E5072Aベクトル・ネットワーク・アナライザ による高速PIM測定ソリューション

E5072Aベクトル・ネットワーク・アナライザ
による高速PIM測定ソリューション
煩雑なPIM測定を最適化するPIM測定ソフトウェアと
高感度・高速測定システム PS-X10-100
• 最大25W 2波 端末試験から 基地局試験まで
• 700MHz帯から4000MHz帯 カスタム周波数対応
•
•
•
次世代LTEバンドにも柔軟に対応
PIM と Sパラメータ の同時測定可能
「パワーメータ校正 + パワーレベリング機能」
により、高速 かつ 正確な絶対電力レベル
自動測定ソフトウェアで効率アップ
■はじめに
本システムは、携帯電話基地局及び端末のパッシブ部品の
相互変調歪み(Passive IMD) 測定装置です。
PIMとは、携帯電話基地局などで用いられるアンテナ、デュ
プレクサ、フィルタ、ケーブル、コネクタ接合部の接点部分や
金属材料の電気的特性の非直線性が原因で複数のスペクト
ラム信号を送受信する際に歪が生じる現象です。この歪み
によって、通信障害や通信品質の低下を招く恐れがあります。
■主な特長
 E5072Aベクトル・ネットワーク・アナライザ・ベース
 日本独自の周波数バンドや世界各国の規格の他
カスタム周波数バンドに対応可能
 ENAの内蔵信号源+内蔵4レシーバを用いた
高速な周波数掃引PIM測定
 パワーメータ校正+パワーレベリング機能を用いた
正確な電力印加と絶対電力レベル測定
 SパラメータとPIMの同時測定
■構成 ENAベース標準システム
(テストセットは1ポートモデル 基地局用テスト構成例)
■システム概要 (基地局用システム例)
本システムは、以下により構成されています。
•ベクトル・ネットワーク・アナライザ E5072A
•EXG・MXGシリーズ信号源
•2ch100W級ハイパワー増幅器ユニット
•PIMテストセット+LOW PIM LOAD
•USBパワーセンサ(各ポートの絶対電力校正に使用)
•同軸校正キット(反射・伝送校正に使用)
•専用システムソフトウェア
PIMテストセットは、携帯電話等で使用される周波数バ
ンドだけでなく次世代バンドに対応したモデルを用意す
ることが可能です。内部構成はカスタム対応でき、
1ポートモデル、2ポートモデルが用意されています。
測定ソフトウェアは、システムの絶対電力レベルの
校正と、測定時の自動補正を行ないます。
測定項目は構成により異なります。
基地局用デバイスの測定には、リバースIM3,5,7…
または、リバース&フォワードIM3,5,7,…、反射や伝送
(アイソレーション)特性が主要な測定パラメータと
なっています。
携帯用デバイスの測定システムではIM3,5,7,…、IM2や
2次高調波、トリプルビート測定に対応します。
周波数掃引や時間変動など手動で行うと多くの手間と
時間がかかる測定を自動化する事ができます。
マルチバンド構成やSパラ・IMDの自動切り替え機能を
追加することも可能です。この場合、スイッチマトリク
ス・ユニットを追加して、ソフトウェアから操作することが
できます。
■主な機能、代表値
■測定システム・ブロック図 (1ポート標準モデル)
• PIMテスト信号ハンドリングパワー
+22dBm~+44dBm (25W) 2 波
• 送信帯域(キャリア周波数)
700-900MHz 1500-4000MHz
その他バンドにも対応
• パッシブIM受信帯域
受信周波数を規定より広くしたり、キャリアの
両サイドに設定したりする変更にも柔軟に対応
• IM歪
3 次、5 次、・・・(受信帯域による)
• IMD測定システム感度
E5072A -135dBm以下 (10HzIFBW時)
• 残留IM ([email protected]*2入力時)
-125dBm (-168dBc)以下
*ただし、使用するシステム構成・終端器に依存します
標準テストセットは、1ポートモデルになります。リバースIM3
が主な測定項目になります。2ポートモデルでは、リバースIM
の他、フォワードIM測定が可能です。
また、マルチポート・アンテナ測定では、IM測定と反射、アイ
ソレーション測定を一度に行なうことがあり、スイッチ・マトリ
クスユニットを追加して、マルチポート・IM/Sパラメータ同時
測定を行うシステムを構築することができます。
MXG
PA Module
Passive component module
PA1 RF1
• 基本測定パラメータ
リバース IM3、フォワードIM3の周波数掃引、時間掃引
