迎春 - 兵庫県山岳連盟

平成27年1月1日(木)
第 571 号 (毎月1日発行)
発行所 兵 庫 県 山 岳 連 盟
神戸市灘区王子町2丁目王子公園内
電話 ・ FAX(078)801・3267
定価1部 50円年間購読料1000円
兵庫県山岳連盟会員は会費に購読
料を含む
Ⓒ編集兼発行人 伊 藤 一 雄
11
幻のブルーポピー 撮影:西野加郎
研 一
成長著しい兵庫選手団のさら
なる活躍を期待しています。
海外登山も地道に継続して
います。幻のブルーポピー探
訪に続いて本年はアンナプル
ナ内院トレッキングを企画し
ており多くの参加を得たいと
思います。
る課題の一つに役員の
数あ
若返りと組織強化があります。
もちろんそのベースには若年
層の取り込みと総数を増やす
努力が必要ですがまずは加盟
団体の協力を得て若い力とエ
ネルギーを連盟に注入してい
きたいと願っています。今年
は役員の改選期でもあり改選
と合わせて組織の改編・強化
を図ってまいります。一方事
業活動も年々増加しています
が普及・自然保護委員会の活
動等の充実強化をしていく反
面、長く続いている事業でも
見直すべきものは見直す勇気
も必要かと思います。その他、
広報の充実、財政改善への取
り組み等々の課題にも加盟団
体の協力得て積極的に取組ん
でまいりますのでよろしくご
支援ください。
最後となりますが新しい年
が会員のみなさまそれぞれに
とってよい年となりますよう
心から念願しご挨拶といたし
ます。 兵庫県山岳連盟会長 中 西
くの方がこれを機会に山の恵
みに感謝し山に親しんでいた
だければこんな嬉しいことは
ありません。連盟といたしま
しても「岳連の森」の整備を
始めこの日にちなんだ取り組
みも行い私たちの活動の場で
ある山々を守って行かねばな
りません。
懸案でありましたサークル
HMA(Hyogo・Mou
taineering・As
sociation)が昨年
末に発足しました。岳連の諸
活動に初めて参加された方々
の受け皿として、若い岳人の
活動の場として、じっくりと
息長く取組み自立した登山者
の育成を目
指して行き
ます。
のじぎく
兵庫国体か
らもう9年
が過ぎまし
た。今年は
近畿の和歌
山で行われ
ます。長崎
では成年女
子が6位と
健闘しまし
た が、 ス
ポーツクラ
イミングで
登山計画書は必ず提出しよう!
2015年元旦 兵庫県山岳連盟
年頭のご挨拶
28
近郊でも岩場での重大な事故
明けまして
が発生しています。
おめでとうございます
会員の皆様におかれまして 改めて安全あっての登山を
は健やかに新年をお迎えのこ 再認識し、各自が山の知識や
とと存じます。
技術の習得に努め自らの身は
昨年は皆様のご協力・ご支 自らで守る努力をし、山行に
援のおかげで広範な活動をつ は必ず登山者の責務である登
つがなく行えました。心から 山届を提出して遭難や事故の
御礼申しあげます。
不測の事態に備えたいもので
昨年9月には思いもかけぬ す。兵岳連でも事故防止にか
御嶽山の噴火で多くの登山者 かる知識や救助技術の普及に
が犠牲になりました。予測し 努めてまいります。
えない自然災害とはいえ、登 登山界の念願であった「山
山には他のスポーツにはない の日」が8月 日と決定され
生命のリスクが常にあります。 平成 年から祝日として施行
ま た 登 山 事 故 も 増 え 続 け、 されることとなりました。多
2015
迎春
昭和43年7月12日第三種郵便物認可
±®7ä8_ֈ«
†‡ˆ‰
神戸市灘区王子町2-2-1
Œ Ž王子公園内(競技場北側)
‘’“”
•””–’—˜™š›œžŸš¡ ¢£¤ ¥¦ ¥
TEL・FAX(078)-801-3267 htt://www.hma.jp/
§¨©
«”
ª ¢¬®¯”¯
•°°¯¥
€‚ƒ„…
王子サロン(神戸登山研修所)
緑の中のミーティングルーム
 ­€‚ƒ„…†
‡ˆ‰Š‹
近畿地区山岳連盟
第 1
第 5 回
回
†á9¢ABÖC

‰ÂÃÄ¥D°ý–Ž
総合会議開催
 ­
加盟団体
会長会開催される
兵庫ジュニアクライミングカップ
11
原稿1
&
便利で大変リーズナブルな多目的貸し会場
阪急王子公園駅から わずか徒歩3分
EÕ슙Fó°þ­
ÈGž¥HI®
平成二十六年度近畿地区山
)午後1時よ 多くの時間¹¿»
が費やされ、意見
今年のª»JBJKLÖ¿
4月から発足した兵 完 登 す る と い う 結 果 に な り、 岳連盟総合会議が十二月六日、
月 日(土
り神戸登山研
修所にて、第5 を 伺 う 時 間 が
充 分 に 取 れ な 庫ジュニÜM ý†«!
