システム数学 2015 年入試必修問題集 練磨 数学Ⅰ・Ⅱ・A・B

■システム数学 2015 年入試必修問題集
練磨
数学Ⅰ・Ⅱ・A・B
本書には,次のところに誤りがございます。深くお詫び申し上げますと共に,下記のようにご訂正
の上,ご使用いただきますようお願いいたします。
(株)新興出版社啓林館編集部
〈問題編〉
ページ
箇所
原 文
訂正文
p.107
110(1)の解答
p.116
166 の解答
p.137
304(2)の解説
8
25
0 ≦ <
最後の行
p.140
p.14
19(3) 下 か ら

4
0≦≦

4
相似比は 3:1
相似比は 3:1,体積比は 27:1
4
39
8
320(3)の解答
〈別冊特集・データの分析〉
ページ
箇所
18
25
原
文
・・・変量 x と変量 y の・・・
訂正文
・・・変量 x と変量 z の・・・
3 行目
〈解答編〉
ページ
p.69
箇所
173(1),(2),(3)
解説 1 行目
原
文
(1)α≦θ+α<α+2πより,
……
……
(2)α≦θ+α<α+πより,
……
(3)α≦θ+α<α+ より,
2
……
188 の解説
(2)α≦θ+α≦α+πより,
……

p.75
訂正文
(1)α≦θ+α≦α+2πより,

(3)α≦θ+α≦α+ より,
2
……
だから,
a,b,c,d は 0 でないので,k≠0 だから,
(3)〔Ⅱ〕
(3)〔Ⅱ〕
3 行目
p.108
278(3)( Ⅱ ) の
解説
……
……
このとき,ak+1 と ak+2 が 2 以上の公約数
d(d は 2 以上の整数)をもつとすると,
このとき,ak+1 と ak+2 が 2 以上の公約数
d をもつとすると,
ak+2=dak+1
と表わせて,③に代入すると
とおける.
dak+1=pak+1+ak
ak+2=de,ak+1=df (e,f は自然数)
このとき,
(d‐p)ak+1=ak
となり,ak と ak+1 の最大公約数は 1 であ
るから,この等式を満たす整数 d‐p は存
在しない.
よって,……
ak+2=pak+1+ak
より,
de=pdf+ak
よって,
ak=d(e‐pf)
したがって,ak と ak+1 は 2 以上の公約数
d をもつことになり,仮定に反する.
よって,……
2014.10.23