VMWARE VSPHERE 向け EMC VPLEX/VE 搭載 EMC

設計および実装ガイド
VMWARE VSPHERE 向け
EMC VPLEX/VE 搭載
EMC VSPEX
EMC VSPEX
要約
このドキュメントでは、EMC VPLEX/VE™、VMware® vSphere®、
EMC VNXe3200®ユニファイド ストレージ システムを活用して最
大 125 台の仮想マシンに対応する、プライベート クラウド環境向け
の EMC® VSPEX™実証済みインフラストラクチャ ソリューションに
ついて説明します。
2014 年 6 月
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
1
Copyright © 2014 EMC Corporation. All rights reserved.(不許複製・禁無断転載)
Published in the USA.
2014 年 6 月発行
このドキュメントに記載されている情報は、ドキュメントの出版日現時点の情報です。この
情報は予告なく変更されることがあります。
こ の 資 料 に 記 載 さ れ る 情 報 は 、 「 現 状 有 姿 」 の 条 件 で 提 供 さ れ て い ま す 。 EMC
Corporation は、この資料に記載される情報に関する、どのような内容についても表明
保証条項を設けず、特に、商品性や特定の目的に対する適応性に対する黙示の保証は
いたしません。
この資料に記載される、いかなる EMC ソフトウェアの使用、複製、頒布も、当該ソフトウェ
ア ライセンスが必要です。最新の EMC 製品名については、EMC の Web サイトで EMC
Corporation の商標を参照してください。
VMware、vSphere、vCenter、ESXi、HA、DRS、および SRM は、VMware, Inc.の
登録商標または商標です。その他のすべての名称ならびに製品についての商標は、そ
れぞれの所有者の商標または登録商標です。
VMware® vSphere™向け EMC® VPLEX/VE™搭載 EMC® VSPEX™設計および導入
ガイド
パーツ番号 H13193-J
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
2
目次
1.
エグゼクティブ サマリー
7
1.1
対象読者
8
1.2
ビジネス ニーズ
8
2.
ドキュメントの目的
9
3.
ソリューション概要
9
4.
モビリティ
10
5.
可用性
11
6.
ソリューションのアーキテクチャ
11
6.1
概要
11
6.2
ソリューションの構成
14
7.
VPLEX/VEの主要コンポーネント
16
7.1
VMware vSphere 向け VPLEX/VE Management Extension
16
7.2
VPLEX/VE Configuration Manager Web アプリケーション
18
7.3
vSphere 導入の概念
19
7.4
VPLEX/VE ストレージの概念
21
7.5
VPLEX/VE ネットワークの概念
22
8.
システム要件
24
8.1
VMware vSphere 5 の要件
25
8.2
Web インターフェイスのサポート
25
8.3
ネットワークの条件
25
8.4
ストレージ要件
25
9.
事前導入プランニング
26
9.1
vSphere ストレッチ クラスターの要件
26
9.2
VMware ESXi ホストの最小要件
27
9.3
データストアの最小要件
27
9.4
導入のネットワーク要件
28
9.5
ネットワークと仮想スイッチの要件
28
9.6
ストレージ デバイスの要件
30
9.7
セキュリティ証明書の要件
30
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
3
9.8
WAN COM(サイト間)ネットワークの要件
31
10.
VPLEX/VE事前構成ワークシート
31
10.1
概要
31
10.2
OVF の導入
31
10.3
セットアップ ウィザード - パート 1
33
10.4
VMware ESXi ホスト
33
10.5
ネットワーク構成 - 仮想スイッチとポート
34
10.6
セキュリティ証明書
35
10.7
システム ボリュームの ID ストレージ アレイ
36
10.8
セットアップ ウィザード - パート 2
36
10.9
WAN COM(サイト間)ネットワーク構成
37
10.10 Cluster Witness の構成情報
39
11.
VPLEX/VEのインストールと構成
40
11.1
VPLEX/VE vApp の導入
40
11.2
セットアップ ウィザードを使用した VPLEX/VE の構成
50
11.3
vDirector への iSCSI ストレージのプロビジョニング
66
11.4
WAN 上での VPLEX/VE ストレージの構成
68
11.5
VPLEX/VE ストレージを使用するように VMware ESXi ホストを構成
75
11.6
ソリューションの検証
82
12.
付録A - その他の推奨事項
83
13.
付録B:参考資料
87
13.1
EMC ドキュメント
87
13.2
その他のドキュメント
88
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
4
図一覧
図 1:アプリケーションおよびモビリティの例 ...............................................
図 2:VPLEX/VE Manager ソリューションのアイコン ...................................
図 3:VPLEX/VE vCenter の[Inventory Action]メニュー ..........................
図 4:VPLEX/VE Configuration Manager ............................................
図 5:VPLEX/VE 初期 OVF 導入。サイトあたり 1 台のホスト ..........................
図 6:サイトあたり 4 台のホストへの VPLEX/VE 初期 OVF 導入 ......................
図 7:VPLEX/VE ストレージ仮想化レイヤー .............................................
図 8:VPLEX/VE サンプル ネットワーク構成 .............................................
図 9:[Deploy OVF Template]オプション ..............................................
図 10:[Select Source]スクリーン ......................................................
図 11:ユーザー使用許諾契約書 ..........................................................
図 12:名前とフォルダーの選択 ............................................................
図 13:ホストとクラスターの選択 ...........................................................
図 14:リソース プールの選択 .............................................................
図 15:データストアの選択 .................................................................
図 16:ディスク形式の選択 .................................................................
図 17:ネットワークの選択 ..................................................................
図 18:テンプレートのカスタマイズ .........................................................
図 19:準備完了 .............................................................................
図 20:vApp 導入完了 .....................................................................
図 21:完成した構成ワークシート ..........................................................
図 22:フェーズ I の[Welcome] ..........................................................
図 23:vCenter 認証情報の入力 .........................................................
図 24:サイト 2 の vManagement サーバーの入力 ...................................
図 25:VMware ESXi クラスターのサーバーのリスト ...................................
図 26:VPLEX/VE サーバーのホストの選択 .............................................
図 27:ホストへの vDirector の割り当て .................................................
図 28:データストアの割り当て .............................................................
図 29:ネットワークの構成 ..................................................................
図 30:サイト 1 の仮想スイッチ接続 .......................................................
図 31:サイト 2 の仮想スイッチ接続 .......................................................
図 32:サイト 1 のフロントエンド IP 構成 ..................................................
図 33:サイト 1 のバックエンド IP 構成 ....................................................
図 34:サイト 2 のフロントエンド IP 構成 ..................................................
図 35:サイト 2 のバックエンド IP 構成 ....................................................
図 36:セキュリティ証明書、サイト 1 .......................................................
図 37:セキュリティ証明書、サイト 2 .......................................................
図 38:VPLEX/VE のストレージ ...........................................................
図 39:レビューと実行.......................................................................
図 40:フェーズ I の実行 ...................................................................
図 41:フェーズ I が正常に完了 ...........................................................
図 42:VNXe3200 の Unisphere .......................................................
11
17
18
19
20
20
22
23
41
42
43
44
45
45
46
46
47
48
49
50
51
52
52
53
53
54
54
55
56
57
57
58
59
60
61
62
62
63
64
65
65
66
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
5
図 43:VPLEX/VE の IQN .................................................................
図 44:フェーズ II のセットアップ ウィザード ..............................................
図 45:アレイのリスト ........................................................................
図 46:メタ ボリュームの選択 ..............................................................
図 47:メタ バックアップ ボリュームの選択 ...............................................
図 48:ログ ボリュームの選択 .............................................................
図 49:WAN COM 構成 ....................................................................
図 50:WAN COM 構成 ....................................................................
図 51:WAN COM 構成、サイト 2.........................................................
図 52:WAN COM 構成、サイト 2.........................................................
図 53:レビューと実行.......................................................................
図 54:フェーズ II が正常に完了 ..........................................................
図 55:VMKernel 仮想アダプターの作成 ................................................
図 56:VMkernel ネットワーク アダプターの選択 .......................................
図 57:VPLEX/VE フロントエンド ポート グループの選択 ..............................
図 58:IP 設定の指定 ......................................................................
図 59:追加された 2 つの VMkernel 仮想アダプター ...................................
図 60:VMkernel アダプターへの iSCSI アダプターのバインド........................
図 61:VMkernel アダプターの選択 ......................................................
図 62:両方の VMkernel アダプターへのストレージ アダプターのバインド ...........
図 63:iSCSI ストレージの動的検出 ......................................................
図 64:iSCSI ストレージ ターゲットの入力 ...............................................
図 65:自動的に検出された静的アドレス .................................................
67
68
69
69
70
71
72
72
73
73
74
74
75
76
76
77
77
78
79
80
81
81
82
表一覧
表 1:ソリューション ハードウェア ..........................................................
表 2: ソリューション ソフトウェア ...........................................................
表 3:vDirector の命名規則 ..............................................................
表 4:VPLEX/VE 事前構成情報 ...........................................................
表 5:セットアップ ウィザード - パート 1 ...................................................
表 6:VMware ESXi ホスト ................................................................
表 7:ネットワーク構成 ......................................................................