アクライミングクラ 急遽ボルダ
グ室でのスー 七日の
両日、滋賀県比良元気
Ì«º»¼ÍΟ¡
リン
§i
±¹M™¿«®
回兵庫県山岳
連盟加盟団体会 かった反省ÏÐѧÒÓ
から、専門委員Ô‰Õ Ö
か ブの子どNOPֈ»È†QR
も達を中心に、初め パーファ
イナルに持ち込まれ 村宿泊
棟で、近畿二府四県各
®ÐÏÑÐê§ ÖÑÐ
äCˆJÖ5†
長会が開催さ
れました。
らの説明は×زÙÚ­€‚ƒ¥
手短に行われまし てのクラST¥UäVÛÜ×<†Ë
イミングコンペを
ました。
岳連か
ら四十人が参加して開
§?§A
¥d¿Ìˆ«i
り 名、連盟よ た。
月 日、Õ+WXY¥ÙZD°
神戸登山研修所ピラ
結果、
一位は京都から参加 催され
た。
²ÛܝÝޝÚÁ
ò–i™
d¿ª»
加盟団体よ ­€‚ƒ„
り会長以下 …†‡ˆ‰Š‹ŒŽ
名の専門委員長、 加盟団体かß®à°á
らの御意見として ミッドウa;¥bcdef†g
ォールにて開催しま の中山ち
よ(小3)、二位に兵 なお、
ゲストとして日本山
2ä†ËßÊ
ÑÐu§¿O¥¿
常任理事の出席がありました。 ・将来を見据えた連盟ビジョ した。
庫ジュニアクライミングクラ 岳協会から八木原副会長をお
‘’“”•–—˜™
⻝²Ù㥤仪«
¹ÈÀðˆ¥h
þŒÌˆ
«»§¿»®
拶の後、古賀理
ンを構築åæ†çáèÛ
してもらいたい
か ら の 参 加 も 含 め、 ブの股野
頼悟(小3)で三位 招きし
た。
ÖÐu‘
¥°¥ª»
中西会長挨š›ˆœžŸ¡¢£¤
京 都 市iZ’$®j À¥k
事長より「日山協及び兵岳連 ・高齢登山者の受け入れ態勢
名の子ども達で予選トップ に神戸市北区の黒川智成(小
まず、国松会長が当日欠席
¥¦§¨©ª«¬
é°¥ê¡ÍŸëÄì
l«¹<†Ë
Ð?“®¿»
'ÆʟiX
の現状と方向—®¯°±²³¥
性」について日
の充実 ®í⫐
ロープフ‚Êmno¥Éš
ラッシング方式での 4)という
結果になりました。 のため
城顧問が挨拶、その後
ÑÐ꧜Ѣ ÆÊÐê¿»®º
山組織と目的、兵岳連が置か ・ジュニアへの指導強化
2本、決勝はオンサイト形式 小学3、4年で、トップロー ゲスト
の八木原副会長から日
´µ¶®·ª«š›
î«¥ïðˆ
p¢ ¸÷Üáqrs
ِ֮›ˆ
iXÆʆä©
れている立場ˆ«¸¹º»¼
と今後の方向性 ・クライミ¹ñªò†óªô
ング施設の充実
でのトッ¥Ùª«á»
プロープで行いまし プとはい
え5・ Aが完登で 本山岳
協会の現状と展望につ
§\ ֖
¿»
の説明がりました。
・「岳連の森」への問題提起
た。
きるというのは、なかなか高 いてのお話があった。岐阜県
¹­€‚ƒ†½¾
õ«¹ˆ Öö©
Ì«t§?u¡¡ë
J†i¥A
 Ö¤ä¥
門委員より 年 ・登山届の指導
名中8名が5・9 レベルの競技会になったと思 でも条例化された登山届けの
その後各専¿«‰Š‹ŒŽ’†
予選は‚ÂÇ¥v_«
÷øùú¥û®ü
†i¥†i¥™ äX¥g
度前半の事業報告、後半の事 ・敷居の低い連盟作り
及び5・ Aを2本ともに完 います。
ことや組織強化の案件、かね
