. 次の内容を入力します。
a. Eth0 の設定:[Yes]
b. Eth0 IP アドレスの入力:[10.10.10.12]
c. ネットワーク マスク:[255.255.255.0]
d. デフォルト ゲートウェイ:[10.10.10.1]
8. セカンド イーサネット インターフェイス(Eth1)は使用されません。
eth1 インターフェイスの設定:[skip]
9. Setup Wizard を続行します。
a. クロック同期化のために NTP サーバをイネーブルにすることは重要です。
b. 推奨タイム ゾーンは UTC です。
次に、MSE Virtual Appliance Primary セットアップの要約を示します。
-------BEGIN-------Role=1, Health Monitor Interface=eth0, Direct connect interface=none
Virtual IP Address=10.10.10.11, Virtual IP Netmask=255.255.255.0
Eth0 IP address=10.10.10.12, Eth0 network mask=255.0.0.0
Default Gateway=10.10.10.1
-------END--------
10. [YES] と入力して、すべてのセットアップ情報が正しいことを確認します。
11. セットアップ後にリブートすることを推奨します。
12. 再度ブートするが、開始した後 /etc/init.d/msed の MSE サービスはまたはサービス msed startcommands 開始します。
13. すべてのサービスが起動したら、getserverinfo コマンドを使用して、MSE サービスが正しく機能していることを確認しま
す。
動作ステータスは Up です。
これらの手順は、セカンダリ MSE VA のセットアップの一部です。
1. 新しいインストール後に初めてログインすると、Setup Wizard が起動します。 次の内容を入力します。
a. ハイ アベイラビリティの設定:[Yes]
b. ロールの選択:[2](セカンダリを示します)
c. ヘルス モニタ インターフェイス:[eth0](プライマリと同じです)
2. 次の内容を入力します。
a. 直接接続:[None]
b. IP アドレス eth0:[10.10.10.13]
c. ネットワーク マスク:[255.255.255.0]
d. デフォルト ゲートウェイ:[10.10.10.1]
3. eth1 インターフェイスの設定:[skip]
4. タイム ゾーンの設定:[UTC]
5. NTP サーバをイネーブルにします。
6. Setup Wizard の残りの手順を完了し、セットアップ情報を確認して、設定を保存します。
7. プライマリ MSE の手順と同じように、リブートし、サービスを起動します。
次の手順は、プライマリおよびセカンダリ MSE VA を NCS に追加する方法を示します。 通常のプロセスで、MSE を NCS に追加
します。 詳細については、設定ガイドを参照してください。
1. NCS から、[Systems] > [Mobility Services] に移動し、[Mobility Services Engines] を選択します。
2. プルダウンから、[Add Mobility Services Engine] を選択します。 次に、[Go] をクリックします。
3. MSE の NCS 設定ウィザードを実行します。 このドキュメントの例では、次の値を使用します。
a. デバイス名の入力:例:[MSE1]
b. IP アドレス:[10.10.10.12]
c. ユーザ名およびパスワード(各初期セットアップ)
d. [Next] をクリックします。
4. 使用できるすべてのライセンスを追加し、[Next] をクリックします。
5. [MSE] を選択し、[Next] をクリックします。
6. トラッキング パラメータをイネーブルにして、[Next] をクリックします。
7. オプションで、マップを割り当て、MSE サービスを同期化します。 [Done] をクリックして、MSE を NCS に追加します。
次のスクリーンショットは、プライマリ MSE VA が追加されたことを示します。 ここで、セカンダリ MSE VA を追加するため
に、次の手順を完了します。
1. [Secondary Server] 列で、リンクをクリックして、処理を続行します。
2. この例の設定を使用して、セカンダリ MSE VA を追加します。
a. セカンダリ デバイス名:[mse2]
b. セカンダリ IP アドレス:[10.10.10.13]
c. セカンダリ パスワード*:[default or from setup script]
d. フェールオーバー タイプ*:[Automatic, or Manual]
e. フェールバック タイプ*
f. フェールオーバーの長期待機*
g. [Save] をクリックします。
*必要に応じて、情報アイコンをクリックするか、MSE ドキュメントを参照してください。
3. NCS により 2 つの MSE のペアを作成するプロンプトが表示されたら、[OK] をクリックします。
NCS で設定を作成するには、数秒かかります。
セカンダリ MSE VA でアクティブ化ライセンス(L-MSE-7.0-K9)が必要な場合、NCS によりプロンプトが表示されます。
4. [OK] をクリックして、[License File] でセカンダリをアクティブにします。
5. セカンダリ MSE VA がアクティブになったら、[Save] をクリックして、設定を完了します。
6. [NCS] > [Mobility Services] > [Mobility Services Engine] に移動します。
セカンダリ MSE が [Secondary Server] の列に表示されると、NCS により次の画面が表示されます。
7. ハイ アベイラビリティ ステータスを表示するには、[NCS] > [Services] > [High Availability] に移動します。
HA ステータスで、現在のステータスおよびイベントを MSE ペアごとに確認します。
初期同期化およびデータ レプリケーションのセットアップには数分かかることがあります。 NCS は、上記のように HA ペ
アが完全にアクティブになるまで、進捗情報 % を表示します。
MSE ソフトウェア リリース 7.2 で導入された HA に関連する新しいコマンドは gethainfo です。 この出力は、プライマリおよ
びセカンダリを示します。
[[email protected] ~]#gethainfo
Health Monitor is running. Retrieving HA related information
---------------------------------------------------Base high availability configuration for this server
---------------------------------------------------Server role: Primary
Health Monitor IP Address: 10.10.10.12
Virtual IP Address: 10.10.10.11
Version: 7.2.103.0
UDI: AIR-MSE-VA-K9:V01:mse1