表 8:セキュリティ証明書....................................................................
表 9:システム ボリュームの ID アレイ ....................................................
表 10:システム ボリューム - サイト 1 ....................................................
表 11:システム ボリューム - サイト 2 ....................................................
表 12:WAN COM ネットワーク構成 ......................................................
表 13:VPLEX Witness コンポーネント ..................................................
14
15
29
31
33
33
34
35
36
36
37
37
39
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
6
1. エグゼクティブ サマリー
現代のビジネスの成長には、24 時間 365 日継続して運用するためのアプリケーション
の可用性の向上が必要です。この要件は、大型データセンターのワークロードと、単一ア
プリケーション ワークロードに適用されます。ストレージ仮想化テクノロジーを利用するこ
とで、企業はコストを削減し、アプリケーションの可用性とモビリティを向上させることがで
きます。アプリケーションの可用性が要求される、より小規模な導入向けの EMC
VPLEX/VE(VPLEX Virtual Edition Standard)は EMC VPLEX ファミリーの新しいス
トレージ仮想化製品であり、VMware 仮想マシンとそこで実行されるアプリケーションの
可用性とモビリティを向上させます。
このドキュメントでは、事前に必要なソフトウェアおよびハードウェアのマテリアル リスト、
ステップごとのサイズ設定ガイダンスとワークシート、最大 125 台の仮想マシンをサポー
トする次世代 EMC VNXe3200 ユニファイド ストレージ システムに基づく VSPEX プライ
ベート クラウドを使用した VPLEX/VE ソリューションの実装の検証済み導入ステップを示
します。
EMC VPLEX/VE は、異機種混在ストレージ システムにあるデータを連携するユニーク
な仮想化ストレージ テクノロジーです。これにより、複数のデータセンターのストレージ リ
ソースをプールして、どこからでもアクセスできます。VMware vSphere によって提供さ
れる仮想化インフラストラクチャを使用すると、VPLEX/VE では、地理的地域内の 2 つの
VPLEX/VE サイト間で単一の管理ビューからキャッシュの一貫性のあるアクティブ-アク
ティブ アクセスを行うことのできる AccessAnywhere 機能を使用できます。
VPLEX/VE では、各場所に 4 台の VMware ESXi™サーバーが必要です。サーバーは、
vDirector およびその他の VPLEX/VE コンポーネントをホストします。vDirector は、仮
想化ストレージ ソフトウェアを実行する Linux 仮想マシンです。これらのサーバーは、プ
ライベート クラウドの一部またはすべての実行にも使用できるため、追加サーバーの購
入の必要性が排除されます。一方、データセンターを管理している同じ vCenter に
VPLEX/VE サーバーをインポートすることで、VMware によって提供される既存の仮想
化インフラストラクチャとリソース管理機能を活用できます。VPLEX/VE を導入および構
成した後、VMware vCenter Server にインストールされているプラグ インからその機
能の使用を開始できます。このプラグインは、VPLEX/VE のすべての機能の単一のゲー
トウェイです。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
7
VMware vSphere は従来の環境よりもシンプルでコスト パフォーマンスに優れており、
ビジネス クリティカルなアプリケーションの可用性のレベルを高めます。vSphere を使用
する組織は、すべてのアプリケーションに対して提供される可用性の基準レベルを簡単
に高め、より高いレベルの可用性をコスト パフォーマンスの高い方法で簡単に提供でき
る。vSphere の革新的な VMware vMotion™(vMotion)機能により、アプリケーション
ダウンタイムなしで計画的なメンテナンスを実行できます。VMware HA(高可用性)は、
クラスターとして構成されている複数の VMware ESX および VMware ESXi ホストを活
用して予定外のダウンタイムを低減し、仮想マシン上で稼動するアプリケーションに、停
止からの自動リカバリと、コスト パフォーマンスに優れた高可用性を提供します。
長距離ブリッジ テクノロジーを活用することで、VPLEX/VE は VMware HA の長所を利
用し、従来の「災害復旧」よりも優れたソリューションを提供します。これらのソリューション
は、今日のクラウド環境で長距離にわたる絶対的な最高レベルの継続的な可用性を実現
する新しいタイプの導入を提供します。このホワイト ペーパーは、テクノロジーの意思決定
者が VMware vSphere とともに VPLEX/VE を深く理解できるように設計されています。
1.1 対象読者
このドキュメントの読者は、VMware vSphere、EMC VNXe シリーズ ストレージ システ
ム、VPLEX/VE、この実装に必要な関連インフラストラクチャをインストール、構成するた
めに必要なトレーニングを受け、背景知識を習得している必要があります。該当する場合
は外部の関連資料が示され、読者はこれらのドキュメントをよく理解していることが推奨
されます。購入後に、ソリューション導入者は、ソリューションの妥当性検査フェーズの構
成ガイドラインおよび適切な参考資料と付録に重点的に取り組んでください。
1.2 ビジネス ニーズ
VSPEX ソリューションは、ハイパーバイザ、サーバー、ネットワークの各レイヤーで情報
に基づく意思決定を可能にする包括的な仮想化ソリューションを作成する実績ある最高
品質のテクノロジーに基づいて構築されています。
ビジネス アプリケーションは、統合されたコンピューティング、ネットワーク、ストレージ環境
に移行しつつあります。VMware を使用した EMC VSPEX プライベート クラウドは、従来
の導入モデルのすべてのコンポーネントを構成する複雑さを軽減します。アプリケーション
の設計および実装オプションを維持しつつ、統合管理の複雑さが軽減されます。管理が統
一される一方で、プロセス分離を十分に制御および監視できます。VMware アーキテクチ
ャ対応の VSPEX プライベート クラウドに対して、次のようなビジネス ニーズがあります。
•
エンド ツー エンドの仮想化ソリューションを提供して、統合インフラストラクチャ コン
ポーネントの機能を使用する。
•
VMware 向け VSPEX プライベート クラウド ソリューションを提供して、最大 125 台
のリファレンス仮想マシンを効率的に仮想化する。
•
信頼性、柔軟性、拡張性の高い参照設計を提供する。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
8
2. ドキュメントの目的
このドキュメントは、VPLEX/VE を使用した VSPEX の実証済みアーキテクチャの活用に
関する基本的な情報であり、特定のエンゲージメントのためにアーキテクチャを変更する
方法と、システム全体を効果的に導入および監視する方法について説明したものです。
このドキュメントは、EMC VPLEX/VE とともに導入された VSPEX に適用されます。この
ホワイト ペーパーに記載されている詳細情報は、次の構成に基づいています。
•
VPLEX/VE バージョン 2 以上。
•
VMware ESXi クラスターは、VMware HA のために相互に 10 ms(ミリ秒)以内に
ある。
•
VMware ESXi および vSphere 5.1 以降を使用。
•
iSCSI EMC VNXe3200 ユニファイド ストレージ システムのペアがある実証済み
VSPEX ソリューション。
3. ソリューション概要
EMC VPLEX/VE と統合された VMware vSphere 向け EMC VSPEX プライベート クラ
ウドは、データ移動と情報アクセス用の次世代アーキテクチャを代表します。このアーキテ
クチャは、エンタープライズ クラスのインテリジェントなキャッシュ機能および分散データ保
護のソリューションを設計、実装し、その完成度を高めてきた 20 年以上にわたる EMC の
専門技術をベースにしています。統合された EMC VSPEX/VE ソリューションは、地理的
に分散したクラスター内またはクラスター間で最大 125 台のリファレンス仮想マシンをサ
ポートし、冗長なサーバー/ネットワーク トポロジーと可用性の高いストレージを備えた包
括的なシステム アーキテクチャを提供します。リファレンス仮想マシンは、代表的なお客
様の参照ワークロードを実行しています。その特性については、EMC ドキュメント「EMC
VSPEX Private Cloud:VMware vSphere 5.5 for up to 125 Virtual Machines」を
参照してください。
VPLEX/VE は、異機種混在ストレージ アレイにあるデータを連携させて、動的、分散、高
可用性データセンターを作り出します。VPLEX/VE では、IT のデリバリを柔軟、効率的、
信頼できる、復元力の高いサービスに変革できます。VPLEX/VE は、ホストのダウンタイ
ムを伴わずに、ストレージ アレイ間でデータを無停止で移動します。VPLEX/VE はデー
タを透過的に移動し、仮想ボリュームは同じ ID とホストへの同じアクセス ポイントを保持
します。ホストを再構成する必要はありません。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
9
仮想化環境では、VPLEX/VE は次のことを実現します。
•
モビリティ:アプリケーションとデータをキャンパス内、または地域内の異なるストレー
ジ設置間で移動できます。
•
可用性:優れたリカバリ性により、前述した多様なサイト間で高可用性ストレージ イン
フラストラクチャを構築できます。
4. モビリティ
EMC VPLEX/VE を使用すると、ストレージ アレイにあるデータを無停止で移動できます。
VMware vMotion 機能を使用すると、VPLEX/VE の仮想ボリュームを使用するアプリ
ケーション仮想マシンを 2 つのサイト間で移動できます。VPLEX/VE は、データセンター
の管理を簡略化し、データを移行またはテクノロジーを更新する際のシステム停止を排
除します。VPLEX/VE により、次のことが可能になります。
•
アプリケーションに仮想化ワークロード モビリティを提供する。
•
ロケーション間で 2 方向データ交換を使用して、データを移動し、テクノロジー更新タ
スクを実行する。
•
両方のサイトでリソースをアクティブに使用するためにアクティブ-アクティブ構成を作
成する。
•
データセンター間でデータに瞬時にアクセスできるようにする。
•
VPLEX/VE をサーバーの仮想化と組み合わせて、仮想マシンとそれに対応するアプ
リケーションおよびデータをダウンタイムなしで移動および再配置する。
•
サイト間、キャンパス内、データセンター間でリソースを再配置、共有、調整する。
•
移動中にデータをオンラインおよび利用可能にしたまま、離れた場所にあるサイト間
でデータを移動する。
•
VPLEX/VE サイトのストレージとコンピューター リソースを使用して、自動的にロード
バランシングを行う。
•
他のビジーなエクステントと共有している非常にビジーなストレージ ボリュームからエ
クステントを移動する。
•
ストレージ ボリュームのデフラグメンテーションを行い、連続した空き領域を作成する。
•
異なる種類のアレイ間でデータを移行する。
注:VPLEX/VE は、サイト間で同期レプリケーションを使用します。これらのサイトは最大
10 ms のレーテンシー(RTT)で分離できます。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
10
図 1:アプリケーションおよびモビリティの例
VPLEX/VE のモビリティ操作では、処理中のジョブが一時停止または停止しても、データ
の整合性に影響を及ぼすことはありません。データ移動により、ソースおよびターゲット
デバイスのミラーが作成され、ユーザーは実際のデータに影響を与えずにジョブをコミッ
トまたはキャンセルできます。すべてのモビリティ ジョブのレコードは、ユーザーが組織の
目的でリストをパージするまで保持されます。
5. 可用性
VPLEX/VE の AccessAnywhere 機能は、VPLEX/VE サイト間でキャッシュに一貫性
のあるアクティブ-アクティブ データ アクセスを実現します。VPLEX/VE の機能により、サ
イトの停止時に可能な限り最高のリカバリ性が実現します。データセンターで災害または
コンポーネントの障害が発生した場合にデータが保護されます。VPLEX/VE を使用する
と、アプリケーションはストレージ アレイとサイト コンポーネントの障害に耐えることがで
きます。VPLEX/VE コンポーネントは、サイト内の最大 2 台の vDirector のシーケンシ
ャルな障害によって停止しません。VPLEX/VE サイトまたはサイト間パーティションの障
害は、サイト バイアスで構成されているサイトがストレージ インフラストラクチャへのアク
セスを継続する限り許容されます。これは基本的に、ストレージ アレイが使用不可の場
合にシステムの別のストレージ アレイが I/O の処理を継続することを意味します。
6. ソリューションのアーキテクチャ
6.1 概要
EMC VNXe3200 ユニファイド ストレージ システムおよび EMC VPLEX/VE を搭載した、
この VMware vSphere プライベート クラウド向け VSPEX ソリューションは、最大 125
台の仮想マシンの 1 つの構成について妥当性検査が行われています。定義された構成
は、このカスタム ソリューションを作成するための基礎となります。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
11
VPLEX/VE は、VMware vSphere の仮想化機能を活用して、仮想化環境内のデータ
ストレージを連携させることができます。VPLEX/VE は、VMware ESXi を使用する仮想
サーバー環境でクラスター化されたファイル システムをサポートするオペレーティング シ
ステムやアプリケーションに対してストレージ フェデレーションを提供します。
VPLEX/VE の導入は、2 つのサイトで展開されます。各サイトには、最大 4 台の
VPLEX/VE ディレクター仮想マシンと 1 台のマネージメント サーバー仮想マシンで構成さ
れる vApp が含まれます。
各 vDirector は、ユニークな VMware ESXi ホストに導入する必要があります。
vManagement Server も VMware ESXi ホストにインストールする必要があります。
vManagement Server は、VMware ESXi ホストを vDirector と共有できます。両方
のサイトのすべての VMware ESXi ホストは、同じストレッチ VMware ESXi クラスター
のメンバーである必要があります。VPLEX/VE システムの各 vDirector は、VMware
ESXi ホストにホストされている仮想マシンに格納されます。
VPLEX/VE システムのすべての VMware ESXi ホストは、1 つの VMware ESXi クラ
スターに属する必要があります。VPLEX/VE は仮想化ソフトウェア アプリケーションです。
システムを実行する物理的コンポーネントは、基礎となる VMware インフラストラクチャ
によって提供されます。
VPLEX/VE システムのコンポーネント間の通信は、仮想ポートのセットを通じて行われま
す。これらのポートは、vDirector および vManagement Server の仮想ネットワーク
アダプターから作成されます。VPLEX/VE サイトの vDirector には、次のような仮想ポ
ートがあります。
•
接続先のアレイとの通信を促進するバックエンド IP SAN インターフェイス用の 2 個の
ポート。
•
I/O を開始するホストとの通信を促進するフロントエンド IP SAN インターフェイス用
の 2 個のポート。
•
同じサイト内の他の vDirector との通信を促進するサイト内インターフェイス用の 2
個のポート。
•
リモート サイト内の vDirector との通信を促進するサイト間インターフェイス用の 2
個のポート。
•
同じサイト内の vManagement Server との通信を促進する管理インターフェイス用
の 2 個のポート。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
12
VPLEX/VE サイトの vManagement Server には次のものがあります。
•
そのサイト内の vDirector との通信用の 2 個の仮想ポート。
•
他のサイトの vManagement Server との通信用の 1 個の仮想ポート。このポート
は、Web ブラウザーを通じたシステムの構成にも使用されます。
•
サービス コンソール アクセス用の 1 個の仮想ポート。
これらの仮想ポートは、仮想スイッチに接続されます。仮想スイッチは、環境の物理スイ
ッチに接続されます。物理スイッチは、VPLEX/VE システムのコンポーネント間でデータ
を伝送します。
冗長性により、VPLEX/VE システムの優れた高可用性が確保されます。システムの適切
な導入と構成により、単一障害点に対して回復力のある高可用性分散ストレージが実現
します。vDirector は、複数の vDirector が単一の VMware ESXi ホストにホストされ