ÀÁ¿‰ÂÃÄ­ÅÆ ýþ­–‰þę ¿«°¹¥¸ ¿ ©»—¥©
業計画説明がありました。
等のご意見があり、山岳会の 登 し 決 勝 に 進 出 し、決 勝 の 兵庫のジュニア層の強化と てから懸案であるワーキング
‚ÂÇ鴃 § Ö¦§ÿ ¹w¥xC
†Ùப ̈¥iXß^ 、事業報告等に 問題として、HP等で会員募 5・ d~5・ aは3名が い う 意 味 で も こ れ か ら も 定 グループの進捗状況などの説
前回まではÆʆË
~}|{[¥\]¿«^ ‘y°“ ‘ “ »
ÖX¥g‹
集をしているが入会
期的にこのような 明があった。次いで近畿岳連
_ÆÂ~`@
¸;– þ¥¿
者の減少、会員の高
競技会を開催して からの関係資料の説明があり、
®Íγ«°ˆ«
+Õ Ö§™ «°ÊŠŽE®
齢化による会員数減
いかなければなら 最後に各岳連からの提出議題

–á ª»®
少等切実なお話も
ないと思っていま に つ い て 説 明・問 題 提 起 が
Ÿ¡ÏÐ?§ Ö
̈°¥
伺った。一方で 歳
す。
あった。特に、和歌山岳連か
†öõ
”䍿Ê
以上の会員でクライ
七年度に開催される和
最後に参加され ら二十
Æʟ>=
›Ö¥v ミングをしている元
た選手の保護者の 歌山国体のため、各府県から
<;ª«
¥O†o
気のある山岳会もあ
方々にもお手伝い 二名の審判人の協力要請があ
:/®.±°¸
¿Ÿ¢†g
りました。
いただき大変お世 り、また、参加いただける各
ˆ†-,»õ¥+Ê ¿»
貴重なご意
話になりました。 府県の審判員のスキルアップ
頂いた®* )’

ÑЧÓo
見を参考に後半、次
大阪で開かれるブロッ
この場をお借り のため
('&¿»< ®ÐŸÏ§
³Ìˆ
年度以降に反映させ
してお礼申し上げ ク別研修会の機会を利用した
»ṏ»u
i†¿
ていきま†Ë%’$
す。
ま
す
。
「
B
・
C 級 審 判 員 特 別 研 修」
¥ÇÏ#"¥ ÐêÐŸ§
ジュニア強化委員 (四月O¥dˆ¿»
十四日・十五日)の開催
閉会後、懇親会が
ÌZäٛˆ
‘ƍ
開かれまà!0~1ä±
した。
山内教史 の提案
があった。
ä234‹56 »†d2ä¿©g
e> “
原稿3
12
13
14
19
26
加盟団体会長会会議
60
24
10
10
10 10
便利で大変リーズナブルな多目的貸し会場
阪急王子公園駅から わずか徒歩3分
11
緑の中のミーティングルーム
王子サロン(神戸登山研修所)
神戸市灘区王子町2-2-1 王子公園内(競技場北側)
兵庫ジュニアクライミングカップ選手
TEL・FAX(078)-801-3267 htt://www.hma.jp/
11
原稿2
便利で大変リーズナブルな多目的貸し会場
緑の中のミーティングルーム
阪急王子公園駅から わずか徒歩3分
王子サロン(神戸登山研修所)
神戸市灘区王子町2-2-1 王子公園内(競技場北側)
TEL・FAX(078)-801-3267 htt://www.hma.jp/
(2)
平成27年1月1日(木曜日)
兵 庫 山 岳
第 571 号 (第三種郵便物認可)
¯Á‘¦§ˆ´
六甲全山縦走大会
スポーツクライミング
ÃÄŃ