Number of paired peers: 1
---------------------------Peer configuration#: 1
---------------------------Health Monitor IP Address 10.10.10.13
Virtual IP Address: 10.10.10.11
Version: 7.2.103.0
UDI: AIR-MSE-VA-K9:V01:mse2_666f2046-5699-11e1-b1b1-0050568901d9
Failover type: Manual
Failback type: Manual
Failover wait time (seconds): 10
Instance database name: mseos3s
Instance database port: 1624
Dataguard configuration name: dg_mse3
Primary database alias: mseop3s
Direct connect used: No
Heartbeat status: Up
Current state: PRIMARY_ACTIVE
[[email protected] ~]#gethainfo
Health Monitor is running. Retrieving HA related information
---------------------------------------------------Base high availability configuration for this server
---------------------------------------------------Server role: Secondary
Health Monitor IP Address: 10.10.10.13
Virtual IP Address: Not Applicable for a secondary
Version: 7.2.103.0
UDI: AIR-MSE-VA-K9:V01:mse2
Number of paired peers: 1
---------------------------Peer configuration#: 1
---------------------------Health Monitor IP Address 10.10.10.12
Virtual IP Address: 10.10.10.11
Version: 7.2.103.0
UDI: AIR-MSE-VA-K9:V01:mse1_d5972642-5696-11e1-bd0c-0050568901d6
Failover type: Manual
Failback type: Manual
Failover wait time (seconds): 10
Instance database name: mseos3
Instance database port: 1524
Dataguard configuration name: dg_mse3
Primary database alias: mseop3s
Direct connect used: No
Heartbeat status: Up
Current state: SECONDARY_ACTIVE
直接接続の場合の HA 設定
ネットワーク接続された MSE HA は、ネットワークを使用します。直接接続設定の場合、プライマリおよびセカンダリ MSE サー
バ間での直接ケーブル接続を簡単に使用できます。 これにより、ハートビート応答時間、データ レプリケーションおよび障害検
出時間の遅延を減らすことができます。 この例の場合、図 5 に示すように、プライマリ物理 MSE は、インターフェイス eth1
のセカンダリ MSE に接続されます。 Eth1 は直接接続に使用されるので注意してください。 各インターフェイスには IP アドレ
スが必要です。
図 5: 直接接続の MSE HA
1. プライマリ MSE をセットアップします。
セットアップ スクリプトからの設定の要約:
-------BEGIN-------Host name=mse3355-1
Role=1 [Primary]
Health Monitor Interface=eth0
Direct connect interface=eth1
Virtual IP Address=10.10.10.14
Virtual IP Netmask=255.255.255.0
Eth1 IP address=1.1.1.1
Eth1 network mask=255.0.0.0
Default Gateway =10.10.10.1
-------END--------
2. セカンダリ MSE をセットアップします。
セットアップ スクリプトからの設定の要約:
-------BEGIN-------Host name=mse3355-2
Role=2 [Secondary]
Health Monitor Interface=eth0
Direct connect interface=eth1
Eth0 IP Address 10.10.10.16
Eth0 network mask=255.255.255.0
Default Gateway=10.10.10.1
Eth1 IP address=1.1.1.2,
Eth1 network mask=255.0.0.0
-------END--------
3. プライマリ MSE を NCS に追加します(上記の例を参照するか、設定ガイドを参照してください)。
4. [Secondary MSE from NCS] > [configure Secondary Server] をセットアップします。
a. セカンダリ デバイス名の入力:[mse3355-2]
b. セカンダリ IP アドレス:[10.10.10.16]
c. 残りのパラメータを完了して、[Save] をクリックします。
5. [OK] をクリックして、2 つの MSE のペアを確認します。
NCS でセカンダリ サーバ設定を追加するには時間がかかります。
6. 完了したら、HA パラメータを変更します。 [Save] をクリックします。
7. HA ステータスを参照して、新しい MSE HA ペアのリアルタイム進捗情報を確認します。
8. [NCS] > [Services] > [Mobility Services] > [Mobility Services Engines] から、MSE(直接接続)HA が NCS に追加さ
れたことを確認します。
9. コンソールから、gethainfo コマンドを使用して確認することもできます。
次に、プライマリおよびセカンダリの出力を示します。
[[email protected] ~]#gethainfo
Health Monitor is running. Retrieving HA related information
---------------------------------------------------Base high availability configuration for this server
---------------------------------------------------Server role: Primary
Health Monitor IP Address: 10.10.10.15