ないように VMware ESXi ホストに配置されます。これにより、VMware ESXi ホストの
障害発生時に vDirector の可用性が確保されます。これは、VMware DRS 親和性ル
ールを使用して vDirector をホストに固定することで実現します。VPLEX/VE の高可用
性設計により、vSphere の高可用性機能が同じ vApp の vDirector をすでにホストし
ている VMware ESXi ホストに vDirector を移動しないことが保証されます。また、統合
されたさまざまな妥当性検査メカニズムにより、VPLEX/VE の高可用性機能を使用する
ための環境の物理的な互換性が検証されます。これらの統合された妥当性検査メカニズ
ムは、いくつかのヘルス チェック オプションを通じて使用できます。
VMware vMotion 機能により、アプリケーション仮想マシンとそのアプリケーションをス
トレッチ VMware ESXi クラスター内の別の VMware ESXi ホストにダウンタイムなしで
移動できます。適切に構成された VPLEX/VE システムは、これらの機能を活用して高可
用性を実現できます。
注:マネージメント サーバー仮想マシンの高可用性とアプリケーション仮想マシンのモビ
リティを確保するには、VPLEX/VE が導入される VMware ESXi ホスト間に vMotion
の互換性があることを確認します。VMware vSphere の EVC(Enhanced vMotion
Compatibility)機能を使用して、VMware ESXi ホスト間の vMotion の互換性を検証
します。VMware VMotion と CPU の互換性のドキュメントに、vMotion の互換性に関
する詳細情報が記載されています。
注:EMC オンライン サポートにある VPLEX/VE の EMC Simple Support Matrix に、
VPLEX/VE でサポートされるストレージ アレイに関する詳細情報が記載されています。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
13
注:VSPEX は、参照ワークロードの概念を使用して、仮想マシンを説明および定義しま
す。このため、既存の環境の物理サーバーまたは仮想サーバー1 台と、VSPEX ソリュー
ションの仮想マシン 1 台が等価であるとは限りません。適切なスケール ポイントで到着す
るリファレンスに換算して各自のワークロードを評価してください。適切なワークロード サ
イズ設定ガイドラインについては、プライベート クラウド実証済みインフラストラクチャのド
キュメントを参考にしてください。
6.2 ソリューションの構成
125 台のリファレンス仮想マシンの実行に使用されるソリューション アーキテクチャは、
EMC VNXe および VPLEX/VE を搭載した VMware vSphere 向けの VSPEX 125 VM
プライベート クラウドの要件を組み合わせます。VSPEX プライベート クラウド構成を次の
表にリストします。
表 1:ソリューション ハードウェア
コンポーネント
VMware vSphere
サーバー
構成
CPU
仮想マシンあたり 1 基の vCPU
物理コアあたり 4 基の vCPU
125 台の仮想マシンの場合:
• 125 基の vCPU
• 32 基の物理 CPU(最小)
メモリ
仮想マシンごとに 2 GB の RAM
サーバーごとに 2 GB の RAM を予約
125 台の仮想マシンの場合:
• 250 GB の RAM(最小)
• サーバーごとに 2 GB 追加
ネットワーク
サーバーあたり 2 個の 10 GbE NIC
サーバーごとに 2 HBA
注:VMware vSphere HA(High-Availability)の機能を実装し
て、記載された最小要件を満たすためには、最小要件の台数以外
にサーバーを少なくとも 1 台インフラストラクチャに追加します。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
14
コンポーネント
ネットワーク
インフラストラクチャ
構成
最小のスイッチ容量
2 台の物理スイッチ
VMware vSphere サーバーごとに
2 個の 10 GbE ポート
ストレージ プロセッサあたり 1 個の
管理用 1 GbE ポート
VMware vSphere サーバーごとに
2 個のポート(ストレージ ネットワー
ク用)
SP ごとに 2 個のポート(ストレー
ジ データ用)
EMC VNXe シリーズ
ストレージ アレイ
•
2 台の EMC VNXe3200
•
ストレージ プロセッサあたり 2 個の
10 GbE インターフェイス(iSCSI)
•
管理用ストレージ プロセッサあたり
1 個の 1 GbE インターフェイス
•
VNXe OE 用のシステム ディスク
125 台の仮想マシンの場合:
共有インフラス
トラクチャ
•
40 台の 600 GB 10k rpm
2.5 インチ SAS ドライブ
•
2 台の 600 GB 10k rpm
2.5 インチ SAS ドライブ(ホット
スペア用)
ほとんどの場合、お客様の環境にはすでに Active Directory、
DNS などのインフラストラクチャ サービスが構成されています。こ
れらのサービスのセットアップは、このドキュメントでは扱いません。
表 2 に、このソリューションで使用されるソフトウェアを示します。
表 2: ソリューション ソフトウェア
ソフトウェア
構成
VMware vSphere 5.5
vSphere サーバー
最小:Enterprise Edition
推奨:Enterprise Plus Edition
vCenter Server
Standard Edition
vCenter Server のオペレー
ティング システム
Windows Server 2012 R2 Standard Edition
注:vCenter 用にサポートされている任意のオペレー
ティング システムを使用できます。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
15
ソフトウェア
構成
Microsoft SQL Server
バージョン 2012 R2 Standard Edition
注:vCenter 用にサポートされている任意のデータ
ベースを使用できます。
EMC VNXe
VNXe OE
3.0
EMC VPLEX/VE
VPLEX/VE
VPLEX/VE-2.1
このソリューションは、「EMC VSPEX Private Cloud:VMware vSphere 5.5 for up
to 125 Virtual Machines」に記載されているプライベート クラウド ソリューションに基
づいています。VPLEX/VE の追加の要件を次にリストします。
VMware サーバー:
•
サイトあたり最低 4 台のサーバー。
•
VPLEX/VE には、各サーバー上で vDirector および vManagement Server の運
用をサポートするために 6 個の仮想 CPU コアと 16 GB の仮想メモリが必要。
ストレージ:
•
VPLEX/VE 仮想マシンをホストするためにサイトあたり 4 個のデータストア
o 240 GB の空き容量がある 1 個のデータストア。
•
o 40 GB の空き容量がある 3 個のデータストア。
サイトあたり 1 個の iSCSI ストレージ アレイ。
詳細については、「EMC VPLEX/VE for VMware vSphere Product Guide」を参照
してください。
7. VPLEX/VE の主要コンポーネント
この項では、次のような EMC VPLEX/VE ソリューションのコンポーネントを紹介します。
•
VMware vSphere 向け VPLEX/VE Management Extension
•
VPLEX/VE Configuration Manager Web アプリケーション
7.1 VMware vSphere 向け VPLEX/VE Management Extension
vSphere 向け VPLEX/VE Management Extension は、毎日の管理操作用に
vSphere 環 境 と の シ ー ム レ ス な 統 合 を 提 供 し ま す 。 VPLEX/VE Management
Extension は、vSphere バージョン 5.1 以上で使用可能です。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
16
VPLEX/VE 管理ソリューションのアイコンは、vSphere Web クライアント ホーム ページ
の[Administration]セクションにあります。ここから、システムの稼働状態の監視、診
断の収集、認証情報の管理を行うことができます。VPLEX/VE のバッキング ストレージ
アレイを追加および削除できます。システム ソフトウェアを新しいバージョンにアップグレ
ードすることもできます。
図 2:VPLEX/VE Manager ソリューションのアイコン
VPLEX/VE vCenter Inventory モジュールでは、VPLEX/VE 分散仮想ボリュームを
基盤とした分散データストアを作成および管理できます。VPLEX/VE アクションは、
vSphere の[Actions]メニューに統合されています。ここから、ガイド付きウィザードを
使用して新しい分散データストアを作成できます。データストア容量を管理し、バッキング
ストレージをアプリケーション ダウンタイムなしで新しいアレイに移行できます。vCenter
インベントリから、分散データストアの基盤となる分散デバイスと、各サイトのストレージ
アレイ上の 2 台の物理バッキング デバイスを確認します。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
17
図 3:VPLEX/VE vCenter の[Inventory Action]メニュー
vCenter Server モジュールには、イベントおよびアラーム管理のある自動化されたヘ
ルス チェックが含まれます。自動化されたヘルス チェックは、システムが HT(高可用性)
に対して構成され、正しく動作していることを確認します。VPLEX/VE HA 機能により、ア
プリケーションが管理制御パスとデータ I/O パスの冗長性を通じてデータに最適にアクセ
スできることが保証されます。VPLEX/VE システムまたはそれを取り囲む vSphere イン
フラストラクチャにエラーが検出された場合は、vCenter イベントが生成されます。これら
のイベントおよび関連づけられたアラームは、vSphere クライアントに表示されます。
7.2 VPLEX/VE Configuration Manager Web アプリケーション
VPLEX/VE Configuration Manager は、VPLEX/VE システムの構成に使用される
Web アプリケーションです。セットアップ ウィザードは、システムの初期構成設定をガイド
します。VPLEX/VE を vCenter サーバー、vSphere クラスター、仮想ネットワーク、スト
レージ アレイに構成します。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
18
図 4:VPLEX/VE Configuration Manager
7.3 vSphere 導入の概念
VPLEX/VE は、単一の vSphere ストレッチ クラスターに導入される仮想アプリケーショ
ンです。各サイトに 1 つの VPLEX/VE vApp(仮想アプリケーション)が導入されます。サ
イト レベルの冗長性は高可用性アーキテクチャの最初の側面です。単一サイトの障害は、
システム停止の原因になりません。
VPLEX/VE vApp には、複数の仮想マシンが含まれます。vApp には、5 台の仮想マシ
ンが含まれます。
•
4 台の仮想ディレクターまたは vDirector。
•
1 台の管理コンソールまたは vManagement Server。
初期 OVF(オープン仮想化形式)導入により、各サイトの 1 台の VMware ESXi ホスト
に 1 つの VPLEX/VE vApp が配置されます。各サイトで、すべての仮想マシンは単一の
ホストに導入され、関連する VMFS ファイルは単一のデータストアに格納されます。これ
らは「導入ホスト」および「導入データストア」と呼ばれます。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
19
図 5:VPLEX/VE 初期 OVF 導入。サイトあたり 1 台のホスト
初期導入後に、セットアップ ウィザードを実行して、システムを構成します。VPLEX/VE
vDirector は、各サイトで 4 つの異なるデータストアを使用している異なる 4 台の
VMware ESXi ホストに分散されます。vManagement Server は、VMware ESXi ホ
ストを vDirector と共有できます。
この構成は高可用性アーキテクチャの 2 つ目の側面を提供します。単一サーバーの障
害は、システム停止の原因になりません。VPLEX/VE は、サイトあたり 1 台の正常な
vDirector、および両方のサイトで 1 台の正常な vManagement Server を使用して、
データ アクセスの提供を継続できます。
図 6:サイトあたり 4 台のホストへの VPLEX/VE 初期 OVF 導入
VMware vMotion は、構成プロセス中に vDirector 仮想マシンを移動するために使用
されます。プロセスでは、仮想マシンを特定のホストに制約する DRS 親和性ルールが作
成されます。構成の完了後は、VPLEX/VE vDirector の自動化された vMotion は許可
されません。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
20
注:VMware vSphere の EVC(Enhanced vMotion Compatibility)機能を使用して、
VMware ESXi ホスト間の vMotion の互換性を検証します。VMware VMotion と CPU
の互換性のドキュメントに、vMotion の互換性に関する詳細情報が記載されています。
7.4 VPLEX/VE ストレージの概念
従来、ストレッチ クラスター内の VMware ESXi ホストは同じ物理サイト内の物理ストレ
ージのストレージ デバイスを使用できます。1 つのサイトの VMware ESXi ホストおよび
仮想マシンは、他のサイトのストレージまたはデータストアを使用できません。サイト間で
仮想マシンの vMotion を行った場合、VMFS ファイルを含むデータストアは 2 つ目のサ
イトの VMware ESXi ホストで使用できません。これにより、vMotion を使用して仮想マ
シンを移動する前にサイト間でデータを移動するために、ストレージ vMotion が必要に
なります。
VPLEX/VE は、両方のサイトにバッキング デバイスがある分散仮想ボリュームを作成し
ます。VPLEX/VE 分散キャッシュの一貫性機能により、データが同一で、両方のサイトの
アクティブ-アクティブ構成で使用可能であることが保証されます。
VPLEX/VE により、分散仮想ボリュームを基盤とする vSphere 分散データストアの作成
が有効化されます。これらの分散データストアは、vSphere クラスター内の両方のサイト
の VMware ESXi ホストで使用できます。分散データストアでプロビジョニングされた仮
想マシンは、基盤となる物理ストレージから制限事項なしでサイト間で vMotion を実行で
きます。
次の図に、物理ストレージから仮想ストレージへのデータ パスを示します。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
21
図 7:VPLEX/VE ストレージ仮想化レイヤー
推奨されるストレージ構成は、サイトあたり 2 個の iSCSI ストレージ アレイです。これは、
単一障害点を回避するために VPLEX/VE に推奨されます。これは、ストレージ操作に最
適な冗長性およびリカバリ性を提供します。サポートされる最小構成は、サイトあたり 1
個の iSCSI アレイです。この構成は、高可用性アーキテクチャに 4 つ目の側面を提供し
ます。単一アレイの障害は、アプリケーションでのデータの可用性に影響しません。
VPLEX/VE は、残存しているストレージ アレイから I/O 動作を継続できます。
7.5 VPLEX/VE ネットワークの概念
VPLEX/VE 分散キャッシュの一貫性には、サイト内の vDirector 間、サイトをまたがる
vDirector 間、vDirector とストレージ アレイ間、vDirector と vSphere 管理クライアン
ト間に高度な通信が必要です。
次のネットワークの概念を理解することが重要です。
•
フロントエンド IP SAN(VMware ESXi 向けネットワーク)は、vDirector から
VMware ESXi ホストに分散仮想ストレージを提示する IP ネットワークである。分散
仮想ストレージは、実証済み vSphere 分散データストアのプロビジョニングに使用さ
れます。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
22
•
バックエンド IP SAN(アレイ向けネットワーク)は、iSCSI ストレージ アレイから
vDirector に物理ストレージを接続する IP ネットワークである。vDirector は、アレイ
の物理ストレージを使用し、分散仮想ボリュームを生成します。
•
ローカル COM ネットワーク(サイト内ネットワーク)は、1 つのサイト内の VPLEX/VE
仮想マシンを接続するプライベート IP ネットワークである。高可用性を実現するため
に、各サイトにこのようなネットワークが 2 つあります。これはプライベート ネットワー
クです。このネットワークの仮想スイッチは導入時に選択されますが、IP アドレスは静
的で、インストーラーで制御できません。
•
WAN COM(サイト間ネットワーク)は、サイト間で vDirector を接続するネットワーク
である。ベスト プラクティスとして、これはプライベート ネットワークである必要がありま