†‡ˆ‰Š‹ŒŽ‘’“”•–—˜
サ
ー
ク
ル
H
M
A
成功
裡に終わる
ÇȤɣÊˊÌ
指導員養
成講習会開催
第1回例会
 ­€‚ƒ„…
回目の六甲全山縦走
第四十¹ÍÎÏЂÑÒƵ
区山岳連盟総
了し、このほどその
駅前は
賑やかに
なりました。
はボルダリング壁 大会が終¥ÓÔÕÖׂ­‚
Ғ
昨年の近畿地ä­
二十九日ôÔm
サークルHMAの記念すべ
合会議の申し
合 わ せ に よ り、 で受講生全f`à
完走者等の状況やア き第一回目の登山は衆議院選
今回
は神鉄鈴蘭台駅をス
員が課題設定をし、 参加者・¡ØÙ¿¥›ÚÛ ÜÝ
€‚¯+a³
¥°û Ô3¥û°
スポーツクラÁ¸Ç¾ê
イミング指導員 その後全員’
調査の結果などが公 挙の投票日と重なり、また寒 タート
し、妙号岩でのプチク
で課題の評価を行 ンケート‘„ ³ÞߤÌà
‚ÒƵ’
養成講習会をaׂø‚ú
兵庫県山岳連盟 う 内 容 で す
。
ングとハイキングの豪
。課 題 作 り の 目 表されたá¨âãä‹ å
波の襲来で、心配したお天気 ライミ
uƒ
”搂Ö
主管にて十月二十五・二十六 的・グレードに合っているか
十一月九日は昨年同様、早 も思った程の冷え込みもなく 華2本立てです。
˜™KLk
m
¥C
拴çè錱
日 十一月二°dŒ±‘¥
九・三十日と計 のチェックàƒ’
に見舞われ参加状況 快適な登山日和となりました。 ハイ
キングコースは、妙号
を行い、設定表に 朝から雨ä‹éã’âêëìí
’C¥ß”
四日間で開催しました。本資 評価を記入しその内容を評価 は予定者より約三百人減とな
集合場所の神鉄鈴蘭 岩奥ノ
壁頂上に登り、踏み跡
¥“”•“—
ƒ#
›]µf˜·
åëîׂï‚ð¢
格は国体監督’¯“•”—
に必須の資格で、 します。 ím£
るなど、や
はり思わしくなく、 台駅前に、サークルHMAの を辿っ
てイヤガ谷東尾根に抜
w™¥’}¥
ׂñò‘ßä
徳島二名・和°dŒ±
歌山一名・奈良
日中間断なく氷雨が 主旨に賛同し入会して下さっ け南下
します。そして神鉄鵯
その後、M’
模擬コンペを行い しかも一̹’¾ë´óô¯õö
3¯|µ’
三名・滋賀二R ’
名・大阪三名・ 採点・集計e_#
な ど 困 難 な 状 況 に た 名 の“”•“—˜h™
内 名 の 方 々 と’ÃÊ
、 越駅に
は予定した
ジャ
・順位決定まで講 降 り 注 ぐ÷øùúû ’ü±ý
3}˜ô™
–3
15
:
00
10
:
00
17
14
兵庫五名と申˜í““”•]
込があり、十六 習を行いま
あったが‹´þßÿ~¨©ƒ„
、それでも宝塚ゴー サークル
HMA初めての山行 ストに
到着し、中
西会長の挨
した。 J
`˜ô™
’”3
ijklmn
名での開催となりました。本
散となりました。
明日の実技検定に ル に は 千 三 七 二 人(完 走 率 とあって中西兵庫県山岳連盟 拶で解
E™
ƘfŠ™
–3
…†}‡‚ˆ|à{Ñ
op¨q“[email protected]
終了後は¬
講習会は、共%if
通科目三十五時 備えて受講mà’
・3%ҝ “”ž“Ÿ[
)が姿を見せてくれ 会長も来
られ、加えてクラブ サー