(テストセットの構成により異なります) Sパラメータ、
その他携帯電話部品測定システムでは、IM3、IM2、
トリプルビート、2次高調波測定、Sパラメータが可能に
なります。
Port 1
PA2 RF2
Coupler
10
MHz
Ref
Tx
Hybrid coupler
IN
RF
OUT
Rx
Duplexer
Calibration
plane
IN
E5072A
V
Detector
Port
Load
Receiver R1
V
Attenuator
(Optional)
Receiver
Port
Receiver B
• 反射測定・伝送測定、アイソレーション測定
周波数範囲: 30kHz-8.5GHz
(使用する機器構成、スイッチ特性により異なります)
USB power sensor
1ポート標準モデル
■測定システム・外観図 (2ポート拡張モデル)
■測定システム・ブロック図 (1ポート拡張モデル)
RF1 RF1
IN
10 MHz
Ref
Receiver A
Port 1
V
SW1
RF2 RF2
Passive component module
PIM SW
Tx
Coupler
PA Module
Hybrid coupler
MXG
Rx
RF
OUT
Duplexer
DUT
SW3
(Low-PIM switch)
IN
E5072A
V
Receiver R1 SW2
V
Detector
Port
Load
Attenuator
(Optional) Receiver
Port
Receiver B
S-parameter
USB power sensor
1ポート拡張モデル
DUT
■キャリア周波数範囲、IM受信範囲をカスタマイズ
本システムは、各国で規定されている周波数バンドに
対応します。
ある規定バンドの受信範囲ではIM3が受信できない場
合がありますが、このような場合でもIM受信周波数範
囲を通常より広くしたり、また送信帯域の両サイドをIM
受信範囲に設定したり、希望の周波数にカスタマイズ
することができます。
これにより、研究開発段階で、カスタム周波数バンド
でのIM試験を実現することができます。
■低い残留IMD (IM3) テストセット
残留IMDレベルは、測定システム自身が持つIMDで、
IMDの測定限界を示します。
このシステムでは、-170dBc以下を示しています(*)。
この値は、システムの構成や周波数帯、終端器によって、
異なります。
PIM測定ソフトウェアは、ベクトル・ネットワーク・アナライザ
E5072A上で動作し、外部PCを必要としません。
*残留IMDレベルは、使用するテストセット、部品、終端器に依存しま
すので、全てのバンドで上記の値を保証するものではありません。
■PIM測定の3つの測定モード
PIM測定ソフトウェアでは、次のように3つの測定
モードを持っています。
1.
2.
3.
固定周波数におけるIMDの時間変動測定モード
キャリアを周波数掃引させたときのIMDの掃引
測定モード
各次数のIMDのレベルを周波数スペクトラムで
表示するモード
レシーバがベクトル・ネットワーク・アナライザのため、
掃引測定は大変高速で、レベル補正を行いながらの
掃引測定を高速に実行します。
〇 E5072Aを用いた詳細なPIM測定に関しては、アプリケー
ションノート 「Innovative Passive Intermodulation (PIM) and
S-parameter Measurement Solution with the ENA」
をご参照ください。
〇 お客様のご要求に応じて最適なご提案を致します。
PIM測定に関するお問い合わせは弊社営業担当または
右記フリーダイアルまでお気軽にお問い合わせください。
アジレント・テクノロジー株式会社
本社〒192-8510 東京都八王子市高倉町9-1
計測お客様窓口
受付時間9:00-18:00(土・日・祭日を除く)
TEL ■■ 0120-421-345
(042-656-7832)
FAX■■ 0120-421-678
(042-656-7840)
Email
[email protected]
電子計測ホームページ
www.agilent.co.jp
記載事項は変更になる場合があります。
ご発注の際にご確認ください。
©Agilent Technologies. Inc. 2014
Published in Japan, May 21,2014
5991-1495JAJP
0000-08A