す。高可用性を実現するために、各サイトにこのようなネットワークが 2 つあります。
•
サイト間管理ネットワーク(上の図にはない)は、サイトをまたがるマネージメント サー
バー間の VPN(仮想プライベート ネットワーク)トンネルである。高可用性を実現する
ために、サイト間にこのようなネットワークが 2 つあります。VPN の手動構成はありま
せん。構成フェーズ中にセットアップ ウィザードによって自動的に構成されます。
仮想アプリケーションとして、VPLEX/VE には vSphere 仮想ネットワーク インフラストラク
チャと物理ネットワーク インフラストラクチャに対する依存関係があります。少なくとも、
VPLEX/VE には 6 台の vDS(仮想分散スイッチ)と 6 台の物理スイッチが必要です。これ
らは環境で新規に構成されたスイッチにするか、既存のスイッチにすることができます。
次の図は、最小限の仮想ネットワーク構成の例を示しています。
図 8:VPLEX/VE サンプル ネットワーク構成
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
23
最小の 6 台の仮想スイッチ構成は次のとおりです。
•
vDS1 と vDS2 はサイト 1 とサイト 2 の WAN COM トラフィックに使用される。これら
のスイッチは、両方のサイトの VPLEX/VE コンポーネントを実行しているすべての
VMware ESXi ホストから vNIC に接続されている必要があります。
•
vDS3 と vDS4 はサイト 1 のフロントエンド SAN(VMware ESXi コンシューマー向
け)、バックエンド SAN(アレイ向け)、ローカル COM(VPLEX/VE サイト間)に使用さ
れる。これらのスイッチは、サイトに属するすべての VMware ESXi ホストから vNIC
に接続されている必要があります。
•
VDS 6 と vDS7(図にはない)は、vDS3 および vDS4 と同じ構成のサイト 2 に使用
される。
•
vSS1 は、VMkernel トラフィック用の標準スイッチであり、環境にすでに存在する。
各接続タイプには、冗長性と高可用性のために 2 つのパスが必要です。図には、サイト内
の通信用の 2 つの接続(青と緑のボックス)およびサイト間または WAN COM 用の 2 つ
の接続(黄色と紫)があります。この冗長性により、VPLEX/VE 高可用性の 3 つ目の重要
な側面が提供されます。単一通信パスの障害は、システム停止の原因になりません。
各 VPLEX/VE vDirector ネットワーク接続には、IP ネットワーク上にアドレスが必要です。
各 VPLEX/VE vDirector について、次のような 8 個の IP アドレスが必要です。
•
2 個のフロントエンド IP SAN(VMware ESXi 向け)ポート。
•
2 個のバックエンド IP SAN(アレイ向け)ポート。
•
2 個の VPLEX/VE ローカル COM(サイト内)ポート。
•
2 個の WAN COM(サイト間)ポート。
•
サイトごとに、Web ブラウザーからの管理通信用に IP アドレスが割り当てられる。
•
サイトあたり 1 個のマネージメント サーバーIP アドレス。
•
フロントエンド、バックエンド、WAN COM トラフィック用に異なるサブネットが必要。
•
必要に応じてネットワーク トラフィックを分離するために追加アダプターと vDS を追加
できる。
•
マルチキャスト トラフィック サポートが外部スイッチと VLAN で有効になっているこ
とを確認する。
•
適切な VLAN タグを持つ既存の vDS を使用できる。
8. システム要件
この項では、VPLEX/VE の構成と使用の前提条件について説明します。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
24
8.1 VMware vSphere 5 の要件
•
vSphere ESXi v5.0、v5.1、v5.5 以降、Enterprise エディション(Enterprise
Plus エディションを推奨)。
•
vCenter Server v5.1(アップデート 1a 以降)、v5.5 以降。
•
vSphere HA(High Availability)が有効。
•
vSphere VMFS-5。
•
vSphere DRS(Distributed Resource Scheduler)が有効。
•
vSphere Update Manager が有効。
•
vSphere vMotion が有効。
•
該当するリリースの HCL で指定された仮想マシン x64 または x86 OS リリース。
注:VMware ESXi 以外の物理サーバーはサポートされません。
8.2 Web インターフェイスのサポート
Adobe Flash Player プラグ イン バージョン 10 以降を使用した次のいずれかの Web
ブラウザー。
•
Internet Explorer バージョン 10 以降。
•
Firefox 24 以降。
•
Chrome 30.0.1599.101 以降。
8.3 ネットワークの条件
物理ネットワーク要件:
•
EMC は 10 GbE NICS 以上の使用を推奨。
•
1 GbE NIC の使用は IOPS レート低下の原因となることがある。
新しい IP ネットワークの要件:
•
50 個の新しい IP アドレス - 2 サイト x 25(1(管理)+ 8(FE)+ 8(BE)+ 8(WAN))。
•
12 個のサブネット マスク - 2 サイト x 6(2(FE)+ 2(BE)+ 2(WAN))。
8.4 ストレージ要件
VPLEX/VE 高可用性機能は、冗長ストレージ アレイなどの冗長性に基づきます。推奨さ
れる構成は、サイトあたり 2 個の iSCSI ストレージ アレイです。これにより、メタ ボリュー
ム、バックアップ メタ ボリューム、ログ ボリュームを異なるアレイにミラーリングして、エラ
ー リカバリ状況でのデータ消失のリスクを低減できます。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
25
少なくとも、VPLEX/VE にはサイトあたり 1 個の iSCSI アレイが必要です。これにより、
VPLEX/VE 分散データストアは単一アレイ障害発生時にも使用可能なことが保証され
ます。
•
推奨ベスト プラクティス:
o サイトあたり 2 個の iSCSI ストレージ アレイ。
•
o アレイあたり 4 つの iSCSI 接続。ストレージ プロセッサごとに 2 つ。
最小要件:
o サイトあたり 1 個の iSCSI ストレージ アレイ。
o アレイあたり 4 つの iSCSI 接続。ストレージ プロセッサごとに 2 つ。
現在のリリースでは、EMC VNXe3200 ユニファイド ストレージ システムがサポートされま
す。サポートされるストレージ アレイ タイプの詳細については、support.emc.com にある
VPLEX の EMC Simple Support Matrix を参照してください。
9. 事前導入プランニング
この項では、導入前に必要なプランニングと準備について説明します。
この項の作業を行う際には、「EMC VPLEX/VE Configuration Worksheet」を参考に
してください。ワークシートは Microsoft Word 形式で提供されており、
http://support.emc.com にあります。コピーを保存し、ファイルに構成設定を直接入
力できます。コピーを印刷し、設定を用紙に記入することもできます。どちらの場合も、ワ
ークシートはプランニング タスクを順番に実行する際に環境の詳細を収集できるように提
供されています。
次のステップを完了したら、ワークシートに詳細を収集します。導入および構成タスクを開
始する際には、ワークシートを再び参考にしてプロセスを単純かつ簡単にしてください。
9.1 vSphere ストレッチ クラスターの要件
この情報は、OVF 導入およびセットアップ ウィザードに必要です。
•
VPLEX/VE システムは、サイトあたり最低 4 台の VMware ESXi ホストがある単一
の vSphere ストレッチ クラスターに導入される。
•
最大 3 つの VPLEX/VE システムを vCenter Server に導入できる。
•
最大 3 つの VPLEX/VE システムを単一の vSphere ストレッチ クラスターに導入で
きる。
注:VPLEX/VE 構成では、運用は同期的であり、vSphere ストレッチ クラスター内の 2
つのサイトを最大 10 ms の RTT(往復時間)レーテンシーで分離できます。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
26
9.2 VMware ESXi ホストの最小要件
vSphere ストレッチ クラスターには、vDirector 仮想マシンを実行するために最低 8 台
の VMware ESXi ホスト(サイトあたり最低 4 台の VMware ESXi ホスト)が含まれてい
る必要があります。OVF 導入では、次の選択肢があります。
•
クラスターにデプロイ。vSphere は、vApp を配置する VMware ESXi ホストを選択
します。
•
特定の VMware ESXi ホストにデプロイ。ワークシートに VMware ESXi ホストをメ
モしてください。
•
セットアップ ウィザードの場合:
o サ イ ト あ たり 4 台 の VMware ESXi ホ ス ト を 選択 す る 。 それ ぞ れ に 、
vDirector および vManagement Server を実行するために 6 個の仮想
CPU コアと 16 GB の仮想メモリで構成された追加の VM をホストするための
十分な使用可能リソースが必要です。
o クラスターの残りの VMware ESXi ホストについては、サイト 1 またはサイト 2
に割り当てる。
o VMware ESXi ホストのみを VPLEX/VE に構成できる。VMware ESXi 以外
のホストは無視されます。
注:VPLEX/VE 導入に使用される VMware ESXi ホストをフェイルオーバー ホストとして
構成する VMware HA アドミッション コントロール ポリシーは設定しないでください。この
アドミッション コントロール ポリシーは、VMware ESXi ホストが VPLEX/VE システムに
参加しないよう制限します。
9.3 データストアの最小要件
VPLEX/VE 仮想マシンには、VMFS ファイル用に従来のデータストア上のストレージが
必要です。サイトあたり 4 個、合計 8 個のデータストアが必要です。OVF 導入では、導入
データストアを次のように構成します。
•
少なくとも 240 GB の空き容量があるサイトあたり 1 個のデータストア。
セットアップ ウィザードの場合は、vDirector データストアを構成します。
•
少なくとも 40 GB の空き容量があるサイトあたり 3 個のデータストア。
サイト内で、4 個のデータストアすべてが、そのサイト上で vDirector を実行している 4 台
の VMware ESXi ホストから参照可能である必要があります。リソース プールはオプ
ションです。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
27
9.4 導入のネットワーク要件
OVF 導入では、vApp を導入するために LAN および WAN リソースを使用します。次の
選択が必要です。
•
VPLEX/VE ローカル COM ネットワークを選択。
•
お客様のサイト間ネットワークを選択。
OVF 導入では、両方のサイトに vManagement Server が作成され、LAN 上に管理 IP
接続が作成されます。各サイトの vManagement Server について:
•
新しい IP アドレスを割り当てる。
•
サブネット マスクを割り当てる。
•
デフォルト ゲートウェイを割り当てる。
9.5 ネットワークと仮想スイッチの要件
この項では、vDS(vNetwork Distributed Switch)を使用したセットアップ ウィザード
のパート 1 のネットワーク構成について説明します。6 台の vDS(最小)を構成します。
•
サイト 1 の共有フロントエンド、バックエンド、ローカル COM 用の 2 台の vDS。
•
これらはサイト 1 のすべての VMware ESXi ホストに接続する必要がある。
•
サイト 2 の共有フロントエンド、バックエンド、ローカル COM 用の 2 台の VDS。
•
これらはサイト 2 のすべての VMware ESXi ホストに接続する必要がある。
•
両方のサイトのすべての VMware ESXi ホストに接続された WAN COM 用の 2 台
の vDS。
•
VLAN は、仮想 LAN 上でネットワーク トラフィックを分離するために使用できる。
•
VLAN ID は、単一 VPLEX/VE 導入ではオプションである。
16 個の VLAN を構成します(オプション)。
•
サイト 1 の FE、BE、ローカル、WAN トラフィック用にそれぞれ 2 個の VLAN ID。
•
サイト 2 の FE、BE、ローカル、WAN トラフィック用にそれぞれ 2 個の VLAN ID。
注:単一の vCenter Server に複数の VPLEX/VE システムを導入する場合、システム
間のクロス通信を回避するために VLAN ID が必須になります。
COM タイプと接続ごとに異なるサブネットが必要です。各サイトについて、COM タイプあ
たり 2 個のサブネットを割り当てます。
•
フロントエンド IP SAN(VMware ESXi 向け)サブネット用に 2 個。
•
バックエンド IP SAN(アレイ向け)サブネット用に 2 個。
•
WAN COM(サイト間)サブネット用に 2 個。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
28
各 COM タイプには、IP ネットワーク上に 2 個の接続が必要です。各サイトで、4 台の
vDirector に 8 個の IP アドレスを割り当てます。
•
フロントエンド IP ポート用に 2 個。
•
バックエンド IP ポート用に 2 個。
•
WAN COM(サイト間)ポート用に 2 個。
これは合計 48 個の IP アドレスになります:2 サイト x 4 vDirector x 6 IP。
注:
•
フロントエンド、バックエンド、WAN COM トラフィック用に異なるサブネットが必要。
•
必要に応じてネットワーク トラフィックを分離するために追加アダプターと vDS を追加
できる。
•
マルチキャスト トラフィック サポートが外部スイッチと VLAN で有効になっているこ
とを確認する。
•
適切な VLAN タグを持つ既存の vDS を使用できる。
•
ネットワーク プランニングの詳細については、前の章のネットワークの概念の項を参
考にする。
vSphere Distributed Switch の作成の詳細については、kb.vmware.com にある
ナレッジベースの記事 1010555 を参照してください。
vDirector のデフォルト名に関する注意:内部的に、vDirector はペアで管理されます。
このため、デフォルト名ではペア表記が使用されます。vSphere クライアント内の
vDirector 仮想マシン名は変更できますが、内部名は変更されません。一部のイベント
には、内部名を使用した参照が含まれています。
次の表 3 に、デフォルトの vDirector 命名規則を示します。
表 3:vDirector の命名規則
デフォルト名
サイト
vDirector-1-1-A
vDirector-1-1-B
vDirector-1-2-A
vDirector-1-2-B
vDirector-2-1-A
vDirector-2-1-B
vDirector-2-2-A
vDirector-2-2-B
サイト 1
ペア番号
1
2
サイト 2
1
2
ペア メンバー
A
B
A
B
A
B
A
B
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
29
9.6 ストレージ デバイスの要件
VPLEX/VE では、メタ ボリューム、バックアップ、ログ操作に SAN ストレージを使用しま
す。メタ ボリュームとバックアップ メタ ボリュームは、システム リカバリに不可欠です。ス
トレージのプロビジョニングの推奨は次のとおりです。
•
サイトあたり 4~20 GB の LUN(注:1 GB は 1024 MB)。
•
2 個以上のバックエンド アレイでメタ ボリュームをミラーリングして、データ消失の可
能性を排除。
•
メタ ボリュームの物理スピンドルは、アプリケーション ワークロードから分離する必要
がある。
•
リード キャッシュを有効化する必要がある。
•
CLARiX アレイの場合、メタ ボリュームはヴォールト ドライブに配置してはならない。
•
メタ ボリューム バックアップのスケジュールを作成できる。
ログ ボリュームは、サイト間リンク障害からのリカバリに重要です。ストレージのプロビジ
ョニングの推奨は次のとおりです。
•
サイトあたり 2~20 GB の LUN(注:1 GB は 1024 MB)。
•
ログ ボリュームを複数のディスクにストライプ化して、リンク停止中とリンク停止後に
発生する高レベルの I/O に対応する。
•
ログ ボリュームはリンクが復元された後にリカバリに重要であるため、2 つ以上の
バックエンド アレイにミラーリングする。
注:iSCSI ストレージ プロビジョニングの詳細については、EMC オンライン サポート サイ
ト(https://support.emc.com)を参照してください。
9.7 セキュリティ証明書の要件
セキュリティ証明書により、VPLEX/VE システム内のリソースへの承認されたアクセスが
保証されます。これらは自己署名証明書です。
•
パスフレーズには、最低 8 文字の英数字が必要。
•
両方のサイトの認証局には、1~5 年の有効期間がある。
•
VPLEX/VE サイトのホスト証明書は、1~2 年で満了する。
•
両方のサイトに同じ値を使用することを推奨。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
30