クルHMAは会員の皆
生全員にリード・
ô˜fŠ™3˜
wxˆy‚M÷ø
間、専門科目四十時間の受講 トップロープの両課題を納得 た。
雲峰の佐藤代表と中西氏がサ さんの
ご希望やご意見を聞き、
sJm£
™3ƒ˜fŠ™
Ƶ’
ù¥Œ±°
が必要で、受’
講者は共通科目 のいくまでƒ
打たれ髪を乱して ポートと
して協力してくれて 勉強会
やトレーニングを考え
登ってもらいまし 全身雨にÿ~\]Ž^_`]
‹¥|’
–xrx
は事前に受講”kÕ
済みのため四日 た。
ゴールさ}‡‚ˆ¥
@?÷
れた姿に接すると思 います。
ます。
`҃
í“
¥IJ’
間で専門科目を消化しました。
日はストレッチを わず拍手しくなるものである。 総勢 名が集まって鈴蘭台 あ く ま で も サ ー ク ル メ ン
検定日当”’
`
’>=<ò;°
¯×Ђ ½Æ’Bù
満二〇才以上で 兼ねて試登し、二グループに
次の二十四日の縦走は、幸
バーの総意で運営さ
受講資格は’
ƒ
¢€:¥/.-,‹ Œ±’uŒ ¥Œ±’
5・ Aをリードでき指導実 分かれてリード、トップロー い天候に恵まれ出だしも好調
れるのです。
_fg_f Œ‹’˜™
˜u¿ ™
+*¯—)¯( “‹µ¥<‹
績二年以上となっています。 プと検定を行いましたが、受 で、千三百二十九人の参加者
今回の山行での皆
'&]Ž‘ß±’ ¼×‚«ø´
ールにたどり着くこ
さんの輝いた表情を
前半二日間はクライミング 講生は大変な緊張で実力が十 が宝塚ゴ%„…†$#³"Ö
Îõ£¥
の基礎・歴史・確保理論・技 分発揮出ていないように見受 とができた。(完走率 %)
見て、明
るい笑い声
¨!ò´01‹234 ¯ÆŽ‚ÍØ
術・安全・競技・法律・医学・ けられる方もいました。
におめでとうござい
を聞き、我々スタッ
完走誠¯5°±ä‹éã’6
—ž
• —˜h™
¥‹µ’
グレード・課題セッティング
ます。その節はアンケート等
フはそれだけで大満
以上の内容で四日間の講習
š”ž°–ž
¥7µ‘8¬9} ÑÖ÷Ø«øØ
と 盛 り だ く さ ん に 続 き、用 が修了しました。関係各位の にご協力頂きありがとうござ
足なんです。疲れも
¨© KL©
Ƶ¥äA´þßþä ‚²
具・確保・クライミングにつ 協力により無事終了しました いました。その内容は吟味し
すっ飛びました。
Ғ IJ w
BúCDŒ±’
いての理論検定を行い前半が ことにお礼申し上げます。ま て今後に活かしていきたいと
「よし、やれるぞ!」
“”•–—˜—™š›œ
ùEâäFGŒ± IJ–“` °
終了しました。
の活動にしっ
た新しく指導者となられる方 考えています。従来ともに気
今後
“
ž“Ÿ¡‚¢£ ‘]HIJKLM }˜£ô™ Òú
壁を利用しての は講習内容を再考し真摯に指 になりますのが参加者の反射
かりとした手応えを
後半は屋外
¤¥¦§¨©’ª‡¢« NOùÅPòHQ ˜wp™Þ“ ù þ
実技検定です。あいにく二十 導活動を行って頂きますよう リボンです。一般ハイカーと
感じた、そんな嬉し
 ¬®¯°±²¡‚¢ ÀåJRÙ¿SÅ ¥C¯’ Y ?N
九日が雨天のため三十日と検 お願い致します。