Virtual IP Address: 10.10.10.14
Version: 7.2.103.0
UDI: AIR-MSE-3355-K9:V01:KQ37xx
Number of paired peers: 1
---------------------------Peer configuration#: 1
---------------------------Health Monitor IP Address 10.10.10.16
Virtual IP Address: 10.10.10.14
Version: 7.2.103.0
UDI: AIR-MSE-3355-K9:V01:KQ45xx
Failover type: Automatic
Failback type: Manual
Failover wait time (seconds): 10
Instance database name: mseos3s
Instance database port: 1624
Dataguard configuration name: dg_mse3
Primary database alias: mseop3s
Direct connect used: Yes
Heartbeat status: Up
Current state: PRIMARY_ACTIVE
[[email protected] ~]#gethainfo
Health Monitor is running. Retrieving HA related information
---------------------------------------------------Base high availability configuration for this server
---------------------------------------------------Server role: Secondary
Health Monitor IP Address: 10.10.10.16
Virtual IP Address: Not Applicable for a secondary
Version: 7.2.103.0
UDI: AIR-MSE-3355-K9:V01:KQ45xx
Number of paired peers: 1
---------------------------Peer configuration#: 1
---------------------------Health Monitor IP Address 10.10.10.15
Virtual IP Address: 10.10.10.14
Version: 7.2.103.0
UDI: AIR-MSE-3355-K9:V01:KQ37xx
Failover type: Automatic
Failback type: Manual
Failover wait time (seconds): 10
Instance database name: mseos3
Instance database port: 1524
Dataguard configuration name: dg_mse3
Primary database alias: mseop3s
Direct connect used: Yes
Heartbeat status: Up
Current state: SECONDARY_ACTIVE
MSE 物理アプライアンス用の HA 設定シナリオ
ペア マトリクスに基づいて、HA 設定の最大値は 2:1 です。 これは、MSE-3355 に予約されていて、セカンダリ モードで、
MSE-3310 および MSE-3350 をサポートできます。 このシナリオでは、直接接続は利用できません。
1. これらの各 MSE を設定して、2:1 HA シナリオを示します。
MSE-3310 (Primary1)
Server role: Primary
Health Monitor IP Address (Eth0): 10.10.10.17
Virtual IP Address: 10.10.10.18
Eth1 Not Applicable
MSE-3350 (Primary2)
Server role: Primary
Health Monitor IP Address: 10.10.10.22
Virtual IP Address: 10.10.10.21
Eth1 Not Applicable
MSE-3355 (Secondary)
Server role: Secondary
Health Monitor IP Address: 10.10.10.16
Virtual IP Address: Not Applicable for a secondary
2. すべての MSE が設定されたら、Primary1 および Primary2 を NCS に追加します。
3. クリックして、セカンダリ サーバを設定します(上記の例を参照してください)。 いずれかのプライマリ MSE から開始し
ます。
4. セカンダリ MSE のパラメータを入力します。
a. セカンダリ デバイス名: 例:[mse-3355-2]
b. セカンダリ IP アドレス:[10.10.10.16]
c. 残りのパラメータを完了します。
d. [Save] をクリックします。
5. 最初のセカンダリ エントリが設定されるまで、しばらく待ちます。
6. 最初のプライマリ MSE のセカンダリ サーバが追加されたことを確認します。
7. セカンド プライマリ MSE で手順 3 ~ 6 を繰り返します。
8. セカンド プライマリ MSE の HA パラメータを完了します。
9. 設定を保存します。
10. 各プライマリ MSE のプロセスのステータスを確認します。
11. Primary1 および Primary2 の両方の MSE がセカンダリ MSE でセットアップされていることを確認します。
12. [NCS] > [Services] > [Mobility Services] から、[High Availability] を選択します。
MSE-3310 および MSE-3350 のセカンダリとして MSE-3355 が設定されているため、2:1 を確認できます。
次に、gethainfo コマンドが使用されたときのすべての 3 つの MSE のコンソールからの HA セットアップの出力例を示し
ます。
[[email protected] ~]#gethainfo
Health Monitor is running. Retrieving HA related information
---------------------------------------------------Base high availability configuration for this server
---------------------------------------------------Server role: Secondary
Health Monitor IP Address: 10.10.10.16
Virtual IP Address: Not Applicable for a secondary
Version: 7.2.103.0
UDI: AIR-MSE-3355-K9:V01:KQ45xx
Number of paired peers: 2
---------------------------Peer configuration#: 1