9.8 WAN COM(サイト間)ネットワークの要件
WAN COM 構成に関する注意:
•
ブリッジ(L2)ネットワークと経路選択型(L3)ネットワークの両方がサポートされる。
ブリッジ ネットワークではほとんどの場合にデフォルト値が機能します。
•
フロントエンド、バックエンド、WAN COM(サイト間)ネットワークには異なるサブネット
が必要。
•
接続 1 と 2 は、固定 IP アドレスを持つ異なるサブネットである必要がある。
•
MTU サイズはサイト 1 とサイト 2 で同じである必要がある。
•
WAN COM ポートはトランキングをサポートしない。
•
VLAN はオプション。VLAN を使用する場合は、接続 1 のすべてのポートが 1 つの
VLAN に割り当てられ、接続 2 のすべてのポートが別の VLAN に割り当てられてい
ることを確認します。
•
複数のシステムが単一の vCenter に導入されている場合に VPLEX/VE システム間
のクロス通信を回避するために VLAN ID が必要。
10. VPLEX/VE 事前構成ワークシート
10.1
概要
VPLEX/VE の導入前のデータ収集は、次に示すアイテムで構成されます。最初のステッ
プは、適切なすべてのサイト データの収集および構成ワークシートへの記入です。これら
のワークシートは、VPLEX/VE Procedure Generator の[Installation and
Configuration]セクションにあります。
情報収集には、各クラスターについて次の一部またはすべてが含まれます。
10.2
OVF の導入
VPLEX/VE OVA ファイルを導入するには、次の情報が必要になります。
表 4:VPLEX/VE 事前構成情報
vSphere 環境
フィールド名
vCenter Server 認証情報
IP アドレス
値
ユーザー
パスワード
VPLEX/VE OVA ファイルの場所
OVA ファイルの場所
vSphere ストレッチ クラスター
VPLEX/VE は以前に導入されて
いません。
クラスター名
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
31
サイト 1 の導入
フィールド名
VPLEX/VE vApp 名
vApp 名
vSphere クラスターまたは特定の
VMware ESXi ホストに導入
VMware ESXi ホスト
(オプション)
少なくとも 240 GB の空き容量の
データストアを導入
データストア
リソース プール
リソース プール
(オプション)
vDirector を再配置するための
ネットワーク。不明な場合はデフォ
ルトを使用します
VPLEX/VE Local
vManagementServer のカスタ
ム導入属性
IP アドレス
値
お客様の LAN
サブネット マスク
ゲートウェイ
サイト 2 の導入
フィールド名
VPLEX/VE vApp 名
vApp 名
vSphere クラスターまたは特定の
VMware ESXi ホストに導入
VMware ESXi ホスト
(オプション)
少なくとも 240 GB の空き容量の
データストアを導入
データストアの導入
リソース プール
リソース プール
(オプション)
vDirector を再配置するための
ネットワーク。
不明な場合はデフォルトを使用し
ます
VPLEX/VE Local
値
お客様の LAN
vManagementServer のカスタ
ム導入属性
IP アドレス
サブネット マスク
ゲートウェイ
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
32
10.3
セットアップ ウィザード - パート 1
表 5:セットアップ ウィザード - パート 1
セットアップ ウィザードを起動
フィールド
サイト 1 vManagement Server
IP アドレス
値
ユーザーID
service
パスワード
[email protected]
vCenter の認証情報
vCenter Server 認証情報
IP アドレス
ユーザー名
パスワード
サイト 2 vManagement Server IP
サイト 2 vManagementServer
10.4
IP アドレス
VMware ESXi ホスト
表 6:VMware ESXi ホスト
サイトへのホストの割り当て
サイト 1
サイト 2
サイト 1
サイト 2
サイト 1
サイト 2
導入クラスター内のすべての
VMware ESXi ホストを VPLEX/VE
サイトに割り当てる。
サイトあたり少なくとも 4 台が必要
です。
VMware ESXi 以外のサーバーは
サポートされていません。
VMware ESXi ホストへの
vDirector の割り当て
各 vDirector には少なくとも 6 個の
仮想 CPU コアと 16 GB の仮想メモリ
が必要
データストアを選択
サイト内で vDirector を実行している
4 台の VMware ESXi ホストによって
共有される 40 GB の空き容量(最
小)を持つ 3 つのデータストアを選択
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
33
10.5
ネットワーク構成 - 仮想スイッチとポート
次のケースですべての VMware ESXi ホストのスイッチ名が同じ場合は、次の表を使用
します。
•
vDS(vSphere Distributed Switch)が使用されている。
•
vSS(vSphere Standard Switch)が使用されている。
表 7:ネットワーク構成
サイト 1 の仮想スイッチ接続
VPLEX/VE ローカル
COM (サイト内)
スイッチ名
WAN COM(サイト間)
スイッチ名
接続 1
接続 2
接続 1
接続 2
接続 1
接続 2
VLAN ID
(オプション)
VLAN ID
(オプション)
フロントエンド IP SAN
(VMware ESXi 向け)
スイッチ名
バックエンド IP SAN
(アレイ向け)
スイッチ名
サイト 2 の仮想スイッチ接続
VPLEX/VE ローカル
COM (サイト内)
スイッチ名
WAN COM(サイト間)
スイッチ名
VLAN ID
(オプション)
VLAN ID
(オプション)
フロントエンド IP SAN
(VMware ESXi 向け)
スイッチ名
バックエンド IP SAN
(アレイ向け)
スイッチ名
サイト 1 のフロントエンド IP 構成
フロントエンド IP ポート
(VMware ESXi 向け)
フロントエンド、バック
エンド、WAN COM
(サイト間)には異なる
サブネットを使用する。
接続 1 と 2 は異なる
サブネットである必要が
ある。
サブネット マスク
VLAN ID
(オプション)
vDirector-1-1-A
vDirector-1-1-B
vDirector-1-2-A
vDirector-1-2-B
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
34
サイト 2 のフロントエンド IP 構成
フロントエンド IP ポート
(VMware ESXi 向け)
フロントエンド、バック
エンド、WAN COM
(サイト間)には異なる
サブネットを使用する。
接続 1 と 2 は異なる
サブネットである必要が
ある。
10.6
接続 1
接続 2
接続 1
接続 2
VLAN ID
(オプション)
vDirector-2-1-A
vDirector-2-1-B
vDirector-2-2-A
vDirector-2-2-B
サブネット マスク
VLAN ID
(オプション)
vDirector-1-1-A
vDirector-1-1-B
vDirector-1-2-A
vDirector-1-2-B
サイト 2 のバックエンド IP 構成
バックエンド IP ポート
(アレイ向け)
フロントエンド、バック
エンド、WAN COM
(サイト間)には異なる
サブネットを使用する。
接続 1 と 2 は異なる
サブネットである必要が
ある。
接続 2
サブネット マスク
サイト 1 のバックエンド IP 構成
バックエンド IP ポート
(アレイ向け)
フロントエンド、バック
エンド、WAN COM
(サイト間)には異なる
サブネットを使用する。
接続 1 と 2 は異なる
サブネットである必要が
ある。
接続 1
サブネット マスク
VLAN ID
(オプション)
vDirector-2-1-A
vDirector-2-1-B
vDirector-2-2-A
vDirector-2-2-B
セキュリティ証明書
各パスフレーズは、8 文字以上の英数字にする必要があります。
表 8:セキュリティ証明書
サイト 1 のセキュリティ証明書
両方のサイトの認証局
有効期限は 1~5 年
Passphrase
サイト 1 のホスト証明書
有効期限は 1~2 年
Passphrase
有効期限
有効期限
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
35
サイト 2 のセキュリティ証明書
サイト 2 のホスト証明書
(両方のサイトに同じ値を使用することを
推奨。)
10.7
Passphrase
有効期限
システム ボリュームの ID ストレージ アレイ
表 9:システム ボリュームの ID アレイ
サイト
ターゲット
ポート番号
サイト 1
1
IP アドレス
ポート
CHAP 証明書(オプション)
ユーザー名
Secret
2
3
4
サイト 2
1
2
3
4
10.8
セットアップ ウィザード - パート 2
サイト 1 のストレージ システム ボリュームを割り当てます。
表 10:システム ボリューム - サイト 1
サイト 1 のメタ ボリューム
アレイ名
ボリューム名
アレイ名
ボリューム名
少なくとも 20 GB のボリュームを 2 つ
選択
(1 GB = 1024 MB)
使用可能な場合はサイトあたり 2 個の
アレイを使用します。
サイト 1 のメタ ボリューム バックアップ
少なくとも 20 GB のボリュームを 2 つ
選択
使用可能な場合はサイトあたり 2 個の
アレイを使用します。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
36
サイト 1 のログ ボリューム
アレイ名
ボリューム名
アレイ名
ボリューム名
アレイ名
ボリューム名
アレイ名
ボリューム名
少なくとも 20 GB の RAID 1 ボリュー
ムを 2 つまたは少なくとも 20 GB の
RAID 0 ボリュームを 1 つ選択
使用可能な場合はサイトあたり 2 個の
アレイを使用します。
表 11:システム ボリューム - サイト 2
サイト 2 のメタ ボリューム
少なくとも 20 GB のボリュームを 2 つ
選択
使用可能な場合はサイトあたり 2 個の
アレイを使用します。
サイト 2 のメタ ボリューム バックアップ
少なくとも 20 GB のボリュームを 2 つ
選択
使用可能な場合はサイトあたり 2 個の
アレイを使用します。
サイト 2 のログ ボリューム
少なくとも 20 GB の RAID 1 ボリュー
ムを 2 つまたは少なくとも 20 GB の
RAID 0 ボリュームを 1 つ選択
使用可能な場合はサイトあたり 2 個の
アレイを使用します。
10.9
WAN COM(サイト間)ネットワーク構成
表 12:WAN COM ネットワーク構成
サイト 1 の WAN COM ネットワーク
ネットワーク タイプはブリッジまた
は経路選択型。
ブリッジ ネットワークではほとんど
の場合にデフォルト値が機能し
ます。
デフォルト値は(太字)で示されて
います。
ネットワーク タイプ
検出アドレス
(224.100.100.100)
検出ポート
(10000)
リスニング ポート
(11000)
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
37
サイト 1 のサブネット属性
WAN COM ではフロントエンドお
よびバックエンドのネットワークと
は異なるサブネットを使用する必
要がある。
接続 1 と 2 は異なるサブネットを
使用する必要があります。
ゲートウェイは経路選択型ネット
ワークにのみ使用されます。
接続 2
(1500)
(1500)
接続 1
接続 2
サブネット
プレフィックス
サブネット マスク
機器設置場所
MTU
ゲートウェイ
(オプション)
サイト 1 のサイト間 IP 接続
これらは vDirector 上の仮想ポ
ートへの接続である。
接続 1
vDirector-1-1-A
vDirector-1-1-B
vDirector-1-2-A
vDirector-1-2-B
サイト 2 の WAN COM ネットワーク
ネットワーク タイプはブリッジまた
は経路選択型。
ブリッジ ネットワークではほとん
どの場合にデフォルト値が機能し
ます。
デフォルト値は(太字)で示されて
います。
ネットワーク タイプ
検出アドレス
(224.100.100.100)
検出ポート
(10000)
リスニング ポート
(11000)
サイト 2 のサブネット属性
WAN COM ではフロントエンドお
よびバックエンドのネットワークと
は異なるサブネットを使用する必
要がある。
接続 1 と 2 は異なるサブネットを
使用する必要があります。
ゲートウェイは経路選択型ネット
ワークにのみ使用されます。
接続 2
(1500)
(1500)
接続 1
接続 2
サブネット
プレフィックス
サブネット マスク
機器設置場所
MTU
ゲートウェイ
(オプション)
サイト 2 のサイト間 IP 接続
これらは vDirector 上の仮想ポ
ートへの接続である。
接続 1
vDirector-2-1-A
vDirector-2-1-B
vDirector-2-2-A
vDirector-2-2-B
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
38
10.10
Cluster Witness の構成情報
VPLEX/VE では、Cluster Witness 機能を通じて実装される VPLEX Witness 機能が
サポートされます。
表 13:VPLEX Witness コンポーネント
情報
追加の説明
値
Cluster Witness
サーバーVM が導入
されている VMware
ESXi サーバーにログ
インするためのアカ
ウントとパスワード
このパスワードにより、Cluster Witness
サーバーVM にログインできる。
Cluster Witness
証明書のホスト証明
書パスフレーズ
Cluster Witness で
は、管理 IP ネットワー
クをクラスター間ネット
ワークから分離する
必要がある
8 文字以上である必要が
ある(スペースを含む)。
Cluster Witness サーバー ゲスト VM
が導入されている VMware ESXi サー
バーのクラス C サブネット マスク
Cluster Witness サーバー ゲスト VM
が導入されている VMware ESXi サー
バーの IP アドレス
Cluster Witness サーバー ゲスト VM
クラス C サブネット マスク
Cluster Witness サーバー ゲスト VM
IP アドレス
クラスター1 のマネージメント サーバー
のパブリック IP アドレス
クラスター2 のマネージメント サーバー
のパブリック IP アドレス
Cluster Witness
機能では、管理ネット
ワーク上に構成され
ているファイアウォー
ルでこれらのプロトコ
ルを有効化する必要
がある
Cluster Witness サーバーとマネージ
メント サーバー間のファイアウォールで
は、次のプロトコルとポートごとにトラ
フィックを許可する必要がある。
IKE UDP ポート 500
ESP IP プロトコル番号
50
IP プロトコル番号 51
IKE の NAT Traversal
(IPsec NAT-T)UDP
ポート 4500
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
39
11. VPLEX/VE のインストールと構成
VPLEX/VE 導入プロセスは、次にリストする複数のタスクから構成されます。最初のタスク
は、前の項で収集したデータを使用して、VPLEX/VE を使用するように構成することです。
•
導入前プランニング - 導入用にvSphereクラスターを準備します。
•
両方のサイトにOVFテンプレートを導入 - vSphereクライアントでOVF導入ウィ
ザードを実行します。
•
各VPLEX/VEサイトをvSphere Clusterに構成 - セットアップ ウィザードWebア
プリケーションを実行して、VPLEX/VEサイトをvSphereクラスター、VMware
ESXiホスト、仮想ネットワークに構成します。
•
iSCSIストレージをVPLEX/VE vDirectorにプロビジョニングする。
•
VPLEX/VEシステムをストレージおよびWANに構成 - セットアップ ウィザードを
実行して、システム ボリューム、サイト間ネットワークを作成し、vSphere Webク
ライアントのVPLEX/VE Management Extensionをインストールします。
•
VMware ESXi設定の更新 - VPLEX/VE仮想ストレージを参照するように
VMware ESXiホストを構成し、VMware ESXiハードウェア予約設定をレビュー
します。
•
構成完了。
注:詳細なインストール手順については、「EMC VPLEX/VE for VMware vSphere
Product Guide」を使用してください。
11.1
VPLEX/VE vApp の導入
この項では、VPLEX/VE vApp を VMware ESXi クラスターに導入するために必要なタ
スクについて説明します。
1. 予備タスクを実行します。
2. サーバー、ストレージ、ネットワーク要件が満たされていることを確認します。
3. サイト 1 とサイト 2 に VPLEX/VE vApp を導入します。
•
vSphere Web クライアントを使用している vCenter Server から、OVF テンプレー
トの導入を選択する。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
40
•
VMware vSphere Web クライアントを使用して vCenter Server にログインする