の区別がつき易いように何ら
い一日でした。
­€‚ƒ„…† ³›´µ‘„¶‘ ¯T<„U ‘Vò “–ô ’^©
(黒田信男)
定内容を入れ替えて実施しま 兵庫県山岳連盟
かの工夫が必要と思われま
˜£fŠ™°¥C ‘’
‡‚ˆ‰Š‹ŒŽ‘
·¸¹ºž»¹¼ WXY£Z]a’
した。
副理事長 西村良信 す。 (松田安修)
’
ˆ½°±²¾¿À ˜bcdúe _f g™ ¥¯’ •—’
サークル HMA 第1回例会 妙号岩奥ノ壁頂上
79
82
18
10
平成27年1月1日(木曜日)
兵 庫 山 岳
第 571 号 (第三種郵便物認可)
(3)
ɭမỉ‫ޛ‬଄Ὁᡀ‫ؾ‬ỉ଄ᴾ ᴾ ᴾ ᴾ ỽἑἿἂắᛪ൭ẪẻẰẟᴾ
ấɟʴӋьỂờ‫࣎ܤ‬ỉἣἕἃὊἊ἖ỴὊẦỤẆấː᧓Ể˖
ဒẴỦỼὊἒὊἳỶἛ἖ỴὊộỂẇấൢ᠉ỆắႻᛩẪẻẰẟẇᴾ
美 し い
自
然
、大
然
を
子孫
よ
う  切
な
自
に
伝え
遵三氏
クラブ雲峰OB 岡野
ÚÛ³ †‡ˆ‰Š‹Œ
【編集者のツブヤ記】
みんな
で歩こう 緑の山を!

神戸市民山の会の
お知らせ
 ­€ ‚ ƒ …
▽十二月一日から北アルプス
†Ž‘’
に入山するには登山届けを
ãäåæçèé×êë
提出
しなければならないこ
第799回例会
▽コース 湊川公園~烏原
ìíîÈïðäåæç
とに
なった。
冬の烏原UVW
貯水池から
貯水jqrsj1tj‚u
池~神鉄鵯越駅~縦
ÈïðñîÂäåæç
メールやファクスでも出
コース
走路ÛòñjbCv~e
~高取山
òóôõíîÜÝö÷
せる
。ただし、嘘の届け出
高取山èòóŽXYZ<‹Œ
▽ 担 当wxy
高取山の
帖地忠
や未提
出にたいしては、条
/
Üݳøöùî
約8㎞Sa
一般向け æ ▽開催日 1月 日(日)
久、川崎一夫、北島文男、
例
の
施
行
か
ら
二年以内に
五
Ë
bCcde
/͆½Á
úûüýú‹þ÷
î¸
▽集合 神NOQ
鉄 湊川公園駅
大 場ÁÁÁÁ
幸 三、津 村 紀 久 子、
万円
以下の過
料が科せられ
æÿ÷
~âî
9時
垣内敏男の各氏
るようになる。
(北アルプス
~研
}|喋Œ÷
}
<‹Œ
午前fghiÑj
地区
山岳遭難防止条例―岐
4klmjnojph
|³î{[ˆ÷
会。新山協ニュース№ ・新
阜県)
\³âî]^
十二月の行事報告
潟県山岳 協会。葛城№ ・泉
長野県や富山県か
÷まり
_`î×â
•–—˜™š›
つ
州山岳会。神
戸体育№ ・(公 ▽3日œžŸ¡¢£¤¥ 常任理事会
ら山
に入る場合も
岐阜県を
å–@Œ÷
×?³
­€‚ƒ
財)神戸市スポーツ教育協会。 ▽6~7日 近畿地区
通る予定があれば、届け出
ÔÕ
Ö×£¤
âîòó>=<¸
„…†‡ˆ‰Š‹ŒŽ‘’
所 報 № “”
・長 野 県 山 岳 セ ン £¤¥ が必
要となる。
ò󝌹‹º¡â ò󝆌¹‹º
ÿäæçî
合同会議 滋賀
ター。
▽ 日 加盟団
体会長会
åä:+ä ­(€‚ƒæ
µ¶¦¿À
•–—˜‹™š
富山、群馬両県でも同様
”•–—˜™š›
登山研修所
の条
例があるが、冬山や険
¦§¨
/æ0ÁNR¼Q23
„…ò󝌹‹º¡â ›œžŸ¡¢£¤¥ ▽ ~¸日