---------------------------Health Monitor IP Address 10.10.10.22
Virtual IP Address: 10.10.10.21
Version: 7.2.103.0
UDI: AIR-MSE-3350-K9:V01:MXQ839xx
Failover type: Manual
Failback type: Manual
Failover wait time (seconds): 10
Instance database name: mseos3
Instance database port: 1524
Dataguard configuration name: dg_mse3
Primary database alias: mseop3s
Direct connect used: No
Heartbeat status: Up
Current state: SECONDARY_ACTIVE
---------------------------Peer configuration#: 2
---------------------------Health Monitor IP Address 10.10.10.17
Virtual IP Address: 10.10.10.18
Version: 7.2.103.0
UDI: AIR-MSE-3310-K9:V01:FTX140xx
Failover type: Manual
Failback type: Manual
Failover wait time (seconds): 10
Instance database name: mseos4
Instance database port: 1525
Dataguard configuration name: dg_mse4
Primary database alias: mseop4s
Direct connect used: No
Heartbeat status: Up
Current state: SECONDARY_ACTIVE
NCS の HA の最後の確認では、MSE-3310 と MSE-3350 の両方のステータスがアクティブであることが示されます。
MSE HA の基本的なトラブルシューティング
セカンダリ MSE を追加すると、次のようにプロンプトが表示されます。
セットアップ スクリプト中に問題が発生した可能性があります。
getserverinfo コマンドを実行して、ネットワーク設定が正しいことを確認します。
また、サービスが起動していない可能性もあります。 /init.d/msed start コマンドを実行します。
必要な場合、セットアップ スクリプト(/mse/setup/setup.sh)を再実行して、最後に保存します。
MSE の仮想アプライアンスでは、アクティブ化ライセンス(L-MSE-7.0-K9)が必要です。 ライセンスがない場合、セカンダリ
MSE VA を追加するときに NCS によりプロンプトが表示されます。 MSE VA のアクティブ化ライセンスを取得および追加します。
MSE で HA ロールを切り替える場合、サービスが完全に停止していることを確認します。 そのため、/init.d/msed stop コマン
ドでサービスを停止して、セットアップ スクリプト(/mse/setup/setup.sh)を再実行します。
gethainfo コマンドを使用して、MSE のハイ アベイラビリティ情報を取得します。 これは、HA ステータスおよび変更のトラブ
ルシューティングまたはモニタに役に立つ情報を提供します。
[[email protected] ~]#gethainfo
Health Monitor is running. Retrieving HA related information
---------------------------------------------------Base high availability configuration for this server
---------------------------------------------------Server role: Secondary
Health Monitor IP Address: 10.10.10.16
Virtual IP Address: Not Applicable for a secondary
Version: 7.2.103.0
UDI: AIR-MSE-3355-K9:V01:KQ45xx
Number of paired peers: 2
---------------------------Peer configuration#: 1
---------------------------Health Monitor IP Address 10.10.10.22
Virtual IP Address: 10.10.10.21
Version: 7.2.103.0
UDI: AIR-MSE-3350-K9:V01:MXQ839xx
Failover type: Manual
Failback type: Manual
Failover wait time (seconds): 10
Instance database name: mseos3
Instance database port: 1524
Dataguard configuration name: dg_mse3
Primary database alias: mseop3s
Direct connect used: No
Heartbeat status: Up
Current state: SECONDARY_ACTIVE
---------------------------Peer configuration#: 2
---------------------------Health Monitor IP Address 10.10.10.17
Virtual IP Address: 10.10.10.18
Version: 7.2.103.0
UDI: AIR-MSE-3310-K9:V01:FTX140xx
Failover type: Manual
Failback type: Manual
Failover wait time (seconds): 10
Instance database name: mseos4
Instance database port: 1525
Dataguard configuration name: dg_mse4
Primary database alias: mseop4s
Direct connect used: No
Heartbeat status: Up
Current state: SECONDARY_ACTIVE
また、NCS High Availability View は、MSE の HA セットアップを表示できる優れた管理ツールです。
関連情報
トラブルシューティング テクニカルノーツ
1992 - 2014 Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
Updated: 2014 年 10 月 19 日
http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/111/1110/1110799_mse-ha-config-dg-00.html
Document ID: 113462