に は 、 Web ブ ラ ウ ザ ー を 開 き 、 ア ド レ ス バ ー に 次 の よ う に 入 力 す る :
https://address:9443/vsphere-client。

address には次のいずれかを指定:
•
vSphere Web クライアント サーバー コンポーネントがインストールさ
れているホストの IP アドレス。
•
vSphere Web クライアント サーバー コンポーネントがインストールさ
れているホストの名前。
•
[Username]フィールドに、vCenter Server のユーザー名を入力する。
•
[Password]フィールドに、vCenter Server のパスワードを入力する。
•
ログインをクリックします。
•
[Home]スクリーンで、[Hosts and Clusters]をクリックする。
•
vApp をクラスターに導入するには、左のパネルから、VPLEX/VE を導入するクラス
ターを右クリックし、[Deploy OVF Template]を選択する(図 9)。
図 9:[Deploy OVF Template]オプション
4. [Select Source]スクリーンで、[Browse]をクリックしてローカル フォルダー上ま
たは DVD 内の VPLEX/VE OVA ファイルに移動します。フォルダー内のすべての
ファイルを表示することを選択してください。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
41
5. [vApp]を選択し、[Open]をクリックします(図 10)。
図 10:[Select Source]スクリーン
6. [Select Storage Nodes]スクリーンで[Next]をクリックします。
7. [ Review details ] ス ク リ ー ン で 、 製 品 の 名 前 と バ ー ジ ョ ン 、 ベ ン ダ ー ( EMC
Corporation)、サイズ、説明などの OVA テンプレートの詳細を確認します。OVF
パッケージに余分な構成オプションが含まれているという警告が表示された場合は、
[Accept extra configuration options]チェックボックスを選択します。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
42
8. [Accept EULAs]スクリーンで、EULA を読み、[Accept]をクリックします。
9. [Next]をクリックします。
図 11:ユーザー使用許諾契約書
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
43
10. [Select Name and Folder]スクリーンで以下を実行します。
•
[Name]フィールドに、導入する vApp の名前を入力する。名前は最大 80 文字を
含むことができ、インベントリ フォルダー内で一意である必要があります。vApp の
名前は、後の段階で導入を識別するのに役立ちます。VPLEX/VE vApp のサンプ
ル名は VPLEXVE_Instance_Site1 です。
•
[Select a folder or datacenter]で、データセンターをクリックして、vApp を配置
するフォルダーに移動する。
図 12:名前とフォルダーの選択
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
44
図 13:ホストとクラスターの選択
図 14:リソース プールの選択
11. [Select storage]スクリーンで、vApp のファイルを格納するデータストア(サイト 1 の
すべての VMware ESXi ホストから参照でき、容量が 240 GB)を選択します。
[select virtual disk format]ドロップダウンから、仮想ディスクの形式を選択します。
次のいずれかのオプションを選択します(選択は、VPLEX/VE のパフォーマンスに大
きなインパクトを与えません)。
•
Thick Provision Eager Zeroed - これは推奨される仮想ディスク形式です。
フォールト トレランスなどのクラスタリング機能をサポートするシック タイプの仮想
ディスクです。仮想ディスクに必要なスペースは作成時に割り当て済みです。フラット
形式とは対照的に、仮想ディスクの作成時に物理デバイス上の残存データはゼロに
初期化されません。このフォーマットでディスクを作成すると、他のタイプのディスクを
作成するよりはるかに長くかかります。eager-zeroed シック ディスクは、作成時に
すべてスペースが割り当て済みで、ゼロに初期化されています。これにより、ディス
クの作成にかかる時間が長くなりますが、各ブロックに最初に書き込むときにもパ
フォーマンスが最大になります。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
45
•
Thick Provision Lazy Zeroed - デフォルトのシック形式で仮想ディスクを作
成します。仮想ディスクが作成されると、仮想ディスクに必要な領域が割り当てられ
ます。物理デバイスの残りのデータは、作成中に消去されませんが、後で仮想マ
シンからの最初の書き込み時オン デマンドでゼロに初期化にされます。デフォルト
のシック仮想ディスク形式を使用すると、ゼロに初期化されたり、削除されたファイル
のリカバリやこの割り当て済みスペースに存在する古いデータのリストアの可能性
が排除されたりすることはありません。シック ディスクをシン ディスクに変換すること
はできません。
図 15:データストアの選択
図 16:ディスク形式の選択
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
46
12. [Setup Networks]スクリーンで以下の操作を実行します。
•
VPLEX/VE Private の[Destination]ドロップダウンから、デスティネーション ネッ
トワークを選択する。他の仮想マシンでまだ使用されていないネットワークが推奨さ
れます。または、お客様の LAN に対して選択するのと同じデスティネーション ネット
ワークを選択します。
•
お客様の LAN の[Destination]ドロップダウンから、インベントリ内の外部接続が
あるネットワークを選択する。このネットワークは、vManagement Server を通じた
VPLEX/VE システムの管理に使用されます。
図 17:ネットワークの選択
13. [Customize template]スクリーンで、vManagement Server の詳細を次のよう
に指定します。
•
Site - OVA テンプレートを導入する VPLEX/VE サイトを選択します。
•
Management IP Address - vManagement Server の IP アドレスを入力しま
す。この IP アドレスは、VPLEX/VE を構成するために vManagement Server へ
のアクセスに使用されます。
•
Netmask - vManagement Server のネットマスクを入力します。
•
Gateway IP Address - vManagement Server のゲートウェイ IP アドレスを入
力します。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
47
図 18:テンプレートのカスタマイズ
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
48
14. [Ready to Complete]スクリーンで、導入に対して指定した詳細をレビューします。
VPLEX/VE vManagement Server を含む仮想マシンの電源を入れるには、
[Power on after deployment]チェックボックスを選択します。
図 19:準備完了
15. [Finish]をクリックして導入プロセスを開始します。[deployment]ダイアログ ボッ
クスが表示され、vApp 導入のステータスが表示されます。ネットワークに応じて、導
入プロセスは 10 分以上かかることがあります。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
49
16. これらのステップを繰り返して、VPLEX/VE vApp を VPLEX/VE サイト 2 に導入し
ます。サイト 2 に vApp を導入したら、次のことを確認します。
•
サイト 2 に属するデータストアを選択する。
•
サイト 2 の vManagement Server の IP アドレスとその他のネットワーク詳細を入
力する。
図 20:vApp 導入完了
11.2
セットアップ ウィザードを使用した VPLEX/VE の構成
17. vManagement Server は電源オフになっているため、手動で電源を入れます。
VPLEX/VE 構成中は、すべての vDirector の電源をオフにする必要があります。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
50
18. VPLEX/VE のオンライン ヘルプには、セットアップ ウィザードを使用した VPLEX/VE
構成の詳細情報が記載されています。セットアップ ウィザードを開始する前に、構成
ワークシートに記入したことを確認します。ワークシートを参考にして、セットアップ
ウィザードに必要な詳細を入力できます。
図 21:完成した構成ワークシート
19. VPLEX/VE セットアップ ウィザードにアクセスするには:
•
Web ブラウザーを開く。
•
Web ブラウザーのアドレス バーで、次のように入力する:https://externalIP。

externalIP は、VPLEX/VE サイト 1 の vManagement Server の IP アド
レス。このアプリケーションについて発行されているセキュリティ証明書はな
いため、セキュリティ警告は無視できます。
注:VPLEX/VE を構成するには、IP アドレスを使用して VPLEX/VE サイト 1 の
vManagement Server にのみアクセスする必要があります。
20. VPLEX/VE Configuration Manager のログイン スクリーンで、次のように詳細を
入力します。
•
[User]フィールドに、サービスを入力する。
•
[Password]フィールドに、[email protected][default]と入力する。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
51
21. セットアップ ウィザードには 2 つのフェーズがあります。最初のフェーズの終了時に、
IQN をメモしてストレージ管理者に渡す必要があります。これは、セットアップ ウィ
ザードの第 2 フェーズを開始する前に行う必要があります。
図 22:フェーズ I の[Welcome]
22. VPLEX/VE を構成するには、vSphere クラスターを構成した vCenter Server ア
プリケーションにセットアップ ウィザードを接続する必要があります。
図 23:vCenter 認証情報の入力
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
52
23. VPLEX/VE サイト 2 を構成するには、サイト 2 の vManagementServer の IP ア
ドレスが必要です。
図 24:サイト 2 の vManagement サーバーの入力
24. VMware ESXi ホストを VPLEX/VE サイトに割り当てるには、VMware ESXi ホスト
(VPLEX/VE サイト内の 4 台のホスト)のリストが必要です。これらの VMware ESXi
ホストには、少なくとも 6 個の仮想 CPU コアと 18 GB の仮想メモリが必要です。
VMware ESXi 以外のホストを VPLEX/VE に構成することはできません。VMware
ESXi ホストを選択し、>>キーでサイトに割り当てます。
図 25:VMware ESXi クラスターのサーバーのリスト
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
53
図 26:VPLEX/VE サーバーのホストの選択
25. vDirector を VMware ESXi ホストに割り当てるには、VPLEX/VE サイトにすでに
割り当てたホストのリストが必要です。
図 27:ホストへの vDirector の割り当て
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
54
26. VPLEX/VE サイト内のディレクター仮想マシンをホストする VMware ESXi ホストは、
4 つのデータストアを共有する必要があります。VPLEX/VE を導入した場合は、すべ
ての VMware ESXi ホストのファイルを格納するデータストア(導入データストア)を
選択しました。セットアップ ウィザードで、サイト内の VMware ESXi ホスト用に他に
3 つのデータストアを選択できます。サイト内のすべての VMware ESXi ホストは、
これらのデータストアを共有する必要があります。
27. 導入データストアは、セットアップ ウィザードですでに選択されています。この選択は
変更できません。ここで選択する各データストアには、少なくとも 40 GB のスペース
が必要です。
図 28:データストアの割り当て
28. VPLEX/VE システムのネットワーク通信インターフェイスを設定するには、サイト 1 と
サイト 2 にインターフェイス用の仮想スイッチを構成する必要があります。
VPLEX/VE が機能するためには、vDS(仮想分散スイッチ)または vSS(仮想標準
スイッチ)を使用する必要があります。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
55
29. セットアップ ウィザードを使用して、次のものを構成できます。
•
すべての VMware ESXi ホストで同じ名前を持つ vDS および vSS。
•
VMware ESXi ホストで異なる名前を持つ vSS。
図 29:ネットワークの構成
30. 仮想インターフェイスを設定するには、次の情報が必要です。
•
仮想スイッチの名前と VPLEX/VE ローカル COM(サイト内)ネットワークの VLAN
ID(オプション)。
•
仮想スイッチの名前と WAN COM(サイト間)ネットワークの VLAN ID(オプション)。
•
仮想スイッチの名前とフロントエンド IP SAN(VMware ESXi 向け)ネットワークの
VLAN ID(オプション)。
•
仮想スイッチの名前とバックエンド IP SAN(アレイ向け)ネットワークの VLAN ID(オ
プション)。
•
サイト 1 とサイト 2 の仮想スイッチ接続を構成。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
56
図 30:サイト 1 の仮想スイッチ接続
図 31:サイト 2 の仮想スイッチ接続
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
57
31. セットアップ ウィザードの最初のパートでは、VPLEX/VE サイト 1 の vDirector のフ
ロントエンド IP SAN(VMware ESXi 向け)ネットワーク ポートを構成できます。各
vDirector のネットワーク ポートは、異なるサブネットに構成する必要があります。
ネットワーク インターフェイスの各接続も、別々のサブネットに構成する必要がありま
す。IP ネットワーク ポートを構成するには、これらのインターフェイスの IP アドレスと
サブネット マスクの詳細が必要です。VLAN ID はオプションです。
図 32:サイト 1 のフロントエンド IP 構成
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
58
32. サイト 1 の vDirector のバックエンド IP SAN(アレイ向け)ネットワーク ポートを構
成します。各 vDirector のネットワーク ポートは、異なるサブネットに構成する必要
があります。ネットワーク インターフェイスの各接続も、別々のサブネットに構成する
必要があります。IP ネットワーク ポートを構成するには、これらのインターフェイスの
IP アドレスとサブネット マスクの詳細が必要です。VLAN ID はオプションです。
図 33:サイト 1 のバックエンド IP 構成
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
59
33. サイト 2 の vDirector のフロントエンド IP SAN(VMware ESXi 向け)ネットワーク
ポートを構成します。各 vDirector のネットワーク ポートは、異なるサブネットに構成
する必要があります。ネットワーク インターフェイスの各接続も、別々のサブネットに
構成する必要があります。IP ネットワーク ポートを構成するには、これらのインター
フェイスの IP アドレスとサブネット マスクの詳細が必要です。VLAN ID はオプション
です。
図 34:サイト 2 のフロントエンド IP 構成
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
60
34. サイト 2 の vDirector のバックエンド IP SAN(アレイ向け)ネットワーク ポートを構
成します。各 vDirector のネットワーク ポートは、異なるサブネットに構成する必要
があります。ネットワーク インターフェイスの各接続も、別々のサブネットに構成する
必要があります。IP ネットワーク ポートを構成するには、これらのインターフェイスの
IP アドレスとサブネット マスクの詳細が必要です。VLAN ID はオプションです。
図 35:サイト 2 のバックエンド IP 構成
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
61
35. セットアップ ウィザードを使用して、VPLEX/VE システム内のリソースへの承認され