校
選
抜
場に限っており、一
Ñ9‰ö 23†+‡ˆ
』 ¦§¨©ª
Ø全
Ù国
高
しい岩
;:/:„Üݔ
『岳連の森
般登山者向けに幅広く規制
ÚÛ³ †.}-,+ȓ“.*
Üݳ (î
«¬®™š›œžŸ¬¯°
スポーツクライ
整備と利用のお願い
ン
グ
選
手
権
大
さ
れ
るのは全国初というこ
ミ
Üݳ†Þß
Ì)(î':&%)$#
±²³´ +:(
会 加須市
とに
なる。
àáâÁ¨
"Ì)!î
岳連の森整備は自然保護委
員会を中心に整備を進めてい ▽されば兵庫県ではどうなる

€‚ƒ„
第 回
〈ご寄贈ありがとう ま
す
が
、
使
用
に
際
し
て
は
、
自
のか。都市近郊の山々、例
ò󸣤¥ä
[#Á023Á
一月の行
事予定
ございました〉
市民新年連合登山
然 保 護 委 員 長 ま で 届 け 出 て、
えば六甲山や帝釈丹上山系
åæåä01 2 H'IÁæJÁK
開催日 1月3日
岳人一月号・(株)ネイチュア 許可を得てからの利用となり ▽3日 市民新年連合登山
さらに北へ目を投ずれば但
3/æ45 ‰ LMNOPQ23N
òó}â‰a
:Ž‘’“Rë”
集 合 須磨・綱敷天満宮
エンタープライズ。山と渓谷 ます。
▽4~6日 高体連積雪期登
馬地方の山塊など毎年山岳
:6:789)!î RPQ‰S9)!î
ŠQ /æ¼
Š<‹Œ ƒ§òñj•
µ¶·¸
遭難が絶えることはない。
JR須磨駅から東へ徒歩 一月号・山と渓谷社。雪十二 整備は原則毎月第2水曜日 山大会 氷ノ山
ŠË
òóƒ§òñ
iÑj4òj‹
消防局・兵庫労山 に実施しています。
▽5日まで 休館
日
œžŸ
ƒ¡¢ƒ‘£¤¥
分 午前9時 NOPQ 号・神戸市Óejòó¨«j¸
そうした山域まで登山道の
¨«Œ¹‹
串奉奠、賀詞 № ・兵庫県勤労者山岳連盟。 里山整備活動に興味のある ▽7日 常任理事会
管理責任を持ち入山規制に
修祓式、玉ƒ§òñ‹¤Œ×
£¤¥O Q º™š›œžŸ»¼
¦§
¨©ª «
¨
‘な£
交換の後出発
レッドベレーズ№ 。木雞十 方、見学希望の方は、兵庫県 ▽ ~ 日 はり
ま支部
まで
心を致すと
ると少々
½¾ コース 綱敷天満宮~須磨寺 二月号・好山好会。登山月報 山岳連盟自然保護委員会まで 冬山入門講座 大山
厄介なことになってくるが
89A†BCD
µ¶¦¿ÀÁ
(T)ÁJNÁ
~高倉台~おらが茶 № ・日本山岳協会。山岳ぐ 申し出下さい。
▽ 日 Jrクライミング教
これも時代の流れがそうさ
EF ÂÃÄŸ
RµQ‰S9)!î
 ­
屋~妙見堂
ん ま № ・群 馬 県 山 岳 連 盟。
自然保護委員長
室 登山研修所
せるのだろうか。
†ÆÇÈÉÊ
‰î
分頃解散
やまなみ№ ・長野県山岳協
吉野朱美 ▽ 日 運営委員会
(松田安修)
†Ë̍ÍÎÏÐÑÒ‹Ó 陽春の山小屋
364
24
18
13
23
17
26
G
G
28
215
68
18
117 376 315
“
時
103
419
547
86
10
: :
11 :
30
(4)
平成27年1月1日(木曜日)
兵 庫 山 岳
第 571 号 (第三種郵便物認可)