たアクセスを保証するセキュリティ証明書を作成できます。これらは自己署名証明書
です。パスフレーズには、最低 8 文字の英数字が必要。両方のサイトの認証局には、
1~5 年の有効期間がある。VPLEX/VE サイトのホスト証明書は、1~2 年で満了す
る。両方のサイトに同じ値を使用することをお勧めします。
図 36:セキュリティ証明書、サイト 1
図 37:セキュリティ証明書、サイト 2
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
62
36. セットアップ ウィザードを使用して、VPLEX/VE 内のシステム ボリュームの運用スト
レージのストレージ アレイを割り当てることができます。オプションで、VPLEX/VE プ
ロビジョニングに使用されるストレージ アレイを追加できます。ストレージを追加する
には、次のものが必要です。
•
iSCSI ターゲット IP アドレス。
•
CHAP 証明書(アレイで CHAP が有効化されている場合)。
37. アレイあたり 2 つ以上の iSCSI ターゲットおよびサイトあたり 2 個のストレージ アレ
イを割り当てることをお勧めします。
図 38:VPLEX/VE のストレージ
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
63
38. セットアップ ウィザードの最初のパートを完了する前に、スクリーンに表示される設
定をレビューします。構成の実行を開始する前に、スクリーンを印刷してください。構
成コマンドの実行には、30~35 分かかることがあります。構成が完了するまで
Web ブラウザーを閉じないでください。
図 39:レビューと実行
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
64
図 40:フェーズ I の実行
39. 構成が完了したら、vDirector バックエンド IQN をエクスポートします。ストレージ管理
者は、VPLEX/VE のストレージをプロビジョニングするためにこの情報を必要とします。
図 41:フェーズ I が正常に完了
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
65
11.3
vDirector への iSCSI ストレージのプロビジョニング
40. セットアップ ウィザードの第 2 のパートに進む前に、ストレージ管理者がメタ ボリュー
ム、バックアップ メタ ボリューム、ログ ボリュームについて VNXe3200 から
vDirector に iSCSI ストレージをプロビジョニングにする必要があります。ストレージ
管理者に、前述のセットアップ ウィザードのパート 1 からエクスポートした
VPLEX/VE vDirector バックエンド仮想ポート IQN のリストを提供します。システム
ボリューム要件の詳細については、ストレージ要件の項を参照してください。
また、ストレージ管理者は、分散データストアのバッキング デバイスとして使用する
ように VPLEX/VE の iSCSI ストレージをプロビジョニングできます。このストレージ
は、vDirector バックエンド ポート IQN にプロビジョニングされます。タスクは後で完
了できますが、このタスクが完了するまでは分散データストアをプロビジョニングでき
ません。
EMC ストレージ アレイの iSCSI ストレージ プロビジョニングの詳細については、EMC
オンライン サポート サイト(https://support.emc.com)を参照してください。
図 42:VNXe3200 の Unisphere
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
66
図 43:VPLEX/VE の IQN
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
67
11.4
WAN 上での VPLEX/VE ストレージの構成
41. VPLEX/VE セットアップ ウィザードの第 2 のパートでは、システム ボリュームとサイ
ト間ネットワークを構成できます。
42. VPLEX/VE EZ セットアップ ウィザードのフェーズ II を起動し、VPLEX/VE サイト 1
の vManagement Server にブラウザーを更新します。
図 44:フェーズ II のセットアップ ウィザード
43. セットアップ ウィザードでは、最初のパートで入力したアレイ情報をレビューおよび
変更できます。追加した後にスクリーンに表示されないアレイを再検出することもで
きます。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
68
図 45:アレイのリスト
44. メ タ ボ リ ュ ー ム は 、 VPLEX/VE シ ス テ ム の メ タ デ ー タ 情 報 を 格 納 し ま す 。
VPLEX/VE サイトのメタ ボリューム用のストレージには、少なくとも 20 GB の容量が
必要です。サイトに対して 2 つ以上のメタ ボリュームを選択します。複数のアレイが
ある場合は、異なる 2 個のアレイからボリュームを選択します。
図 46:メタ ボリュームの選択
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
69
45. VPLEX/VE サイトのメタ ボリューム バックアップ用のストレージには、少なくとも
20 GB の容量が必要です。サイトに対して 2 つ以上のメタ ボリューム バックアッ
プを選択します。複数のアレイがある場合は、異なる 2 個のアレイからボリュー
ムを選択します。
46. メタ ボリューム バックアップのスケジュールを作成できる。
図 47:メタ バックアップ ボリュームの選択
47. ログ ボリュームには、サイトのダウンタイム発生時にストレージからの I/O が格納さ
れます。ログ ボリューム内のデータは、サイト リカバリ後にサイトを同期するために
使用されます。サイトの RAID-1 デバイスのログ ボリュームを作成するには、それ
ぞれ 20 GB の容量を持つ 2 つのボリュームを割り当てます。単一エクステント デバ
イスでは、容量が 20 GB のボリュームを 1 つ割り当てます。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
70
図 48:ログ ボリュームの選択
48. 2 つの異なるネットワークで VPLEX/VE WAN COM(サイト間)通信を構成する必要
があります。フロントエンド IP(VMware ESXi 向け)およびバックエンド(アレイ向け)
トラフィックとは異なるサブネットに構成する必要もあります。WAN COM(サイト間)
ネットワークを構成する前に、次の点に注意してください。
•
VLAN はオプション。VLAN を使用する場合は、接続 1 のすべてのポートが 1 つの
VLAN に割り当てられ、接続 2 のすべてのポートが別の VLAN に割り当てられてい
ることを確認します。
•
WAN COM ポートはトランキングをサポートしない。
•
接続 1 と 2 には固定 IP アドレスを持つ別々の WAN COM IP サブネットを使用す
る必要がある。
•
フロントエンド、バックエンド、WAN COM(サイト間)ネットワークには異なるサブネッ
トが必要。
•
接続 1 と 2 は異なるサブネットである必要がある。
•
MTU サイズはサイト 1 とサイト 2 で同じである必要がある。
•
ブリッジ(L2)ネットワークと経路選択型(L3)ネットワークの両方がサポートされる。
ブリッジ ネットワークではほとんどの場合にデフォルト値が機能します。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
71
図 49:WAN COM 構成
49. サイト 1 の vDirector の WAN COM ポートを構成します。
図 50:WAN COM 構成
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
72
50. サイト 2 の WAN COM サブネット属性を構成します。
図 51:WAN COM 構成、サイト 2
51. サイト 2 の vDirector の WAN COM を構成します。
図 52:WAN COM 構成、サイト 2
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
73
52. セットアップ ウィザードのこのパートを完了する前に、スクリーンに表示される設定を
レビューします。
図 53:レビューと実行
53. レビュー後に、構成を実行します。構成が完了するまで Web ブラウザーを閉じない
でください。
図 54:フェーズ II が正常に完了
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
74
11.5
VPLEX/VE ストレージを使用するように VMware ESXi ホストを構成
54. 構成の完了後に、VPLEX/VE ストレージを使用するように VMware ESXi ホストを
構成する必要があります。
55. VPLEX/VE 機能を使用するには、VPLEX/VE から提示されるストレージに VMware
ESXi ホストを接続する必要があります。その前に、次のことを確認します。
•
VPLEX/VE セットアップ ウィザードを使用して製品を正しく構成してあること。
•
VPLEX/VE ストレージに接続する VMware ESXi ホストが、VPLEX/VE システムが
稼働している vSphere クラスターに属していること。
•
VMware ESXi ホストが、組み込み型ソフトウェア iSCSI イニシエーターのみ使用し
て VPLEX/VE ストレージに接続していること。イニシエーターは、各 VMware ESXi
ホストで有効になっている必要があります。
•
VPLEX/VE FE(フロントエンド)ネットワークに、これらの VMware ESXi ホストのソ
フトウェア iSCSI イニシエーターの VMkernel ポートに割り当てる使用可能 IP アド
レス(VMware ESXi ホストあたり 2 つ)があること。
56. VMware ESXi ホストを VPLEX/VE ストレージに接続するには、次のタスクが必要
です。
•
VMkernel 仮想アダプターの作成。
•
VMkernel アダプターへの iSCSI イニシエーター ソフトウェアのバインド。
•
イニシエーターへの VPLEX/VE iSCSI ターゲットの追加。
図 55:VMKernel 仮想アダプターの作成
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
75
57. VMkernel ネットワーク アダプターを選択します。
図 56:VMkernel ネットワーク アダプターの選択
58. VPLEX/VE フロントエンド ポート グループを選択します。
図 57:VPLEX/VE フロントエンド ポート グループの選択
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
76
59. IP 設定を指定します。
図 58:IP 設定の指定
60. 2 つの VMkernel 仮想アダプターを作成します。
図 59:追加された 2 つの VMkernel 仮想アダプター
61. VMware ESXi ホストのソフトウェア iSCSI イニシエーターが VPLEX/VE と通信で
きるようにするには、作成した VMkernel アダプターにイニシエーターをバインドする
必要があります。
62. VMware vSphere Web クライアントで、[vCenter]>[Hosts and Clusters]に
移動します。
63. 左のパネルの vSphere クラスターで、VMware ESXi ホストに移動します。
64. ウィンドウ上部の[Manage]タブをクリックします。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
77
65. [Storage]をクリックし、左の[Storage Adapters]をクリックします。
66. ストレージ アダプターのリストの[iSCSI Software Adapters]で、ソフトウェア
iSCSI イ ニ シ エ ー タ ー を 選 択 し ま す 。 通 常 、 iSCSI イ ニ シ エ ー タ ー の 名 前 は
「vmhba32」です。
67. 下部の[Storage Adapter Details]セクションで、[Network Port Binding]をク
リックします。
68. [+]をクリックして新規ネットワーク ポート バインディングを追加します。
図 60:VMkernel アダプターへの iSCSI アダプターのバインド
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
78
69. VMkernel ネットワーク アダプターのスクリーンで、VPLEX/VE フロントエンド接続 1
ネットワーク用の VMkernel アダプターを選択します。
図 61:VMkernel アダプターの選択
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
79
70. ステップを繰り返して、VPLEX/VE フロントエンド接続 2 ネットワークの VMkernel
アダプターに iSCS イニシエーター ソフトウェアをバインドします。
図 62:両方の VMkernel アダプターへのストレージ アダプターのバインド
71. iSCSI イニシエーターが VPLEX/VE ストレージを見つけられるようにするには、
VPLEX/VE ストレージ上の iSCSI 送信ターゲットを VMware ESXi ホスト上のソフ
トウェア iSCSI イニシエーターに追加する必要があります。
72. 下部の[Storage Adapter Details]セクションで、[Targets]をクリックします。
73. [Dynamic Discovery]をクリックします。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
80
74. [Add...]をクリックして新しい iSCSI ターゲットを追加します。
図 63:iSCSI ストレージの動的検出
75. [Add Send Target Server]で、VPLEX/VE FE ポートの IP アドレスを入力します。
デフォルトのポート番号 3260 のままにします。[Inherit settings from parent]
チェックボックスが選択されていることを確認します。
図 64:iSCSI ストレージ ターゲットの入力
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
81
76. [Dynamic Discovery]に単一ポートを追加すると、VPLEX/VE システムのすべて
のフロントエンド ポートが静的検出に自動的に追加されます。
図 65:自動的に検出された静的アドレス
77. ここで、VPLEX/VE 機能の使用を開始できます。
注:詳細なインストール手順については、「EMC VPLEX/VE Product Guide」を使用し
てください。
VPLEX/VE が使用のために構成されたら、vSphere Web クライアントにログインできま
す。すべての日常的な操作は vSphere Web クライアントで実行できます。
11.6
ソリューションの検証
インストール後のチェックリストの次の構成アイテムは、ソリューションの機能にとって極
めて重要です。
各 vSphere サーバーについて、本番環境への導入前に次の事項を確認してください。
•
クライアント VLAN をホストする vSwitch に十分な数のポートが構成されており、そ
のサーバーがホストする可能性のある仮想マシンの最大数に対応できる。
必要なすべての仮想マシン ポート グループが構成されており、必要な VMware データ
ストアに各サーバーがアクセスできる。
「vSphere ネットワーク」ガイドの記載内容を参照して、vMotion 用のインタフェースが
適切に構成されている。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
82
12. 付録 A - その他の推奨事項
VMware DRS ( Distributed Resource Scheduler ) 親 和 性 ル ー ル を 使 用 し て 、
vDirector VM とその VMware ESXi サーバー間の親和性関係を指定します。VE 以外
の VM は、ローミングできるかホストと親和性関係のある DRS VM グループ、または
VMware ESXi ストレッチ クラスター内の DRS ホスト グループにグループ化できます。
EMC のテストでは、VMware ESXi クラスター内の 125 台のリファレンス VM と 4 台の
VE 以外のサーバー間に親和性を指定しました。この方法で、小規模なサーバー グルー
プからパフォーマンス データ コレクションを分離できました。esxtop を使用して、負荷が
サーバーにどのように影響したかを判断できました。
NTP サービスを VPLEX/VE、VMware ESXi サーバー、ストレージで有効化する必要が
あります。時間の不一致は NDU(無停止のアップグレード)とトラブルシューティングの問
題 を 引 き 起 こ す こ と が あ り ま す 。 vDirector の 時 間 は サ イ ト 内 の vSMS
(vManagement サーバー)と同期されます。vSMS2 は vSMS1 と同期されます。した
がって、vSMS1 の時間を NTP サーバーと同期する必要があります。VPLEX/VE インス
トール ウィザードは、外部 NTP サーバーを構成しません。お客様は、VPlexcli コマンド
「configuration sync-time」を使用して NTP サーバーを構成する必要があります。
VPlexcli:/> configuration sync-time [<options>] This command will
synchronize the clock of the management server via NTP.
options:
-h | --help
Displays the usage for this command.
--verbose
Provides more output during command execution. This may not have any
effect for some commands.
-i | --remote-ip= <IP of the remote server>
The IP address of the remote NTP server.
-f | --force
Skip verification prompt
電源投入を阻害する VM ロッキング エラーが発生した場合は、VM を手動で削除し、再プ
ロ ビ ジ ョ ニ ン グ し ま す 。 ロ ッ キ ン グ エ ラ ー は 、 VMware ESXi サ ー バ ー の
/var/log/vmkernel に見つかることがあります。電源がオフの VM のストレージ
vMotion は動作しますが、非常に長時間を要します。また、元のデータストアに戻すスト
レージ vMotion は失敗します。VM の電源をオンにすると、15%で異常停止し、最終的
にエラーになります。vSphere Web クライアントを使用して VM を削除すると、95 で異
常停止します。ロック エラーは VMware ESXi サーバーに関連づけられています。お客
様は、サーバーを識別し、VM を登録解除してから VM を削除する必要があります。詳細
については、VMware サポートにお問い合わせください。使用されているコマンドは次の
とおりです。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
83
less /var/log/vmkernel.log
cd /vmfs/volumes/<datastore>/<VM>
touch *
vim-cmd vmsvc/getallvms | grep <number>
vim-cmd vmsvc/unregister <number>
rm -rf <VM>
VPLEX/VE を削除しても、vSphere Web クライアント内の VPLEX/VE は削除されませ
ん。アイコンは、プラグインが vCenter にインストールされていることのみ示しています。
新規導入を行うときには問題の原因にはなりません。インストール ウィザードによってプ
ラグ インがアップグレードされます。
経験上、ネットワークの問題の解決は非常に複雑になることがあります。VPLEX/VE をイ
ンストールする場合は総合的なアプローチをとることをお勧めします。VPLEX/VE をイン
ストールする前に、VE サーバーと VE 以外のサーバー間の ping やサーバーからストレ
ージへの接続のテストなどでネットワークが正しく構成されていることを確認します。この
方法では、別のレイヤーを複雑にせずにトラブルシューティングが簡単になります。ネット
ワーク ダイアグラム(論理と物理の両方)が重要です。
サーバーが双方向に ping できないことと、サーバーが新規にプロビジョニングされた分
散データストアに VPLEX/VE から接続できないことのどちらが問題であるかにかかわらず、
ネットワークが問題であることがあります。この場合、ネットワーク タイムアウト エラーをト
リガーした物理ネットワークから 2%のパケット ドロップが見られました。VMware ESXi
サーバーで、/var/log/syslog.log は Nop-out タイムアウト エラーを示しています。
例:
2014-04-15T16:49:37Z iscsid: connection 1:0
(iqn.1992-04.com.emc:vplex-00000000168f3a11-0000000000000006
[email protected] addr=192.168.203.10:3260 (TPGT:6 ISID:0x1) (T0 C0))
Nop-out timeout after 10 sec in state (3).
スイッチ上の FI(ファブリック相互接続)ポートの VLAN の構成を確認します。これは、プ
ライベートとパブリック両方の VLAN に適用されます。ネットワークの分離を防ぐために、
VLAN を FI からスイッチ上のアップリンク ポートに割り当て、適切なトラフィックが適切な
パスをたどるようにしました(パブリック管理とプライベート iSCSI I/O)。このケースでは、
これらのパスは合計 2 台の異なるスイッチに存在します。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
84
エンド ツー エンドの iSCSI MTO は同じである必要があります。デフォルトでは、iSCSI
はジャンボ フレームを使用します。これらはスイッチ、サーバー、FI、VNXe ポートに構成
する必要があります。変更により、エンド ツー エンドのネットワーク パフォーマンスを向
上させることができます。
ネットワーク ドライバーに VMware ESXi バージョンとの互換性があることを確認します。
ネットワーク ベンダーのドキュメントで要件をレビューします。
ENIC と FNIC のバージョンを確認するには、SSH を介してホストにログインし(最初に
SSH を有効化)、次のコマンドを発行します。
ENIC:ethtool -I vmnic0
FNIC:vmkload_mod -s fnic
または、次のコマンドを実行します。
esxcli software vib list | egrep 'enic|fnic'
ENIC ドライバーのダウンロード:
https://my.vmware.com/web/vmware/details?productId=327&download
Group=DT-ESXI5X-CISCO-FNIC-15045#dt_version_history
FNIC ドライバーのダウンロード:
https://my.vmware.com/web/vmware/details?downloadGroup=
DT-ESXI5X-CISCO-ENIC-21238&productId=285
ドライバーのアップグレード処理手順:
http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=
en_US&cmd=displayKC&externalId=2005205
サーバー間での VM の vMotion は、スイッチ上の vMotion ポートがトランク モードに
設定された後に可能になります。また、サーバー仮想スイッチ vSwitch のプロミスキャス
モードが許容に設定されていることも確認します。
障害のある BE デバイスは、メタ データ バックアップを阻害することがあります。
VPLEXCLI クラスター ステータスは、メタ データ バックアップをチェックしません。
VPLEX/VE ヘルス チェックはエラーを示します。最新のバックアップがない場合は、
NDU を除くすべての操作が失敗します。
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
85
VPLEX/VE は、データセンター間で最大 10 ms RTT の距離をサポートしますが、
vplexcli で接続性の妥当性検査を行う必要があります。
VPlexcli> connectivity validate-local-com
VPlexcli> connectivity validate-wan-com
VPlexcli> connectivity validate-be-com
VPlexcli> cluster status
vSphere Web サーバーで、VMkernel アダプターが「Link Up」と表示されていない場合
は、ネットワークに参加していません。サーバーに SSH を実行し、「services.sh restart」
を実行します。ストレージ再スキャンの後、分散データストアがサーバーにリストされます。
インストール ウィザードの完了後、4 台の vDirector が警告「VPLEX-VE HA Violation:
Invalid virtual network configuration」を示しました。詳細な説明は、管理通信に問
題があることを示していました。mgmtcom ポート グループを参照すると、4 台の
vDirector へのポートが稼働していませんでした。ただし、vSphere GUI はそれらが接続
されていることを示していました。問題は、mgmtcom 仮想ネットワーク アダプターを切断
し、4 台の vDirector のポート グループに再接続することで解決しました。
古い分散ポート状態は、HA 妥当性検査チェックの既知の問題です。以前は、チェックに
よって比較の前にポート状態が直接リフレッシュされましたが、これにより、インターフェイ
スで過剰な vSphere タスクがレポートされました。回避策は、実際のポート状態が何で
あるかによって異なります。リフレッシュしてポート状態が実際にリンクアップになった場
合は、それ以上アクションは不要です。ポート状態がリンクダウンの場合、仮想アダプタ
ーを再接続するとポート リフレッシュがトリガーされ、「good」状態になるか、無効なポー
ト状態が実際に修正されます。
VPLEX/VE を削除する前に分散データストアが削除されていない場合は、「ゾンビ」デー
タストアになります。VC は、24 時間後にこれをインベントリから削除します。即時に削除
するには、iSCSI VMkernel ポートを削除し、VMware ESXi サーバーを再起動します。
システム停止から VPLEX/VE ストレージを再接続するには、ストレージ再スキャンが必
要です。
すべての分散データストアはクラスターに(個々のホストではなく)全体としてプロビジョニ
ングされているため、VMware ESXi クラスター内のすべてのホストを、VE ストレージを
使用するように構成してください。VMware ESXi クラスター内のいずれかのホストがソフ
トウェア iSCSI に対して構成されていない場合は、分散データストアのプロビジョニング
がエラーになることがあります。Virgo(Web クライアント)ログの最後に次のような行が
あります。
[Found software-based initiator port for host <dsveg187.lss.emc.com>: <[]>]
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
86
新しい VMware ESXi ホストが追加されたら、ホストが属するサイトを VPLEX/VE に示
すために(通常、これは初期構成中に処理されます)、ソフトウェア iSCSI アダプターの追
加後に 1 つの手動ステップが必要です。これが終了すると、プラグ インが自動的にその
イニシエーターを登録し、ストレージ ビューに追加するため、プロビジョニングはそのホス
トに対して機能します。
使用する必要のあるコマンドは、「configuration virtual hosts-on-physical-sites
add」です。最初に「configuration virtual hosts-on-physical-sites list」を実行す
ると、現時点のリストが表示されます。
VNXe の場合、IQN を登録するには、単純にストレージ グループに追加します。
Unisphere は他の VNX とは異なります。
13. 付録 B:参考資料
13.1
EMC ドキュメント
EMC オンライン サポートにある次のドキュメントには、追加情報と関連情報が記載され
ています。アクセスできないドキュメントがある場合は、EMC 担当者までお問い合わせく
ださい。
PowerPath/VE for VMware vSphere Installation and Administration Guide
VNXe FAST Cache:Introduction to the EMC VNXe3200 FAST Suite
EMC VNX 仮想プロビジョニング:高度なテクノロジー
EMC VSPEX Private Cloud:VMware vSphere 5.5 for up to 125 Virtual
Machines
EMC VSPEX 環境での EMC XtremSF と EMC XtremCache 設計ガイド
Using EMC VNX Storage with VMware vSphere
EMC VPLEX/VE サイト準備ガイド
AC 電源接続に関する EMC ベスト プラクティス ガイド(PDP ベイ×2)
EMC AC Power Configuration Worksheet
40U-C Unpacking and Setup Guide
EMC VPLEX/VE ハードウェア インストール ガイド
EMC VPLEX/VE の実装およびプランニングのベスト プラクティスに関するテクニカル ノ
ート
EMC VPLEX/VE リリース ノート
EMC VPLEX/VE Security Configuration Guide
EMC VPLEX/VE Configuration Worksheet
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
87
EMC VPLEX/VE CLI Guide
EMC VPLEX/VE Product Guide
VPLEX/VE Procedure Generator
EMC VMware ESXi Host Connectivity Guide
13.2
その他のドキュメント
VMware の Web サイトに準備された次のドキュメントに、詳細情報や関連情報が提供さ
れています。
vSphere ネットワーク
vSphere ストレージ ガイド
vSphere 仮想マシン管理
vSphere のインストールとセットアップ
vCenter Server およびホスト管理
vSphere リソース管理
Installing and Administering VMware vSphere Update Manager
VAAI(vSphere Storage APIs for Array Integration)プラグ イン
Interpreting esxtop Statistics
Understanding Memory Resource Management in VMware vSphere 5.1
VMware® vSphere®向け EMC® VPLEX/VE™
搭載 EMC VSPEX
88